ともみ@ピクニック

日々の嫉み

星野源さんが『SONGS』の中で云っていた。

悪い思い出なんだけど
人前で変換して表現したときに
悪い思い出をワーッてぶつけて
「お前らも同じ気持ちになれ」ってことじゃなくて
「悪いものを 楽しい・うれしい・素敵に変換できるんだ 人間は」
っていう・・・・。


これは、わたしのささやかな日常にも応用できるなー
たとえばブログを書く際にも、と思ったのだった。

しんどいことをしんどいと書く日があっても
もちろんいいのだけれど

ブラックなもやもやを、結果ここちいい発酵となるような
表現にもできる人間になりたい。

むりをせず、さりげなく。


星野さんが30歳のとき発表した
『くだらないの中に』(詩・曲 星野源)という歌のなかに
次のような歌詞がある(部分抜粋)。

くだらないの中に愛が 人は笑うように生きる
・・・ ・・・・
日々の恨み 日々の妬み 君が笑えば解決することばかり
・・・ ・・・
希望がないと不便だよな マンガみたいに
・・・ ・・・
日々の嫉(そね)み とどのつまり 僕が笑えば解決することばかりさ


誰に押し付けるでなく、自分の心のなかにこういう灯を
わたしも持っていこう。

力まずに、そーっと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する