FC2ブログ

5月18日(火)

しばらく前の日記に「・・・は癒しである」と書いて、「あ。」と思いつつ、そのままにしていた。▼「癒し」が悪いのじゃない。癒し、大切なことである。誰もが内に求めているものであろう。しかし、しかし。いつの間にか「癒し」という言葉が独り歩きしたようで、その露出の多さに辟易している人は、わたしだけではないと思う。▼「癒しの楽園へようこそ」とか「手料理で癒す」とか「癒しのマッサージ」とか、露出のし過ぎだろっ。「またかよ」と眉をしかめられちゃうよ。あー、楽園なんて癒しあってこその場所であるし、手料理は毒がこめられるか癒しがこめられるかのどちらかで、マッサージはまさしく癒しそのもの。つまり癒しをすでに内包しているコトゴトに、いちいち「癒し」が使われるのだな。「おっぱいに癒される」も、けっ。「男がおっぱいに癒されなくて、どうする!」と、逆に文句をいいたい。人類の周知事項だ。やや土俵のあたらしいところでは、「アロマの癒し」とか「ロハスで癒し生活」なども同様だ。われわれは昔からお香で身や心を清め安らいできたし、無理な力を入れない暮らしからおのずと癒しを実践してきた。▼ふうっ。どう考えても「癒し」自体に罪はないし、「癒し」という言葉にも非はないはず。ではではどうして「癒し」という言葉のイメージが低落してしまったの? 本来その(癒しの)意味を内包するところに、さらに「癒し」という直接表現を加えることで、逆に、その(癒しの)価値が目減りしたように見えてしまう。ということも、癒しの「露出の多さ」まわりにある問題であると思うけれど、それだけが原因でここまで「癒し」という言葉の表現力は落ちないだろう。▼そうさ、そうさ。本来、人は生きていくことそのものが癒しで、同時に、「癒し」という欲求を本能的に抱いてきた。(縄文人だって「癒し」の欲求を秘めていたと思う)。逆な言い方をすると、癒しはそうそう手に入るものではないのであるよ。安売りすんな。(安く買おうと思うなよ)。遠く遠く歩いた道の先に、はじめてその裾が見えてくるという、癒しに対する敬意のようなものが損なわれつつあるのが、今、癒しにまつわるなによりの問題なのかしら。


ふーむ。もっと簡潔に書けそうなことを長々と書いてしまった。

わたしが人の目に触れるところで「癒し」という言葉を使うようになったのは、今から十数年前であったと記憶する。その後も、ときどき使ってきたが、最近は口に出すのも紙に書くのも恥ずかしい言葉となってしまったなあ。右を見ても左を見ても「癒し」が踊っているよ。――という愚痴愚痴思いが、本日の日記を書く動機となった。

同様に、ブログ以前の日記では、「ほっこり」という表現も、ごくたまに使っていたが、これもいつの間にか、よく目につく言葉となってしまい、なんとなく使うのがためらわれる。

ちなみに、「まったり」という表現は、もともとわたしのなかにはなく、最初から「受け売り」の感が強いので、ほとんど使ったことがないのではないかと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【58件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク