FC2ブログ

畑あっての命 など

早朝アパートを出て、親の家へ。
     *     *     *
朝ごはんのあと、親父様は姉の車で買い物へ。
買うのは、夏野菜の苗。
(すべてを種から育てているわけではなく、苗を買う野菜もある)。
「え~、お店は10時からじゃないの?」
と思ったが、
ここら田舎では、農作業に合わせましょっというわけで
朝8時台から営業している店もあるらしい。
     *     *     *
ところで
親父様は毎日3食の食事の前後、薬を飲まねばならぬのだが、
本日、彼は、苗を買うことに頭がいったぱいで、
食後の薬を飲むのを忘れ、出かけてしまった。
帰宅後、そのことを指摘すると
彼はこういうのであった。
「だって、畑あっての、命やもんっ」。
     *     *     *
先の能登沖地震からひと月余り経ったが
昭和23年にも、北陸には大きな地震(福井地震)があった。
当時、親父様は海運局に入局したばかりの一番の下っ端。
そのころ船舶宛ての手紙は
郵便局の人に頼まれて海運局があずかっていたのだと。
港に船が入港するたびに手紙を届けるのは、下っ端の仕事。
その地震のときも、
ちょうど親父様は港に手紙を届けに行っていたらしく
彼は
船の帆がゆらゆらと不自然に揺れるのを不思議に思いながら見ていたという。
     *     *     *
わたしは人一倍、記憶喪失気味なところがあると自覚しているのだが
老親や祖母と話をしていると
「どうして、こんな、こと細かに昔の話を覚えているのだろう」
不思議でならないことがしばしばだ。
歳をとったから昔の記憶があざやかになる、というのではなく
彼らは
記憶のヒダの層の深さも広さもわたしとは大きく異なると
思えてならない。 
(話は飛ぶが、今日もお祖母ちゃんは80数年前の歌をうたってくれた。
わたしがリクエストした、「チョコレート、ビスケット、ドロップス・・・」の出てくる歌)。
60年ほども前の地震の話をするとき
親父様はまさにその場にいるような口ぶりで話す。  
母様もそのとき家の白壁が揺れていた様子を昨日のことのように話す。
かなしいけれど
わたしには
そんなふうに、鮮やかに人に語れる過去の記憶など、ない。
     *     *     *
テレビのニュースで
プロ野球球団の青田買い問題や、ゼネコンの談合が報じられているたびに
親父様は、いつも、ぶつぶつ文句を云っている。
(そんなもん、当たり前や。とか)。
親父様は平成になり勤め人を辞めた男だが、「彼は働いた時代がよかった」のだろうと
いつもわたしは思う。
それは、いっぱいおいしい目にあった、とか、そういうことだけではなく
(おいしい目・・・それを裏付ける証明のような話だが、彼は若い頃、汚職容疑事件の参考人でブタ箱に入れられたことがある。彼自身は学歴(大学にいっていない)のことがあり、出世には頭ウチのところがあったようなのだけど、そんななかでも、現物支給にかけては(酒とか食べ物とか)それなりにおいしい目にあっていたようである)。
彼の生きた時代は
ガチガチの決まり事に縛りつけられない
もっと、人と人の私的信頼の上に「仕事」が進められた時代だったのだろうと
わたしはまだわたしが子供だった時代の「社会」に想い馳せるのだ。
     *     *     *
わたしは、コネとか、根回しとか、そういうものは大々大嫌いな人間であり、
父親の生き方を肯定したいというファザコン的意識はみじんも持ち合わせていないことを
念のため、ここで告げておく。
わたしが言いたいのは
現代は
みながみな、スマートに生きることを要求する時代になってしまったのだなぁ
(と、今さらながら)
の嘆きなのである。
人間が集う社会には「規則」が必要。
だけど、現代は「規則」に人間が囲われているような気がする。
おっと、語弊のある言い方だな。
どの時代も、内容こそ違え、
「規則に人間が縛られている」ことに違いはないのだろうから。
(どんな小さな社会、たとえば二人っきりの社会であろうと、そこに規則が芽生える限り必ずや問題は生じる)。
今は官も民も、金持ちも貧乏人も、規則にあがいている。
その一員として、たまにはグチをいってみたいのだ。
ははははは~っ。
     *     *     *
現在、船舶宛ての郵便物は代理店(民間)に委託されている。
親父様は初めて配属された海運局で下っ端をやっていた時代、
毎月一回、郵便局の人に飲みに連れて行ってもらったという。
こんなこと、
今の時代じゃあ、「由々しい問題」となるのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【59件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク