ともみ@ピクニック

さいごの年賀状

12月16日(水)

親の年賀状を作って、十数年。

「去年の年賀状にね、“もう歳だから、これで年始の挨拶はさいごにします”って
書いている人がいてね・・・、わたしも、そういうふうにしようかなっと思って・・・」と

過日、母に告げられたときは驚いた。

彼女の性格からして、細々としたかたちでも
年賀状のやりとりは嬉しいのかと思っていたし

「右にならえ」というか、多数派に巻かれて安心というところが
母には存分にあって

まさか自分から年賀状の卒業を言い出すとは想像もしなかった。


かつては、親の交友関係の住所録もPCで作り
<父の友人知人><母の友人知人><親戚>と
全部で200枚以上は表裏の印刷をしていたのが

父の亡きあとは、枚数も減ったし
毎年PCで住所録の管理をしていくのが
(わたしにとって)面倒だし、それに
まあ、母のボケ防止の名目で

何年か前から、宛名は母に手書きしてもらい
わたしは裏面のみを印刷している。

そして今年、さいごの年賀状、60枚の
印刷をリクエストされたわけだ。

(重ねていうが、こんな日が来るとはなぁー。
母にとっては「終活」という意味をこめているのではなく
単に宛名を手書きするのが面倒になっただけと思うのだけど
これも一種の「終活」には違いなく、わたしは多少、重く受け止めている)

というわけで、今日は、親の年賀状の下書き作るぞ~。


つづく・・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する