ともみ@ピクニック

手が3本欲しいDIY

9月1日(火)続きの続き

ほんとうは、掃除を全部徹底的にやり
必要箇所の修理をやり、さいごに
インテリア&収納などにとりかかる
と大変効率がよろしいのだろうが

わたしは性格上、そういう
ちゃんと手順を踏むのが苦手。

あっちで遊び、こっちで遊び
ふらふらしたいのである。

シーリングファンを完成させて
シャワーカーテンの準備をして
(輪っかを作っただけ。とりつけるのは
カーテンレール付近を拭き掃除したあと)
本日、お次にやるのは

リビングの窓&窓枠まわりの掃除
そして
ブラインドのとりつけである。

リビングの窓の外は、サンルーム
(という名の、実質「ベランダ」であることは、前に書いた)
なので

窓そのものは、たいして汚れていなかったけれど

窓枠やその周辺は、笑っちゃうしかない汚れ
であったのは、想定内だな。

おまけに、「隙間風を防ぐ」もこもこテープが
原型を残さないくらいに風化しており
ちょっと触ろうとしたならば、ボロボロボロっと
崩れ落ちる・・・!!! 状態で。

ここは「ほどほどに目をつむり」掃除、終了。

さて、やっと、ブラインドのとりつけ開始。

箱を開け、説明書を見た時点で
逃げ出したくなったけれど
(こーゆー、説明書的なの苦手!)

やるときは、やるよ! 

というわけで

天井吊りタイプ、正面付けタイプ、カーテンレール付けタイプ
のうちから、天井吊りタイプに決定。

ちょうど、窓枠に沿って木枠があるのと
こうすると少しでも部屋が広く見えるかなと思って。

んで、説明書を眺めたつもりで

ブラインドをぶら下げるための金具を
見切り発車でとりつける。

電動ドリル、大いに役にたったねー。

ネジだけではなかなか木枠にねじこめないので
ドリルの先に「キリ」をセットして
うぃぃぃ~んと削ったあと
(自分の背より高いので、木屑を顔面で受ける)
ネジを込める方法なのさ。

ひとまず、ブラインドを支えるための
左右の金具をとりつけたので
ブラインドを吊るそうとしたら
・・・・はまらない。

寸法を測る、という、超基本のことを
しなかったので、あるね。

ざっくりと、木枠にブラインドを当てて
この辺りでOK~と作業していたため

一方の金具がちょうどブラインドの
「ここを金具に接触させてはダメ」という所に
一致してしまったのだ。

その後も

同上のアクシデントが実に数回もあり
(接触させてはダメ箇所は他にもあった)
また、ブラインドの表側と裏革の違いとか
さらには、ブラインドを操作する紐を
ほどかないまま設置してしまったりとか

おまけに、リビングには
2枚のブラインドを用意してるのだけど
学習能力がないのだなー、2枚目にも
同様のアクシデントがあり

はあぁぁぁ~
金具だけの段階でのやり直し
ブラインドを設置したあとの一からのやり直し
・・・・・・数えきれないくらいだよ。

その度に、わたしは
うぃぃ~んと、木屑を顔面で受けたのであった。

それにしても
ブラインドを背丈より高いところに持ち上げて
採寸して印つけるのって、なかなか大変。

「手が3本欲しい」って思ったもん。

はぁ、おつかれさま。

後半は雷がピカピカ鳴り出して、こわかったなぁ。

夜になる前にはなんとか設置完了。
今日の作業はここまでにして、労いの
グリコのアイスを一気に6本食べました。


今日のDIY
n-1.jpg n-2.jpg n-3.jpg

説明するまでもないですが
左と中央=シーリングファン
右=ブラインド です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する