ともみ@ピクニック

側溝男のカミングアウト

過日、側溝に寝転んで女性のスカートの中を見るのが
たまらなく興奮するという男性の存在が明らかになり
おまけに「生まれ変わったら道になりたい」なんて
発言も加わって、そこそこ世の中に衝撃を与えたようだが・・・。

今日のラジオで、某氏(男性)が
「僕はスカートめくりには何の興味もなかったし
この男性の気持ちはちっとも分からないけれど
“生まれ変わったらパンティーになりたい”なら
ちょっと理解できるな」と、さらっと仰っていた。

女性のなかには「気持ち悪い」「恐怖」を感じる人もいるようだけど
ひとまず第三者である我は、なんか、この側溝男を憎めないんだよね。

むしろ、「痛々しさ+笑い」を割ったような、謎の感覚。

ラジオでは、この側溝男性が
「自分の長所は、どこでも眠れることで
短所は、側溝に入りたくなることです」と、(取調べでかな?)
語ったとも伝えており、ますます、わたしは憎めなくなった。

誰しも、他者には不可解な「性(サガ)」を抱えており
この男性の場合は「女性のスカートの中を見ることに
はてしないエクスタシーを感じてしまう」質があったのだなぁ。
しかも「生まれ変わったら道になりたい」と思うほどの・・・。

人生って、せつない。

彼のこの病というか特徴は、彼の責任であり
ある意味で彼の責任ではないのだよなぁ。

だから、わたしは
「スカートの中に興味あるの? 馬鹿っじゃない!」とは
思えないんだ。

誰にもいえない独特の感性に苦しめるられることなく
世間の枠に上手くおさまって生きている人よりも

常識を超えずにはいられない
「道になりたい」ほどの切実な個性をもった男のほうが
わたしには身近に感じられるんだ。


***おまけ***

別のラジオ番組では
「口の臭い人が道に生まれ変わったら
それは絶対、こうしゅう街道(甲州街道・口臭街道)!」と
ギャグを言っていた。

人々の関心を集めずにはいられないようだな
側溝男のカミングアウトは。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する