FC2ブログ

懺悔をしたからといって、なにも変わらない

「今」という時間は誰にとっても今しかないわけだが、成長の早い子供や、棺おけに足を突っ込んだ老人の「今」は、健康な成人に約束されているだろう「今」よりも、はるかに貴重に思えてならないのは、自然の法則だろう。

にもかかわらず、

昨年の秋、庭木を見ているだけで涙がでてきてしまう時期があり、そのときのわたしは「いつかお父さんが死んでしまうときに感じる悲しみよりも、今のこの情況のほうが、しんどさははるかに大きいのじゃないか」と思った。そして今年早々、あまりにストレスが高まることがあり、家族のことを気遣う余裕が1ミリもなくなったわたしは、「お父さん、死ぬなら、とっとと死んじゃえばいいんだ」そんなことまで思ってしまった。

これは今年の初めだったか、甥っ子が「ボクなんていないほうがいいんでしょ」とわたしに向かって言った。こんな言葉を10歳の子供にいわせるとは最低である。いつも、彼は「ともちゃん、ともちゃん、遊ぼう」と、全身でわたしへの親しみと愛情をあらわしてくれるのに、わたしは100回のうち6回くらいしかそれに応じず、残り94回は彼にさみしい思いをさせている。しかも、それは理由らしい理由からではなく、単にわたしの精神的な(いわば気分の)問題からである。

老両親にはわたしが金沢で生活しているのは、書き物の仕事をしているからで、とても忙しいなか親の家に通っているのだと思わせ、いわば、ウソをついているのである。いろいろわたしに頼みたい用事があるはずなのに、老両親はわたしに遠慮して、ただただわたしの好きなようにさせてくれている。

甥っ子は、憂鬱の神が憑依したような表情のわたしが「ノー」といっても、(大人相手ならこんな態度を出したら、2度と声をかけてくれなくなるだろう)、懲りることなく「ともちゃん、ともちゃん」と、じゃれ合おうとしてくれる。

わたしはわたしの日常よりも、家族が大事である。心の中では。なのに、わたしはそんな大事に向き合うよりも、自分の精神的なトラブルにつきっきりになっているのが、現状。わたしは自分がしんどくなると、とにかく外界と遮断した環境にこもりたくなってしまうのだ。「今」は今しかないと、わかりながら。今着ているシャツを、甥っ子はあと半年もたたないうちに着られなくなるだろう。老両親や甥だけではない。北陸に戻ってきて、姉はわたしとともに過ごす時間をとっても望んでいるのに、わたしは彼女を不快にさせる言動ばかりとっている。お祖母ちゃんだって、わたしの決断ひとつで、今の老人用住まいを出て、建て直したばかりの自分の家に暮らせるようになり、それは90を超えたお祖母ちゃんがどんなに欲していることか。わたしは知っているのに、知らぬふりをしている。

今日の昼間は、甥っ子から「今日はボクん家に泊まってぇ」と、熱烈ラブコールを受けた。

でも、夕方、金沢のアパートに戻ってきた。

コメントの投稿

非公開コメント

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【54件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク