ともみ@ピクニック

ただの経験(おまけの話)

この思想になじんだことのない人は

「すべてはただの経験。
いいも、悪いもないのだよ」
なんて言われても

なんのこっちゃ!!??
(アホちゃうか!?)
と思うかもね。

「ケガや病気や離婚や貧乏やイジメや
災害や失業や浮気や落し物や etc

ありとあらゆる出来事は、ただの経験に過ぎない」

なんて言われたら
その渦中で苦しんでいる人は
ムキーっと怒り出しちゃうだろう。

だけど、我々が、嬉しい、楽しい、幸せと感じる
出来事も、その対極のような感情を起こす出来事も
実は、同じ「単なる経験」に過ぎないらしいのだ。

(日常生活で、嬉しいことのあった人には
「よかったね」などと声をかけるが、これはまあ
人生の潤滑油というか、方便の意味も大きい)

(究極の質問、「殺人もただの経験なのか?」と
問われたら、「そうである」と答えるしかないだろう。
まあ、そこから続く問題はあるのだが)

(仮に、「いいも悪いもない、ただの経験なら
人生なにやってもいいじゃん」と
考える人が突然変異的に出てきたとしても
そういう生き方を選択するのもその人の経験であるのだろう
としか、今のわたしには言えない)

単なる経験をして、大切なのは
そのとき自分の心がどういう状態であるか
その経験とどう向き合うか、らしいのだなー。

            *

わたしは常に100%、この思想を実践して
生きている段階にはまだ至っておらず
忘れているときも多いのではあるが
(だから、色んなことに自我が発動してしまい
目の前の出来事に右往左往しているのだ)

この思想と離れることはないであろう

わたしの生きるしるべのひとつである。

教えて下さったのは、ウィリアム・レーネンさん。

彼は
「自分を人に理解してもらう必要なんてないんだよ」
など

他にも大事なことをいっぱい教えて下さった。

大人になっても師には出会える。

というか、わたしの場合は
大人になってから、ようやく師と自覚できる方々と
出会えているのだなぁ。

幸せだ。

(例の考え方でいうと、これも「ただの経験」だけどね)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する