ともみ@ピクニック

モラル・テロ

夜のラジオで、モラル・テロの話をしていた。

たとえば芸能人の道徳的とはいえない行動を
いつの間にか一般人が断罪する時代になってしまった、と。

そうだなぁ、ネット上でも、「自分の正義」を疑わず
他人の土俵にずかずかと上がりこみ、モラルテロをしている
人があとをたたないもんなぁ。

(こういう人の絶対数は少ないのかもしれないが
あまりにも暴力的に大声を出すので、目立つのだ)


番組中の街頭インタビューでは

「昔、芸能人があんなことをやっても、こんなことをやっても
驚きはしても、それをわたしたちが怒ることはなかった。
むしろ自分たちの出来ないはちゃめちゃをやってくれることで
芸能人のなかに自由を見ることができた」

「かつての芸能人は遠い存在だったけど、今はけっこう
身近な存在に感じられるので、芸能人を特別な存在じゃなく
自分たちと同じワクのなかでとらえるようになってしまった。
だから、ちょっとでも道徳からはずれたことを見つけると
芸能人でも許せないんじゃないかな」

という趣旨のものがあった。


社会学者のパオロ・マッツァリーノ氏は

「自分が感動・共感することには
異常なくらい持ち上げるけど

自分の基準から外れることはすべて“悪”であり
いくら叩いてもいいし、仲間はずれにしてもいい」

という今の風潮をとらえ、「共感モンスター」と呼んでいた。

そして、共感モンスターの特徴を

「身体の免疫がありあまって、本来、異物でないものまでを
異物ととらえてしまう花粉症のようなものである。

日本人の道徳心が異常なくらい強くなってしまった結果
自分が共感・感動できない異物に対して、過剰に反応してしまう」

と説明していた。

なるへそな。


ところで、番組のなかで、小田嶋隆さんは
「今の日本人は自分の言いたいことを我慢してしまった結果
昔の隣組のようになっている」とコメントしていた。

ついでに小田嶋さんは、「ベッキーちゃんのことも
我々は石を投げる権利なんてないのに
『奥さんのことを考えろ』と道徳の石を投げる」
とも言っていたな。


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する