ともみ@ピクニック

誰だって、いくつになっても、ほんとは可愛い

8月14日(金)

今日も、つくつくぼーしが
よく鳴いている。
(夏の終わりの蝉ですな)

おまけに、空には
秋の雲が広がって。

どしたの?どしたの?

夕べの雨で、ますます涼しくなって

夏が終ってしまうの?
って感じ。



午後、お墓参りのあと
親戚の家に行ったら

帰省中のイトコたちから
バーベキューするから一緒にどう?
と誘ってもらい、母と一緒に飛び入り参加。

愛くるしい笑顔が魅力だったY君は
今や「思春期のヒト」となり
表情崩さず、会話もほとんどせず

その分、妹のCちゃんは、これまで
ウルトラ級の人懐っこさを見せてはいなかったのに
このたびは
チャーミングにもほどがあるだろう!というほど
めろめろな可愛さを惜しみなく周囲に与え

(葉っぱの手紙とか、蟻の観察とか
色々楽しかったね~。

嬉しい! 楽しい! ということを
Cちゃんは表情と言葉でちゃんと表現してくれるし
お別れするのが悶絶するほど寂しいというのも
身体いっぱい表現してくれた。

ありがとうを、百万回言っても足りないほどの
幸せ時間でした)

子供の成長って面白いなーと
あらためて知ったのだった。

二人の親であるS子さんは

この子は“こういう子”なんだって、決めつけちゃ
いけないってことを学びました
(出会う人、環境によって、どんどん新しい一面が
出てくるのを、日々の子育てで目の当たりにしてきました)

という話をしていたけれど

これって、きっと、大人にもいえるのだろう。

そして、我が母はCちゃんを見て

「今が一番可愛いねぇー」と、誰に向かってでなく
つぶやいていたけれど

「そんなこと、ないよね。いつだってずっと可愛いよ。
(今までも、これからも)」

と、わたしは言っておいた。

「今が一番可愛い」という気持ちは、よく分かる。

だけど、これは単なる周りの都合なんだよな。

誰だって、いくつになっても、ほんとは可愛いんだ。

(大人になるにつれ、なぜか変化する可能性を出し惜しみ
おまけに可愛らしさを封印してしまうんだよなぁ・・・。
わたし自身もその当事者だけど)

ふ~ぅ。

お酒を飲みながらの大人の会話も
リラックスして楽しかったし
(つくばの教育事情とか、芝生の手入れとか
野菜や花のことあれこれとか・・・)

花火をするのも数年ぶりだったし

思いがけないイベントになった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する