ともみ@ピクニック

オンリーなクリスマスも

21世紀になっても、いまだ世間で
「ひとりぼっちのクリスマス」を意識するというか
否定的にとらえる傾向が残っていることに
不思議な気がしないわけではない。

例えば「イブの夜を恋人と過ごす」なんてのは
バブル時代の虚構じゃない、現代的な価値として
今も大切にしている人たちがいるんだねぇ。

(わたしも若い頃はそういう囚われ感がゼロではなかったが
あれは「若かった」からなのか、あるいはバブルの名残だったのか
いまだに理由がわからない)

けっこう、けっこう。

何事も楽しい!時間はかけがえないからね。

存分に楽しんでいただきたい。

ただ、「ひとりぼっちのクリスマス」を寂しがる
必要はぜんぜんないんじゃないかなー。

糸井さんも、かねてより
「オンリーは孤独じゃない!」
(Only is not Lonely)と仰っているもんね。

ひとりだって楽しいクリスマスは過ごせるのに
社会的なスリコミに踊らされ寂しがるのはもったいない。

ちなみに
ひとりの部屋でクリスマスソングを満たしたり・・・
イブの真夜中に沢木耕太郎さんの語りを聴く・・・のが
わたしの偽りない幸せ時間の断片である。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する