ともみ@ピクニック

どこかにいる(かもしれない)あなたへ

さらに続きです・・・

どうしてわたしがここまで
元気になれたのかといえば

技術的なことを挙げるなら

(って、エラそうなこと書くと
反動が来そうで恐い!という心配もあるのだけど。
まあ、それも大きく見れば修行のひとつということで・・・)

うつ的な感情を誘うような
ナニモノかがやって来たとき

のめりこまない!

干渉しない!

これ、大事だと思う。

こういう(暗いものにのめりこみやすい)クセのない
人には、「嫌なものがやってきたら避けるでしょ
普通はっ」が常識なのかもしれないが

こういうクセのある人は
けっこう、いや、かなり、自分にやってきた
暗いものに自ら(たぶん無意識で)近づいて
しまうんだよな。

まるで、かさぶたを
「今触っちゃダメって分かっているのに、触れたくなる」
ように。

自覚なく、暗い、辛いものに
思考や感情を自らもっていくという
人間の不思議。

この人間の不思議はそれ自体
たぶん愛おしいもの(←仏さま的に見れば)
なのだろうし

「体験をする」という意味で
そのときの、その人には必要なことなのかも
しれないが

「もう、この経験はいらない。
ありがとう、さよならだっ!」と心から思える段階になったら

日々の暮らしのなかで
精神をブラックにするものがやってきても

あまりそれにかまわず
(まったくかまわないというのも、ときに不自然であろう。
不自然は「いびつ」を生みかねないから、少しは意識
・・・おおっ、やって来たね。くらいの意識・・・は持ってもいい
と思う)

泳がせておけば、いいんじゃないかな~。


(もともと明るい性格で、うつとは無縁のような人が
何かのきっかけで抑うつ状態になった・・・なんてのと
わたしは全く違い、わたしはたぶん生まれてきた
気質として、心にアンダーなものをもちやすい特徴が
あったのだと思う。

なので、もともと明るい性格の人よりも
わたしのように「気質として、うつ的」なものを
抱えている人に、少しでもわたしの体験を
伝えられたら嬉しい)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する