ともみ@ピクニック

死では終わらない方向の終活

ひとつ下、言葉が足りなかったなーと反省。

要は、昨今流行っている“終活”は
「死んだら、それですべておしま~い」
という思想のもと、なされているんだな。

(仮に「樹木葬にしてくれ」と望んでいるとしても
実際に死後の住まいを木の根っこの横と想像する人は
少ないであろう)

「(死んだら)おしまい」ならば、さいごのさいごは、自分の価値観で
幕を閉じたい・・終活・・という方向に行くのだろう。
胸に秘める「現世の価値観」の総仕上げなのだな。

片や、かの、釈徹宗さんの著した
『死では終わらない物語について書こうと思う』の語る世界
および、わたしの望む終活は

「死んでも、終わりではない。続きのある世界」を
描こうよ! という話なのだ。

・・・・・おっ、とっ、と。

こういう話をすると、反射的に身を固くして
モウレツ反対モードにスイッチが入っちゃう人がいるのだよな。
(意に沿わないなら、笑って聞き流せばいいのに、そこに
なんらかのわだかまりを覚えるということは、それなりの意味がある
と思うのだけど、本人は聞く耳を持たないで、否定~否定~モードを
推進しちゃうのよね)・・・・・

これは何が正しくて、何が正しくないかを見極めようということではなく

少なくとも、わたし自身は

太陽が東から昇り西に沈むと同じような認識として
「死は終わりではない。いのちは永遠。あの世とこの世は連鎖している」
と、とらえているので

せっかく今日も生きているのだもの、巷で行われているような終活だけでは
もったいないよ~!! と言いたかったのだ。

(ま、わたしの認識や、世に言われる「浄土」とか「輪廻」とかも
これまた「この世の価値観」と言えるのだけどね。
ややこしいし、話が終わらなくなるから、ここでは触れない)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する