ともみ@ピクニック

お家を買うという勉強

古さも愛情になる。

そう思い、年代もののマンションを買った。

古民家再生とか、リノベーションとか
息を吹き返すような建物の使い方は
すてきだなぁと感じる自分も元々いた。

で、だ。

今のわたしは
「壁と床、プラスαのリフォームでOK」と
考えていた自分の甘さに
面食らっておるのである。

プラスαの部分が、どんどん出てきて・・・。

(マンションを買う前に、不動産屋さんを通して
ざっくり出してもらった見積もりの、倍ほどの
予算のリフォームを、内装屋さんに発注したが
ここから、まだ増える傾向に・・・。

出費を抑えていこうの考えと
いやいや待てよ
ちょっとでも快適な環境をつくるのが
トータルにはお得なのではないか
の考えもあるのだなー)

この手に入れたマンションの
ボロ具合が果てしなく感じられ

「いっそ、まるごとリノベーションをして
もらったほうが良かった?」と

その費用の概算が
まっーたく想像もつかぬのに
思ったりもするのであった。

(そして、きっと桁の違う費用がかかるに違いない
と判断を下し、「そんなのムリムリ」と自分を慰める)

実はわたし、長年、「引っ越したいわ~。
狭くてもいいから、もっと築年数浅い所いいなぁ」と
ずっと胸のなかで一人喋りしていたのを

このマンションを選ぶとき
すっかり、忘れていたのである。

(間取りがいい、とか、景色がいいとか
賃貸払い続けるよりはきっといいとか
・・・・・そういうことに惚れて
「古さ」まで愛情になるわ!なんてマジで
思ったのである。
まあ、今も思っているのだけど)


うー。

マンション買ってよかったのか
とか

業者さんのリフォーム
&セルフリフォームの方針で
よかったのか
とか

チカチカと「後悔」の文字が浮かぶか?
といえば

まっ、初めてなんだから
こんなものだろう。

(一度目で何もかも上手くいくなんてない)

体験(勉強)をしてるんだよな!

そんな思いが自分のなかにあるのだった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私は5年前

築20年のマンション5階角部屋3LDK、700万円を50万値切って650万で買いました。
ひと目で気に入った物件だったので値切るのってちょっとドキドキでした。

その後ガスコンロと湯沸し器が壊れて新品に。
あと水道蛇口2箇所を交換しました。
フローリングはまだきれいですが畳を替えようかなと思ってます。

リフォームもどこまでやるか悩みます。

pin | URL | 2015年08月17日(Mon)18:41 [EDIT]


pinさま

あたらしい畳は
気持ちがいいですよねー。

自分のお家だと
ぼちぼち手入れができて
(それが悩みでもあり)
楽しみもありますね。

はえともみ | URL | 2015年08月17日(Mon)20:38 [EDIT]