ともみ@ピクニック

(仮説。たぶん真実)

先日から、「センスのいい損」だとか「贈与」という言葉を借りて
こちゃこちゃ書いていたけれど

これは人類ならば誰でもできることなのだ。

え~っと、ここから先

お花畑ちゃんの頭だね! とバカにする人はバカにするがいい。

あのね、なにかを与えるのなにか、とは

お金、モノ、知力、体力とは、限らんよな。

(いよいよ、お花畑本格化します)

笑顔とか、「ありがと」の一言でもいいのだ。

<贈与ゲーム>という枠でいうのなら、それらを与えられた人は
単純に嬉しかったり、助かったり、余裕ができたりし
そこで生まれたものを次の誰かに<贈与>できる可能性が生まれる
・・・・・・ぐるぐるぐる、贈与のエネルギーは宇宙をまわるのである。

ここで仮定している<贈与>とは、<憎しみ>系のものでなく
<祝福>系のものなので、それは宇宙をまわればまわるほど
見知らぬ誰かを幸せにし、知っている誰かを幸せにし、もちろん
自分自身をも幸せにするであろう。

けれど、<贈与ゲーム>というのは、実はそんな「時間」を待たずとも
<与えた>瞬間に自分が幸せになれるのではないか? という
わたし独自の仮説もある。

ムリをせずに自分以外の誰かに分け与えると
ほかならぬ自分自身が一番嬉しくなるのだもの。

もう一度書くけれど、与えるものは、お金、モノ、知力、体力とは
限らないのだ。

どんな人だって、自分以外の誰かに与える<贈与の素>は
もっているのだと思う。

生まれたての赤子から、死の淵にいる老人まで
見かけは違っても、間違いなく、誰でもそれはもっている。

(まったく話は飛んでしまうが、他人を殺したり、自殺をしたりする人は
「自分が<贈与の素>をもっており、この世で十分役に立つ存在である」ことを
すっからかんと忘れた状態になっているのかしら・・・)

ぶひ~ん。

ここから先が、まだ自分でも分からないのだけど

●ムリをした<贈与>は、幸せのエネルギーとなれるのか?
●受け取り手の喜ばない<贈与>は、迷惑以外のなにものでもないのか?

という問題がある。

渡し手がムリをせず、また受け取り手が喜ぶ<贈与>は上記のとおりの
循環がたいていの場合は起こるのだろうと推測できるが

(但し、運命というか、人生には物語(=学び)が必需なので、たとえば
「当たりの宝くじ券をもらったゆえに、人生が転落した」なんてことだって
起こりえるのだよね。だから大筋の公式として上記で説明したようなことは
あると同時に、「個々に見ていくと、色んな展開が待っている」ともいえる)

それ以外の場合はどうなるのか・・・・?

ムリをした<贈与>であったり、受け取り手の喜ばぬ<贈与>は
どんなエネルギーをもつことになるのであろうか。

んー、ひずみが生まれ、幸せエネルギーは生じないのかな?

もしも、ムリして作った笑顔を他者に向けたとする。

たぶん、わずかそれだけのことであっても
わたしはその瞬間、疲弊するだろうな。

だから、ムリをしない笑顔だったら、自分にプラスになったはずのものが
この場合は、わたしにマイナスをもたらすのかも。

いや、作り笑顔であったとしても、それはわたし自身に自覚のない
プラス要因をもたらすのだろうか?

そして、作り笑顔を向けられた相手はどうだろう。

敏感な人ならば、作り笑顔を無意識に感じ取り、あまりいい気持ちにならない?

それとも、作り笑顔であったとしても、無表情よりはマシなの?

そもそも作り笑顔だと気付かぬ人は、それがどれほどムリした笑顔であっても
単純にプラスに受け取るのかな?
(だとしたら、それはそれで、作り笑顔の意味はあるのかもね)

などなど、不明な点はまだ多い。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ふむふむ、とっても興味深い。

おひさしぶりです。

なるほど、なるほど。

作り笑顔ですら、免疫力がアップするというデータがあるそうですね。(受け手側の、ではないですが)

時々、実験として「ひとりスマイル0円」キャンペーンをする時がありますが、
お店の人の対応が普段よりよかったり、
すれ違った外国人の方と軽く挨拶出来たり、
とほんのちょっとしたことながら変化があるんですよ。
でもなぜか続かないんです。
プチ憎しみ系の贈与の連鎖の中にハマっちゃったりして。

これもワタシ的には考察の余地があります。

今度、祝福系贈与を意識して実験してみます。

ひばり | URL | 2015年07月18日(Sat)20:45 [EDIT]


ひばりさん♪ おひさしぶりです。

「ひとりスマイル0円」キャンペーン、いいですね。

わたしも、思いがけないときに思いがけない笑顔が自分から出て
そのとき相手の人からも思いがけない笑顔が返ってきて
「なんじゃ、こりゃぁぁ」と驚いたことがあります。

ひばりさんのキャンペーン効果からも考えるに
不思議な力があるんですねー。

おそるべし、笑顔。

そうそう、笑いヨガなどもあるように
自然とうまれる笑顔でなくともいいとは聞きますよね。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるとかもね。

はえともみ | URL | 2015年07月18日(Sat)21:35 [EDIT]