FC2ブログ

③エゴとエゴを出したり引いたりして

むむむ~、これって
自然災害に関することだけじゃなくて、たとえば
悲しいことのあった人を見舞うときにも言えそうだ。

自省をこめていうが、こういうときの
「心配アピール」はいけません。

(お葬式なんかも、わざわざ遠方からかけつける
必要はないんだな。それって「参列した」の自己満足かも。
時間をおいてから、ゆっくり弔問する方法もあるよね)

自分の気持ちを満足させるために
さわいだり、相手の時間をとらぬように。

相手がいつそれを必要としているかどうか
分かればいいのだけどね・・・。

所詮、凡人はエゴの奴隷なので
(わたしは「心配する」のも広義のエゴの可能性がある
と思っている)、エゴとエゴを出したり引いたりして
互いにやっていくしかないんだなぁ。それが人間界だ。

(見舞われる側にしたって、情況は刻々変わるから
「どれが正解」という、一定の法則はないんだよね)



わたしたちは(特に冠婚葬祭のような)儀礼的なものの
呪縛~義理とか世間の目とか~から、解かれて
よき時期に来ているのじゃないかしら。

儀式に参列してもらったorしてもらってないとか
見舞いを受けたor受けないで、相手をジャッジするのは
ナンセンス。

誰しも、そのときそのときの事情があるのだから
安易に他者を評価しないこと!(←自戒デス)

それがひとまず、ここで書きたかったことです。




②見舞う気持ちと自己満足と

自然災害のニュースを見て
「不安だったろうけれど、ま、大事には至ってないようだ」
と推定されるヒトには、お見舞いの連絡をできなくもないが

まさにドンピシャリで大変そうなヒトには
特別な超親しい関係でなければ、わたしは
すぐには連絡できないなぁ。と思うのだけど
わたしは少数派なのかもね。

「大丈夫?」の、メールや電話をもらうのは
「あなたのことを気遣ってますよ」のメッセージであり
これまで我ももらったことがあるので、素直に
ありがとうと思ったけれど

もしも、ほんとうのほんとうに大変な渦中なら
「えええ、そんな連絡もらっても、返事をする余裕ない」
と困るだろうなぁ、と。

(貴重なケイタイ電池を使わせることになるし
混みあっているだろう電波を使っちゃうことになるし…)



伝え聞いたところによると

数年前の大きな震災があったあと、自分に
連絡をくれたかどうかで相手をジャッジする
(連絡くれた人は自分にとって有益で、好ましい存在。
そうじゃない奴は、自分を大切に見てないんだな、ケっ!)
お方がいたそうだし

知り合いも(北関東の当事者として)ちょっとそれに
通じそうなこと(連絡くれた人を高評価する)を述べておったが

んーーー、フクザツだなぁ。

ときに「相手を思って」静かにしていることもある
という想像はないのかしら? と思ったり。

でも、まあ、言葉にしないと伝わらない
という常套句もあるので、むずかしいね。

(不安なときにヒトの温もりはありがたい
という気持ちもわかるしね)



思い出したのでついでに書いておくが

東北の震災のあと、東北出身の著名人が
NHKの情報番組に出ていて、「仙台の避難所で働いている
被災当事者の友人に毎日電話をしているの」と言い

さらには生放送中にその友人に電話して
番組内で音声を流す場面があって

あんぐり驚いた。

それって、友人にとっては迷惑じゃないの?

(実際、電話の向こうの相手は、おもてだって
そんなことは言わないが、電話をもらっても嬉しくないよ
の雰囲気がじんわり伝わったのは、気のせい?)

タレントさんにとっては、友人を励ましたい
ねぎらいたい、心配だ、などなどの純粋動機だとしても

電話をもらうほうとしてはどうなんだろうねぇ。

わたしはテレビを見ているだけで、そのタレントさんの
鈍感さにどんよりしたなぁ。(でもタレントさんはぜんぜん
そんなこと想像もしないようで、「明日も電話するね~。
がんばってね~。ばいば~い」って感じで電話を
終えていた)。

まあ、本人同士の距離感あるからね。

その距離感は第三者にはわからない。

(それが嬉しい、勇気がでる、元気がでる
という受け取り方もあるだろう・・・)



何年も前のことだけど
当地方の自然災害の情報が駆け巡ったとき
おいらの存在を思い出し、すぐに連絡を下さった方々に
あらためてお礼申し上げたい。

(余談だが、肝心のおいらは、そういうとき
なぜかいつも災害が起きているのも知らず
ウツっぽく寝込んでいるタイミングにいた。

んで、「ウツっぽの自分を隠す」のに必死のぱっちで
まさか「災害情報を知らなかった」とはいえず
「大丈夫だったよ。ヒヒ~ン!」って感じの返事をとりあえずして
またウツっぽの彼方に落ちていくのでありました)

あああ、話はちょっとズレしてまったが
そういう「大丈夫?」メールをもらった体験から
おいらも人の子ですぞ~
こういう機会に「あなたのことを気にかけてるよ」という
あたたかい方向のメッセージを伝えられる&受け取れる
のは、いいな、と、気づいたのでした。

①他者の感情を「同期」させなくていい

ひとつ下の話・・・

被災当事者からしたら、なんて冷たいと思われるかもしれないが
仕方ないよなぁ。。。と、自分に言い訳している。

己のテリトリーを超えるものを過度に吸収できないんだよ。

(災害や事件・事故の情報とかヒトの悩みとか、そういうのと
たくさん接触をしても平気そうな者たちがいるが、ああいう
方たちは、対人フィルターの性能が特段すぐれていたり
上手に放電をできているのだろうなぁ、と想像。

そういえば、ヒーラーは、自分のカラダを
“施術を受ける者”と“宇宙”をつなぐための
単なる通過地点(器)に徹底させると聞く。
・・・そうじゃないと疲弊して倒れちゃうよね)

思いやりは大事だけれど、他者の
感情を「同期」させなくていいんだよ。

というのが、今のところの、所感です。

集団意識と微々たる選択

10月14日(月)その二

そういえば、今日は「体育の日」という祝日だったらしいが
もはや晴の特異日に設定されているわけでもない、ずるずると
名目だけが残っているような日なので、なくしてもよいのでは?
(んで、もっと、個々人が自由に休みましょうよ!)



九州在住のKさんが、久住山から近況メールをくれて
さいごに「台風の大変なときに、すみませんっ」ってな
文言が添えられていたのだけど

今日は天候(じとっと雨。そして寒い)と
台風被害の情報やそれに関連する話から
列島に渦巻いている「沈んだ感じの集団意識」が
おいらの心身をずいーーーっと蝕みそうな気配を
感じていたので

むしろ、Kさんの「のほほん」とした文面に
慰められたのだった。



放っておいたら「どんどん落ちていきそうな心身」を
現状キープさせるため、あまり台風被害の情報は入れず
できるだけ楽しそうなものに触れるよう無意識の微々たる
選択を重ねた日でした。



温めるだけの夜ご飯

10月14日(月)その一

夜更かしさんで、韓国ドラマ『七日の王妃』
http://kandera.jp/sp/nanoka/
を観て、そのまま朝活動したのち、朝8時就寝。

15時半頃起床。(昼にトイレに起きたとき
母ちゃんの昼食を用意せず、ゴメンね。
信玄餅など食べてしのいでいたらしい)

雨模様なので、わりとよく眠れたな。
なんか懐かしいサークルのなかにいる
夢などを見て。

夜は、きのう作ったのに食べなかった
ホイル焼き(もやし、鱈、しめじ、ししとう、プチトマト
切昆布、オリーブオイル、日本酒、黒胡椒)を温め
朝炊いた雑穀入り芋ご飯と、寒さのせいか
カラダが高カロリーを要求するので、生協の
冷凍エビグラタンをチン。


ううっ

10月13日(日)

軽く台風後の見回りなど。
(庭と畠)

被害に遭われた方々にお見舞い申し上げる。

ただ、テレビをつければ、河川の氾濫被害などが
映り、うまく表現できないのだが、そういうのを
見ていると、うぅっと、メンタルがあぶなくなりそうで
できるだけ台風関連のものは見ないようにする。

(SNSで刻々と被害状況を挙げられている方もおり
そういう情報の共有も大切なんだろうとは思うが
我は某氏のそういうのを少しリツイートしている
のを見るだけで、もうツライ系になってしまった)

既存メディアは、台東区が
ホームレスを避難所に受け入れなかったとか
原発事故の除染ゴミが川に流失したとか
毎回ながらの災害に対する政府の対応とか
そういうのもやってね。

チャングレ君とか寒干しラーメンとか

10月12日(土)

夕べはドラマ『ミセン 未生』の最終回で
また夜更かししてしまった。

(最終話、前半は予想範囲内の展開。
後半は「誰向けサービス?」という感じ。
主人公・チャングレ君が妙にカッコイイ系に成長しており
・・・あか抜けて、自信に溢れ、アクション有りまくり!・・・
わたしは素朴系のままのほうが好きだなーと思った)



台風なので、怠惰に過ごすの許す。

(今更気になることあっても、“なるようになれ”と
じい~っと家のなかでおこもり。一応昨日
庭の鉢の一部は台から降ろしておいた)

電気カーペットの温もりに守られぐうぐう寝たり
ラジオをつけ家人のベッドの端でぐうぐう寝たり。



なんとなく簡易な夕飯にしたくなり
寒干しラーメンをすする夜といたしました。

(おいらが寒干しラーメンの存在を知ったのは
学生時代、北海道ツーリングしてたとき。芋団子の
存在とか、食パンにジャムと魚缶詰のせるの旨い
と知ったのも同時期だな。←寒干しラーメンを食べるの
数年ぶりなので、そんなことを思い出したり)。

台風前。魚屋。

10月11日(金)その二

普段は足を延ばさぬエリアに行ったので
「鮮魚がイイ」と伝え聞く、某スーパー敷地内の
独立した魚屋へ。

確かに種類が豊富だし、品質もよさそうだ。
(魚屋は結局、仲卸しと捌き方で、差が出るね。
鮮度は当地においては「当日獲れ」が基本なので
あまり違いが判らん)

ひとまず、フクラギ(ブリの弟)のアラ
(気のせいか、いつも買うのよりピカピカ。
しかもたっぷり入って200円)と、アオリイカ
(三ばい250円。買ったときは気づかなかったが
我にはなじみない捌き方で内臓をきれいに抜いてあった)
をチョイスし、青いワタリガニも格安で並んでいたが
「ああ、衝動買いをして、あとから困るパターンになりそう」
と、これ以上の鮮魚は自粛しました。

台風前、という心的な影響なのか、その後は
おやつと果物を大目に買い込んでしまった。

健康診断

10月11日(金)その一

むむむむ~。本日はかねてから予約してあった
住民集団健康診断の日である。

一通り受けられるものは受けるつもりであったが
「月経中なので子宮系はパス」
「胃のレントゲンは(前夜から食事制限あったり
当日の負担も大きそうだし)去年胃カメラを受けてるから
やらなくていいかな」
「そうか、肺も去年調べてるから、今年はいいか」
「基礎的な測定(採血など)はしたほうがいいのだろうが
その受付に合わせるため早起きして自転車をえっちらこっ
と漕いで出かける体力はなさそうだなー」と、日が迫ってから
思うようになり、一部をキャンセルしてあって

結局、本日は、骨粗鬆の検査と、乳の検査のみ
受けました(あと大腸検査のキットをもらって帰る)。

はふっ。

混んでおった。
(待つのにも疲れた)

来年は総合病院で受けましょう。
(もしくは人間ドッグね)



今回、子宮の検診は受けなかったわけだが
「むしろ今回は受けないほうがいいのかも。
(子宮筋腫をもっているので、結局は
婦人科に行かねばならんのだ)。最近も
チクチクかなりの痛みがあったので
勇気を出して、一度、専門医に診てもらわねば」
なのであります。

からだしんどい日

10月10日(木)

きのうはまあまあ早めの就寝をして
26時半頃に薬を飲み、その後
追加の一錠も飲んだのに、あああ
29時近くになっても眠れず。

そうこうしているうち夢うつつとなり
朝8時過ぎに起床。

坊さんdayじゃ、一時間半かけて支度。

ふぅぅぅ。

睡眠不足だけでなく、生理中のせいか体調凹で、かつ
今日はムリするのよそうの心の声があったので

久しぶりに「居留守」とさせていただくことに。
(母が座ったまま接待できるようにセッティング)

おいらは布団に戻って数分後には睡眠界のヒトに。
(薬の効果はもう切れているはずなのだけど
午前中の二度寝は「よく寝れる」のだ、たいていね)

14時頃に起床して、遅めの昼食をとったあと
横になって休んでいるうちに、夕方。

からだしんどい。何もできず。

夕飯食べてまた仮眠。

そんな本日でした。



お寺の奥様から、いろいろ頂いたようだ。
大きい柿、チビ柿、それから手作りの黒大蒜。
いつもありがとうございます。

たかが数独、されど数独

10月9日(水)

夜はけっこう冷えるようになり
居間に電気カーペットを敷く。

体力が落ちているというよりは
老化なのかなー、長方形型こたつを
動かし掃除するだけで、すごく疲れ
さらに腰も痛くなってしまった。

(咳するだけで腰に響く!)

へとへとモードなんだけど
夕方は畠へ花を取りに行く。



先日、新聞の折り込みに入っていた数独を
(人生でたぶん二、三度目の数独)やってみたら
これが意外とムズカシク

・・・まさかこんな難航するとは思わず
新聞を片付けるついでにちょちょいと
とりかかったのだが、最後のほうであれれ?
おかしいぞ? つじつまがあわん!・・・

この四日ほど、チャレンジしておった。

問題は「1つ」だけで、最初にペンで書きこんで
しまったものだから、以降は別の紙にパズルを
書き写し、一日一回、夜な夜な、格闘。

んで、今晩、ようやっと「解!」を得る。

ワタシはアホになってしまったのか?

親に「脳トレせよ」なんて言う前に、おのれが
脳トレせねばならんのではないか!

と焦ったので、来月以降も、新聞に入ってくる
数独を忘れずに解いてみようと思います。

遠い彼方・・・生きるって大変。

10月8日(火)

今年も、貴重なブドウをたくさんいただき
(無農薬の有機栽培。どんなに難しいことでしょう)
日替わりで、色んな種類を賞味していたが
そろそろ食べ終わりである。

ごちそうさまでした!



やらなきゃいけないこと溜まりまくり、一周回って
すべてが遠い彼方に行きつつある(*)。

朝、昼、晩、ごはん用意して、皿を洗って
最近はたったそれだけのことすらできなく
なることも・・・。

ましてや、人様との約束を守ったり、郵便物を
開けて適宜処理したり、ゴミ捨てたり、生活必需品を
補充したり、季節ごとの生活しつらえしたり、ああ
「生きる」だけで、なんて色々なことが付随するのでしょう。

(* 畠や庭仕事ほぼ停滞中。家事も必要最低限
ギリギリかギリギリ以下だ。ましてや、社交の用事は
棚上げデス)


見守られている感

10月7日(月)

懲りないというか、反省が浅いというか
(いやいや、どこかでもっと遊ばなきゃという
心の声があるのだな。それに従っているの)

昨夜は『七日間の王妃』を見て29時半になる。

(テレビ受信の環境で、地デジは内臓ディスクに録画OK
なのだけど、それを外付けディスクには録画できんの。
うぅ、CS放送はリアルタイムで観なければならん現状だ)



今日は、朝と夕の二回、意外な場所で
「お母さん元気?」と声をかけてもらった。

(前はよくそういうことあったけど、今では
母があまり外出しないことにもなじみ、そういう
言葉をかけられることが減っていた)

地域に見守られている感。

お節介も、好奇心も、心配も、ごちゃまぜ
・・・というか、人とのココロの距離は
本人(わたし)次第なんだね。

I like 夜

根っからの夜型だ。どんなに昼間
だるだるでも、夜が更けるにつれ
だるだるは軽くなる。

なにより、深夜というのは
心がラクになる。

(早起きは何千回頑張っても身につかず
しかし夜更かしは一日にして容易に成せる)

だるだる~、のち「人間仮面」

10月6日(日)

またまた夕べ、夜更かしを。

だるだるだる~。

(体調不良は昼夜逆転だけでなく
生理前というのもあるようだ。今日は
かなりお腹も痛くって。これは子宮筋腫の
影響か・・・)

夕方になるまでカラダがほぼ動かん
状態であったが、夜は地域の用事で
プチ外出せねばならんので

エンジンかけるためにも台所に立っていたら
なんとか夜には「人間仮面」被れるまで復活。

(このひと月ほど、「あー、約束断ってそっとひきこもっていたい」
と思うことの連続であったが、いずれも、キャンセルをせず
頑張って人間活動を遂行。

よかったぞ。

結局、それが自分のなかに新しいパワーを生んだし
わずかな自信の積み重ねにも、きっとなってるね)

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【54件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク