FC2ブログ

5月20日(木)

火曜、水曜と、午前に入眠して、夜遅く起きる、そんなリズムであったが、本日はとうとう「夜中2~3時間だけ」起きて、あとはずっと寝てる人だった。ふうー。これはいったいなんのか。自分への甘えだけで、人間はこんなに眠れるものなのか。わたしは人間でないのか、そもそも。▲先日のクリニックで、処方された薬がまた効かなかったことを告げると、先生はかなしそうであった。(普段からかなしそうな表情をしがちであるが、わたしには「なす術がない」ことをかなしんでいるように見えた)。で、別のあたらしい薬を、となるのがこの世界の流れであり、先生は「○○○、オレンジ色のやつ。まだ飲んだことなかったでしょ」とおっしゃったのだが、よくよく、先生、カルテ代わりのパソコンをみてみると、すでに以前処方済み(で、効き目なし)であったことが判明。当分、抗うつ薬を飲むつもりがわたしにはなかったので(いくら飲んでも、効いたためしがない。お金がもったいない。そもそも薬なんて、毒であるし)あらたな処方は見送ってもらった。▲基本的にわたしは「世の中には抗うつ薬が効く人もいる」ことを肯定するようにはなったが、おのれの身にはこのうつ状態が薬によって軽減されるなんて魔法のようなことは起こり得ないだろうと思っている。だけど年に数度「駄目でもともと。藁をも掴む」気持ちで、クリニックに頼ってみる。そして「ああ、やっぱり(だめだった)」の繰り返し。あと、わたしがクリニックの門をくぐるのは、「あいつは(うつに対する)自助努力を怠っているではないか」と(誰もそんな指をさしてはいないのに)さされることを懸念して、「わたしだって何もしてないわけじゃないのよ」「薬飲んでも効かないのよ」を証明するために、というところもある。(こんな調子だから薬が効かないのか。いや薬は気合で効果が左右されるものではない。ただし、あたらしい薬を処方されてしばらくは、「これで少しは楽になるかも」と淡い夢をみて、それだけで少し元気になるのだから、気合も必要?)。▲ところで、わたしの「寝過ぎてしまう」との訴えに、先生は「10時間くらい?」と聞き返したのだけど、「毎日平均十数時間。連休中なんて連日20時間ほど眠っていた」と説明しても、先生には信じがたいようだ。インターネットで知るところによると、世の中にはいく種類かの「過眠症」という病気があるらしいが、わたしの場合、その病気と圧倒的に違うのは「寝てはいけないところ(仕事中など)でも、屈しがたい眠魔におかされる」ということがないことだ。(おのれの陣地だと思える場所でいかんなく睡眠欲を発揮するのであって、人の前では決して眠らない。というか眠れない。この点は神経症的)。昔、OL時代、緊張のあまり眠くて眠くてしかたなかった経験があるけれど、最近はそんなことない。ただひたすら、「(入眠して)気が付いたら十数時間経っていた」とか、「現実の意識を自分に宿すのがとんでもない重荷と感じ、ひたすら眠りに逃げる」という状態なのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 06月 【5件】
2020年 05月 【62件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク