ともみ@ピクニック

11月25日(月)

◎夕べは深夜に帰宅。たまたまやっていた「介護の現状」のテレビ番組から目が離せなくなった。(元NHKディレクターが私的に撮った映像を、高齢者介護に関係する識者たちが見て語る)。<老いたら、下(腸と肛門)が壊れるのは、当たり前>。ウンチたっぷりついた寝具その他を片付けるのは介護のごく一環なのだなぁ。などなどなど、いずれくるかもしれない、親の介護を緩く想像した。(そして、いつかは自分も老いる)。
◎『ごちそうさん』の再放送を見るあいだだけ起きて、あとは夜までひたすら眠るヒトとなった。
◎「(運転が)こわい、と思っていたら、こわい事態(自分が交通事故の被害者になる)を引き寄せることになるよ」と、姉に言われている夢を見た。今年の春あたりから、「車を運転するようになろうかな」(わたしはペーパードライバー)と、たびたび考えており、その影響でこんな夢になったのだろう。不思議なことは、一.「運転がこわい」と思っているのは、自分が加害者になるのではないかという恐れからなのに、夢のなかではこれまで想像しなかった「被害者」という立場で語られていた。二.夢なんて、いつもは起きたとたんに忘れてしまうのに、このときは、目が覚めたあともリアルに覚えていた。
◎週刊天気予報、雲と傘、雲と雪だるま、が、ずっと並んでいる。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する