ともみ@ピクニック

被る「欲と好奇心」

(ひとつ下の続き)その流れを汲んでいるのか
このごろ、できるだけ、低いエネルギーをもった好奇心の対象に
ならないようにというか、下世話な欲を満たすための一見さんに
興味をもたれないよう、ブログのタイトルをつけている。

先日も、「パクパク万引き」とか、「孤独な中年女性の映画」とか
タイトルの浮かぶ日記を書いたけれど、そういった表題をかかげると
思いがけない一見さんが寄ってきそうなので、それを避けるべく
人目のつきにくいタイトルにしたのであった。

これは自意識過剰かもしれないし、そもそも完全に人目を避けたい
のなら「ブログ村」になど参加しなければいいのだけれど・・・。

(「ブログ村」をご存知でない方もいると思うので説明すると
このサービスに登録すると、ブログ記事をアップするごとに
規定のサイトに記事のタイトルが表示されて、そこから
当該ブログにアクセスできる仕組みがあるのです。

何年もひとりぼっちでブログを書いてきた我であるが
去年このサービスに登録し、なかなか離脱できずにいる。

このサービスを利用するには「カテゴリー」登録せねばならず
現状のわたしは「40代生き方」「おひとりさま」「セミリタイア生活」に参加
しているのであるが、このカテゴリーに気持ちをもっていかれないように
注意しなければなー。 ←この点については別途書く)

話を戻そう。

「お前さん、何目線なんだよ」と、自分につっこみを入れたくなるけど
できるだけ、波動の低い好奇心からは、このブログを読んでもらいたくない
のであるよ。

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい × 百万乗

わたし自身の波動が高いといっているのではなく
そのくせ、選民意識ってどういうこっちゃ!なのだけど

おまけに
欲に下世話も上品もあるのか!なのだけど

このごろのわたしは
そういう気持ちになっているのです。

(以上、わたしの未熟な証拠であるよ。
自分が未熟だから「相手を選ぶ」発想になる。
もしも大きな器の人間ならば
こんなことに心がもっていかれないはず)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する