FC2ブログ

「鱈は二月」

12月19日(木)

冬じゃないみたい。
あたたかい日に戻ったぞ。

郵便局へ行き、用事を色々済ます。

一旦帰宅後、スーパーの買い物へ。

(今夜は、鱈の切り身と白子で鍋だじょ。

毎年、食卓に鱈を出すと、「鱈は二月でしょ」
「昔は二月にならないと鱈を食べられなかった」と
話す母。今夜も案の定、「え、もう鱈があるの・・・」
とお決まりの話に。

ねぇ、母ちゃん、あなたは半世紀以上前の印象が
強いようだけど、今では雪が降るより前に
北海道の鱈が出回っているのよ)

体が動く日だったので、買い物のあとは
畠へごお。

「ただの経験」











がんばれ、がんばれ。

12月18日(水)

寒い。

なんとか起きてお風呂に入るも
次に入浴してもらうつもりの母が
「いい。(風呂はいらない。入らない)」と言うので
いつもはあれこれ声をかけて入浴を促すのだが

今日は、促す気力すら湧かないほど疲れていて
「ああ、いざとなれば、出かける前に下着を含め
着ているものを一式着替えるだけでもいいか」との
パターンを思いつき

わたくしは、即行、お布団に戻る。

(たいていお風呂に入ると元気が出るのだが
今日は髪も濡れたまま一秒でも早く横になりたかった…。
目覚まし掛けて、すぐに入眠)

昼前、母の送り出し準備のため、本格起床。



午後は、ちょっと復活する。

シーズン初のクリームシチュウを。
(市販のルーを使った手抜き料理)


気持ちの緊急避難

12月17日(火)

ダメダメモードの日。

同じ一階ではあるが
母のいる居間とは一番遠い部屋で
一日の大半を過ごす。

(普段は、光熱費を抑えるためにも
なるべく複数部屋の同時暖房しないよう
しているのだけど、今日のような日は
気持ちの緊急避難なのである。

いや、しかし、ほんとうは、光熱費よりも
家庭内の空気をクリーンにすること優先で
日中も別々に過ごしたほうがいいのだろうなぁ。

一緒にいると、我がストレスの息を吐いてしまうから)



書いて気づいたが、自らの心的調子をキャッチして
「少しでもストレスを防ぐ」「これ以上の悪化を防ぐ」よう
あえて別部屋で過ごす選択をし、ましてや寝込んでもいない。

全然「ダメダメ」じゃないねー。

(別部屋で過ごすのはけっこう体力がいるし
“異種頑張っているモード”であるのだよね。
普段は居間で横になっているばかりだから)

むしろ、今日の中では、ナイスな選択!

歯医者のちステーキ

12月16日(月)

歯医者通いも、今日でひと段落。

(夏前に金沢のS歯科で抜歯して、その後あまりにも
通うのが大変&予約がなかなかとれないことから
実家のある市のA歯科に転院し、以降ほぼ毎週のように通って
そして前回やっと部分入れ歯ができたのね。今日は
それと、先に作ったナイトガードの点検を)



歯医者のあと、実家には帰らず
ターミナル駅に出て、あまり慣れない道を歩いて
やっとみつけたファミレスでステーキを食べ

フリードリンクのお替わりしながら、先週書いた
手紙の清書を。(もっと早くしたかったのだけど
家ではこういうことする気持ちの余裕がない)

年賀状代わりに、この時期、普段連絡とってない
方々にご挨拶カードを出したいのだけど・・・
今日はこれで時間切れ。

花の苗と晩ご飯を買って、公共交通に乗り帰宅。

半日の外出でも、「家を離れる」「一人時間がある」
というだけで、ものすごくリフレッシュした。


夜回り当番

12月15日(日)

なにをしていたのだろう。たぶん
なんとか息をつないでいた日。

夜は、春からつづいていた
夜回り当番の(うちの担当)最終日であった。

やだよぉ。外に出たくないよぉ。
人と会いたくないよぉ。という晩も
一度も休まずお役目を果たせ
(ただ歩いているだけなんだけど。規定の服と帽子を
身に着けて、ピカピカ光る棒をもって)
頑張りました、自分。

(田舎生活になじむための免疫も微々と付いた?)

お疲れさまでした。

鶏手羽スープ

12月14日(土)

鶏手羽を久しぶりに調理。
(じっくり煮込むと、うまいスープがとれるのはもちろん
身もほろほろになり良いね。と思い出す)

ドラマ『俺の話は長い』最終回であった。
(もしかしたら今季の地上波ドラマで一番好きだったかも。
会話が面白いし、アナログなラジオ好きには嬉しい演出あるし
自宅で淹れる珈琲が美味しそう!)

一日、雨降り。

さみしい夜

12月13日(金)

このごろ、金曜はさみしい夜。

日曜は韓国ドラマ、月曜は(クリミナルマインドの
視聴を止めたけど)ディーン様がいらっしゃる、
火曜は『マニュフェスト』(吹き替え版)で、そして
そして水曜と木曜は『太陽の季節』(一夜に二話連続)で
ドラマフィーバーしたあと、金曜は観たいドラマのない
さみしい夜。

(水曜日のドラマ時間は、サラリーマン時代の金曜夜の気分。
母の通所リハビリが無事おわり、わたしも日中2時間余り
一人になれる時間があって、わりとその間、やりたいこと
やれたりする…の水曜日なので、その夜は少し達成感っぽい
ものもあるのだな。

そして木曜日のドラマ時間が終わると同時に
「また来週までこのドラマを観られないのだわ」
と、休日があらかた過ぎてしまったごとくの気分)

*

なにをしていたのだろう。
メモも記憶もまったくない。

(前日の疲れで休んでいたのかな?)

の本日でした。

ひとまず、ほっ

12月12日(木)

一日雨。そしてやっぱり暖かい。

「がんばれ、頑張れ」とカラダに声かけて
活動をいたしました。

車庫の掃除して
寒さに弱い系の植物を移動。

(ひとまず、ほっ)


元気に過ごせて、何より。

12月11日(水)

久々に日中のネット遊び(=ブログ書き)を
少ししてから、掃除をしていたところに母帰宅。

本日は、庭の冬支度ウォーミングアップのほか
介護用品レンタル会社の人が来て(追加したサービスの)
契約書にサインしたり、ケアマネさんの定期訪問を受けたり
ちょっと車庫の片づけにとりかかったり。

暖かく、元気に過ごせて、ああ、何より。

今年もあと半月余りかー。
(あらためて、びっくり!)

番組パート2

12月10日(火)

朝起きて、坊さんdayの準備して
坊さん夫妻の来ているあいだ
居留守で一時間ほどコタツ寝して

午後は、たいへん遅ればせながら
春の球根をプランター植えしたり
(先日畠に植えたのは過年の球根)
冬の寄せ植え作ったりしたあと、畠へ。

今日もあたたかい!



深夜、神保さん・宮台さん・矢作さんの
番組のパート2を見る。

宮台さん、当時合法だったドラッグの体験談を
さらっと語っており、わたくしには衝撃。

気功で、触れてもいない相手がぶっ飛んだりするのは
「脳の同調」という説があるのかーと知る。

ピカっと晴れ。活動の日。

12月9日(月)

あたたかいなー。
(10月くらいの気温ではないか)

ピカっと晴れて
遠くの雪山がきれい。



農協に地域の支払いモノに行き
(当地では、小地域ごとの会費と
中地域の会費と二重の支払いが
税金とは別にある。都会では考えられん
支出が多い)

ホームセンターのち(冬の寄せ植え用の花苗
もうシーズンオフなのね。残っているものの
なかから選ぶ)

母と畠へ。ニンニクの施肥など。

帰りは、(地域のことを全然知らん我。
この数ケ月で三軒目だな)、母に
母の友人の家を教えてもらいがてら
見ごろの菊の花を届ける。



電話と来客同時パニック

12月8日(日)

午前中ピンポンポンポン
玄関の呼び鈴が鳴っているのを
二階の寝床で聞きながら、とても
ヒト様と顔を合わせられる状態では
なかったので、知らんふりして
また眠りの世界にもどる。

(宅配屋かと思っていたが、不在票が入っておらず
あれれ? 誰だったのかなー。
…母は「誰も来てない」というが、それは聞こえなかった
だけでしょう。しかし、もしかしてわたしの空耳?…
あとになり、親戚が毎年末恒例のモノを持ってきてくれた
のだと分かる)



ゾンビを脱するため、15時過ぎだったか
久しぶりに湯舟につかり、ようやっと生き返って
「さて日が暮れるまで少し活動できるぞ」と
思ったところに、ケアマネ氏の着信に気づき、あわてて
(日曜に電話ということは普段ないので、どうしたの?と。
遅くなったら帰宅されてしまうだろうし)折り返し電話していたら
Hちゃんがお菓子をもってきてくれて

電話をしながら(同時に)玄関にも対応する格好で
…たまにこういう展開になる。今日は電話をしている目の前で
玄関の戸が開いて。鍵をかけてあればこういう事態には
ならんのだろうが…

プチパニックになり、あたふた電話を切り上げ
(翌日あらためて連絡を)、乱れ放題の居間に
「今さら格好つける仲じゃないしね」と言いつつ
上がってもらい、団らん。

(そういえば、おいらは風呂から上がって数分後の
髪は濡れてぼさぼさだし、次に母に入浴してもらうつもり
で、湯舟のフタは空け、脱衣所の暖房もつけっぱなし)

(どうしてわたしは「それどころじゃない」ときにも
「どうぞ上がって♪」と、咄嗟に言っちゃうのだろう。
Hちゃん好きだからかな。まあ、たのしい時間だったから
良かったとしよう)

指の算数を教えてもらうなど、あれやこれやお喋り。

そして気づいたら、夜。

なんてポジティブな!

中途半端な在り方がよろしくない。

「今日こそ◎◎せねば」と、できない・しないくせに
プレッシャーだけを募らせる毎日で。

夜は夜で
「明日こそ活動せねば」とムリして眠ろうとして
睡眠薬を飲み、浅い眠りと覚醒を繰り返し

そして翌日またムリして起きて
(最近は起きられない日もあるが)

あああ・・・

がんばって起床したのに思ったようにカラダ動かず
プレッシャーを胸に潜ませ、じくじくと時間を過ごし
そしてまたムリして寝る、ドアホなサイクル!

「明日こそお風呂に入ろ。。。」とも
毎晩思うのだが、それも叶わなかったり。
(うつっぽになると、入浴はおろか、着替えも難儀に)。



しかし、飽きずに、毎日まいにち

「明日こそ」と思えるのだから

(明日の自分はできるだろう、と、どこかで信じている)

ある意味、とてもポジティブシンキングなのだ。







徹底的に「だらだらしてやろうー」「好きなときに寝る」と
いったん、切り替えたほうがいいのだろうな。

(罪の気持ちを抱えながらだらだらするのは
精神衛生上よろしくないが、あえて
「だらだらしてやろー」と思ってだらだらするのは
~主体的だらだら~、時に大切かも)

あと、日記の日付を、「現実タイム」に近づける。
それが地に足をつける一歩かと。

介護つれづれ(2019年12月)

父の晩年の後悔は色々あるが
「あのときは(おいら自身)今よりずっとうつっぽで
そのなかでやれるだけのことはやったのだ」と自分を慰め
歳月を経た。

なんか、同じ後悔をしそうで、こわい。

母との生活も現状が最良とはいえず、日常の
「より良い改善点」がいくつも想像できるのに
なかなかそこに至らずにいて・・・、のちのちまた
「仕方なかった。できるだけのことはやったはず」と
自分に言い訳することになるのではないか?



飲食するもの、生活の快適さ、会話の機会も
老親の過ごすあらゆる時間が、わたし次第なのは
決してよいことではないと分かっている。

また、わたしがメンタル調子を崩すと、親も
それに共鳴するような面が結構あって
言い換えれば、それは親の生命力を奪っている
ともいえ・・・。



ふーぅ。

昨年、公的介護の認定をしてもらい

一般的にはデイサービスなどに通っても
おかしくない状態であるのだが

あれこれ試みてみて、やっと
「週一回、短時間リハビリ」にたどり着けた
ところで止まっている。



昔の家族制度には、大きな意味があったのだなぁと
この数年、ひしひし実感している。

老人、壮年、若者、子の世代
それぞれがそれぞれを支える仕組み。

もちろん、文字通りの「家族の役割」が
すべての家庭で機能したわけではなかろうが

おいらにしてはめずらしく
「複数人いる家族の力」のようなものを
思ってしまう。

高齢者を、一人で看る、のと
高齢者を、二人以上で看る、環境は
(物理的なことだけじゃなく、気持ちの問題として)
大きく違うよなぁ、と。

いや、高齢者に限定しなくとも、ましてや
「家族」に限定しなくとも、人が二人で固まるのと
三人以上いるのとでは、風通しがケタ違いに
なってくるのだよなぁ。



老母の健康も、脳の老化も、もしかしたら寿命も
おいらのやること・やらないことが大きく関与する
と思うと、こんなウツっぽでいられない。



どうすればいいのだよ、自分。

介護はまだ軽いほうなので、(介助に毛の生えた程度?)
いつも「こんなの序の口」と思っているが
・・・正しくは「思うようにしている」かな・・・

すこーしだけ追い詰めらている感があるのかも。



家庭の風通しをよくする!がベストな選択だと
分かりつつ、それができないでいる。

(現状、おいらにそんな体力も気力もないし
ムリしてやっても疲労こんばいで、長くは続かないと
予想されるので)

自分が元気なら、親戚や母の友人、近所の人を招き
老母の時間を少しでも豊かにできるのに・・・。

(わたしが寝込んでいるときは、母も横になっているばかり。
録画のTVも、CSテレビも、リモコン操作できないので
じーーーっとしている)

脳トレや計算のテキストとか、塗り絵とか
(材料の用意はあるのだ。本屋で買ったのね)
伴走者なしではやる気がでないようだから
わたしが一緒に時間をつくってやればいいのだが
なかなかそこに至らず・・・。

わたし自身がもっと外の世界と触れて
そこで見聞きしたものを家庭のなかに運ぶ
のも、貴重だ。

えとせとらえとせとら。

それらをパーフェクトにこなすことはムリだとしても
せめて、あたたかい緑茶を毎日飲ませてあげたいと
思っていても、それすらできない日もある。





今日は、「そのチラシとって」を
「そのティッシュとって」と言い間違えていた母。

・・・先日、お得意のチラシ箱の折り方を忘れていて
びっくりしたが、時間をかけて思い出してくれたよう。
以来、脳トレの一種と思い、たまにチラシ箱の作成を
リクエストしている・・・

あと、「(夜ご飯は)夕べ残したカレーみたいのでいいよ」と
のたまう母。しかし、それは、「おとといカルビをこってり
味付けして焼いた残りを、きのう、ふわふわ厚揚げの上に
乗せて出した」皿のことであろうが、あんた、本昼に
その残りを食べ終えてますよ。

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 04月 【15件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク