FC2ブログ

隣の女

貧乏アパートを転々としてはや十年、たいがいの生活音には目くじらを立てないガッツを身につけた我であるが、今のお隣さんには「困ったちゃん」である。▲玄関のドアーをですな、毎回、アパート中に響くかのような、軽い振動を伴う勢いで、「バッターン」とデカ音で閉めるのである。(思うに、途中で手を離すからいけないのである。ドアが閉まる最後までドアノブに手を添えていれば、こんなことにはならない)。この隣人さん、今年になってから引っ越してきたお人。引越しの挨拶がないのは、ま、仕方ないとして、わたしが外に出ようとすると、あちらのドアがそそそと閉まる(この時はデカ音ではない。あちらも外出しようとしていたタイミングのようだ)など、あきらかに当方を避けている様子。(なので、姿を見たことはないのだけれど、壁を通した声の感じから、40歳前後の女性と推定。なにをしている人かは不明だが、いわゆる「9-5時」労働者ではないようだ。平日の昼間もよくお友達(?)が来ているようだし)。▲んでもって、寂しがり屋さんなのかなんなのか知らないが、電話が大好き人間であるようで、時間を問わずお喋り声が聞こえてくる。(朝の7時台からのお喋りは、しょっちゅう。しかも、印象でいうのもなんだが、その話し方が、なんか、どうも、「超下手にでた、ネコなで声の手前」のときもあれば、「下品臭がただよう」ときもあり・・・・、(もちろん、聞き耳を立てているわけではない、イヤでも声が聞こえてしまうのだ。不快なのでこちらは音楽をかけたりしてやり過ごしている)。▲あと、プラスチック類のゴミをベランダ(隣との境は4~5本の棒による鉄柵があるだけで、すかすか透けて隣のベランダが見えてしまう。こりゃ、半分、公共スペースだわな)に出しているのも、わたしとしては「やめて欲しい」のであるが、(この種のゴミは月に2回しか回収されないので、一度でも出しそびれると、溜まって困る、という事情はよーくわかるので)、今のところなんとか目をつぶってはいる。▲電話やゴミのことはそれぞれの暮らしのペースであるからして、いくら不快であろうともこちらが口出しすべきではないとも考えているが、ドアーの「バッターン」は毎回、こちらの心臓が冗談じゃなく縮む思いだ。アパートを管理している不動産屋から一度注意してもらおうかと思案している。(直談判する勇気はない)。

生活には「相性」があるのだと、つくづく感じる。わたしが越してきたときに住んでいた隣人は30歳前後くらいの長い黒髪の美人で(って、容姿は関係ないですな)、なにより最初に会ったとき「自分は夜の7時から仕事に行くので・・・・、夜中起きているんで、うるさいかも・・・・」と言ってくれたので、「いえいえわたしも宵っ張りなので夜中の物音は気にしませんよ」と答え、<安心感>もって、互いの生活をやっていられたのだと思う。とはいえ、夜中、彼女の部屋がうるうさいということはなく、ただ午後の時間、わたしの聞いたことのないような様々な音楽が彼女の部屋から聞こえてきて(ジャズであったり、民族音楽であったり、その他分類わからん、ほんと様々な音楽)、むしろそれらにわたしは好ましく耳を傾け、音楽のおすそ分けにあずかっていた。だから、去年の11月だったか、「引越しをするんですよー」と彼女に言われたときは寂しかったものである。。。。

うーん。結局、現在の隣人さんとのモンダイは、ドアーの「バッターン」現象はもちろんだが、モンダイの半分は、「そういうことを日々やっていて、なんとも思わない、無神経さ」に、わたしが不快を感じている、ということなんだろう。(話し声にしても、声が聞こえるのが不快なのではなく、壁を通して伝わる生活観・人柄が不快なのだろう)。もっといえば、これはわたしの想像の世界にはいってしまうけれど(正確にいえば、壁を通して伝わってくる、彼女の豹変自在ともいえる対応ぶりから想像するに、ということ)、隣人さんは「身内(友だち)にはベタベタと親切を尽くし」、「社会的な関係者の前ではイイ人顔をやって」、「そのいずれの枠からも外れた相手(隣人もその一つ)は、まるで存在しないかのごとく扱う」タイプの女性のように思えてならない。そう、自分の世界しか、大切にしない。自分と直接かかわらないものは空気以下の扱いをする、そういう、(想像上ではあるが)人柄がどうにもひっかかるのだ。

なお、以下、「わたしの偏狭な性格」をいちだんと露わにする話であるが・・・・。この隣人さん、台所の窓に茶色のカフェカーテン(小窓などに用いる、丈の短いカーテンを通称そう呼ぶ)を吊るしているのであるが、それを吊るすためのツッパリ棒の長さが足りないらしく、ポケットティッシュ(推定・街頭で配っているサラ金宣伝のもの)を窓枠と棒のあいだに挟み、補っている。んー、どういう趣味なんじゃ。(趣味というより、生活に対する「感性」のモンダイだな)。・・・ちなみに、わたしが自分の部屋を出て、階段を降りるには、必ずこの彼女の台所の前を通らなければならない。・・・・まあ、隣人の部屋のあり方をあれこれいうのは「内政干渉」とわかりつつ~、・・・・・・。(自分のことを棚にあげるが、わたしは生活することに対しての感性が鈍感な人間が嫌いなのである。なにもコテコテ部屋を飾れとか、お花とフリルで生活を満たせとか、そういう話ではない。生活を考えた上での「あえての無為」や「シンプル」は高く評価する。そうだな、これは日常の生活に対する「意識」のモンダイなのだな。なお、不思議と、男性の「生活意識の低さ」は気にならない。気になるのは、同性の「鈍な生活感覚でやってゆける」人たちばかり。なぜ、なぜ、なぜなんだ。

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 06月 【5件】
2020年 05月 【62件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク