ともみ@ピクニック

小心者

先日の朝のこと。

新居の地域で資源回収があるというので
「よし!」とばかり、ダンボールをもっていき

(引越しの梱包に使ったダンボールはまだ
手付かずのものが多いが、入居後に買った
あれやこれやの空き箱がけっこうあり
それを集めて紐でしばった)

しかし、どなたもまだ出しておられぬようで
「どこに置いたらいいの?」と困っていたところに
高齢のご婦人が登場。

ご婦人は手にした古新聞を、しかる場所に置く。

「ダンボールもここでいいんですか?」と
新参者のわたしがたずねたら、むふぅ
ご婦人から「新しく越してこられた方?」とか
「どこの部屋?」とか簡単な身辺調査を受ける。

(ちなみに、ご婦人とは、最初にお互いの存在を
認知した段階で「おはようございます」の通常の挨拶は
すませてあった)。

んで、わたしがそれに答える合間
何度か「ダンボールもここでいいのでしょうか」と
教えを請うたら

「今日はダンボールもあるのかしら・・・」の
お返事。

わたしの頭には「資源回収=ダンボールも含む」という
公式があり、「あっ、はい、お知らせの紙に書いてました」
と自信をもって答え

その場で、ご婦人と別れたのだが・・・。

ダンボールを置いたあと、しかし、ちょっと心配になった
わたしは帰りに「お知らせ」の貼ってある掲示板を見たら
<今回はダンボールを回収しません。くれぐれも間違って出さないよう>
の文字を見つける。

慌ててダンボールを取りに戻るハメになったのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えっと、長くなったけれど
ここまでが前置きです。

そのあとね、二度寝の床に戻ったわたしは
心配になった。

あのご婦人から「マナーの悪い人ね」なんて
思われやしないだろうか。

わたしはいったん出したダンボールをまた
取りに行ったけれど

ご近所にダンボールを溜めている人がいるようなので
その人も間違って、ダンボールを出し、そのままにしていたら
そのダンボールは「新参のわたしの出したもの」と地域の人から
思われやしないだろうか・・・。、

あー、

「人からどう見られるか」を気にする
昔からの癖の発動だ。

そして、そのまま眠りに落ちたわたしは夢を見た。

どういうわけか、わたしは今朝会ったご婦人に
「ほら、ちゃんとダンボールは持ち帰りましたよ」と
わざわざ報告に行っている、という夢。

小心者の自分が、夢のなかでも炸裂してるぜ!

悪いことをしていないなら、気に病むことはなく
堂々としていればいいのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おそらくね、わたし程度の小心者加減は
特別珍しくはないのだろうとは思う。

しかしわたしは
「他の人もそうだから」という
安全パイのなかでは生きたくないのだな。

一般的には仮にそれが普通とされても
わたしにとってNOならば、それはNOなのだ。

自分がどうふるまうか、より
周りの目を気にして生きることに
わたしはNOなのだ。

まあねぇ
本当にわたしがNOを実践して生きていれば
「マナーの悪い人と思われやしないか」とおそれ
小心者の夢まで見なくて済んだだろう。

まだまだ、だなー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「小心者の自分」をさらけ出すのって
案外、世の中ではコニューニケーションの
手段にもなるんだよね。

たぶん、見せるほうは「ムリをしない
等身大の自分」を出せるリラックスがあるし

見せられるほうは「相手の意外な弱点を知り
安心というか、人間的にほっとする」ものが
あるのだと思う。

(「人からどう見られるか」をクヨクヨと心配する
小心話は第三者からすると、面白かったりする)

だから、もし、この話をだれかにしたならば
たちまち笑い話として昇華されるか
「私も」「私も」と小心を分かち合うことができる
可能性は高い。

しかし、今のわたしは

小心さを、互いに見せ
慰め合ったり、励ましあったりして
ごまかす
(つまりは小心を手なずける?)
のではなく

単に「この小心加減」から脱出したいの。

言葉足らずの説明になると思うが

これは「自分が自分をどれだけ信頼しているか」に
通じる話なのだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

人は見た目じゃわからない

わたしチキンだから」とよく言う知り合いの女性がいました。

私から見たら心臓に毛が生えているんじゃと思うほど
他人のことなんか気にしないタイプです(笑)

なんでもズケズケ言うし、いろんな面で派手で強くて
面白い人でした。

pin | URL | 2015年09月24日(Thu)17:53 [EDIT]