FC2ブログ

平和なクリスマスイブ

12月24日(月)その二

予定外の買い物に出たおかげで
今夜のメインは惣菜売り場のチキン。

あとは、温野菜(カリフラワー、カリフラワーの葉っぱ~
やわらかい、ブロッコリーの脇から生えた葉っぱ~ややかたい
ニンジン、サツマイモ)、おいしいパンなどを並べ、甘いお酒。

腹八分目にして、ミニショートケーキと
カフェインレスコーヒー(ブラック)。

ベタなクリスマスイブご飯も
なかなかたのしいもんだ。



起床時しんどかった割りに
驚くほど動けたな。(良し、良し)

しかし、夜は、陛下と皇后のなれそめの
テレビ番組を見ながら、うっかり寝。

気づいたら一時間ほど経っていて
母ちゃんも珍しく大きなイビキを。

(今日は玄関のあがりに座ろうとして
コロンと仰向けに転がったけど、がんばって
カブラの切り目をいれてくれたし、塩振り大臣を
してくれたし・・・樽に我がごろごろカブラを入れ
合いの手のようなリズムで、母ちゃんが塩を
ぱっぱっと振り入れる・・・おつかれさま。
お風呂も入ったし、お酒も少し飲んだしね)



今更だけど、ささやかな
季節行事を営める日常に感謝。

(疲れてイライラと手作りご飯を用意するより
出来合い惣菜に助けられながらも、ニコニコと
折々の時間を大切にしたほうがいいよな、と
思った今夜)


ポトフ・ゼロ体験

12月24日(月)その一

起床時は「障子貼りday」だと思っていたのに
体調いまだイマイチだし、やることが
わわわっとあり過ぎて、あたまフリーズ気味。

結局、本日のメインは
畠でカブラを収穫してきて
「カブラ寿司」の下漬け。

(あとで考えると、今日やってよかった。
これで年内ぎりぎり間に合いそう)。

(メモ:11キロ強、塩漬け)

(しかし、いざ、塩を用意しようとしたら
量が足りなそうで、夕方だったけど
ぴゅ~んと自転車で買いに行く)



外でカブラを洗っていたら、ご近所さんに
「ポトフつくったことある?」と尋ねられ
なーんも考えることなく、肯定の即答を。

で、何入れるの? 味付けは? などなど
聞かれ、ベーコンとかソーセージを入れたら
野菜のうまみとあいまって、顆粒出汁などは
いらないよ、とか、大根よりもカブラのほうが
とろっとなって美味しいと思う、などなど
べらべらと勝手なことを述べているのであった。

あとになり、気づきました。

わたくしは「ポトフ」なるものを作った
ことがあるのだろうか? 

「なんちゃってポトフ(ポトフ風煮込み」は
多々あれど、本格的にポトフといえるものは
この人生でつくったこと、ないかも。

(たしか、澄んだスープになるのよね。
ああ、やっぱり、つくったことないわ)

ごめんなさい、ご近所さん。

矢が

数えきれぬほど、「きばれないときに
無理にきばっても、いいことなんかない」を
味わっていても、すぐに忘れちゃう。

で、痛い矢が、己に返ってくるのよね。

そして

「きばれるときに、きばっておこう」とも
つい過剰に思いがちで、ここにも矢が。


要は、思い込みがはげしくて、ねばねば病で
バランスとりが未熟なのだ。


矢は、天から勝手にふってくるのではなく
自分のなかの自分が放っている。


通過するだけ





じっくり、しみこませるのじゃ。
(上の言葉を、心とからだに)

「この世は通過するだけのもの」、忘れるなかれ。

困っているのは、わたし。

12月23日(日)

一日中、雨。

(今日と明日は工事のヒトもお休みと
聞いておいたので、安心)

とても起きられそうにない。

目覚ましを鳴る前に止めて、「今日は安息」と
自分に言い聞かせ、15時過ぎまで
布団で休む。



起きたら、母ちゃんの「(録画の)テレビ入れて~」
リクエストがすぐにかかり、コタツの上を見ると
(朝食を大目に用意してあったので、昼食の支度を
さぼったら)、アンパン、クリームパンなど、甘いものを
食べちらかしたあとが・・・。

はふはふ。

今日は安息日!と決め込んだが
リンゴをおすそわけしてくれたご近所さんに
「カブラある? あとでもっていくわ」と
何も考えず言ってしまい

(いや、明日でもいいのだが。宿題をつくりたくない)
雨のなか、畠へ野菜の収穫へ。

その間、ケアマネさんからの着信があったので
・・・すみません。こちらから昨日の報告をしなければ
いけなかったのに・・・、折り返し

「デイサービスは一旦白紙で。
病院の通所リハビリを検討したい。
話は来年に入ってから~」などと話す。



どうも、おいら
思っていた以上の疲れがたまっているようだ。

決めなければいけないことがいっぱいで
行動しなければいけないこともありありで
ニンゲン界との接触でめんたる的にも過負担。

現状に困っているのは、母ではなく
・・・それなりの不自由・不便はあるだろうが
出来る限りのことは家族が先回りしてやっているので
本人には「まあ歳だもの、仕方ない」レベルなのだろう・・・

「困っているのは、わたし」なのだ。



夕方から夜にかけ、別室で過ごす。

夕飯も母ちゃんに一人で食べてもらい

(朝の瞬間見守り?、夜間トイレ起床時の度々の見守り?
昼間のずっと一緒タイム、口腔からお尻まで生活全般のお世話
それがほぼ毎日毎日続くのである。
たまにはおいらにも一人タイムをおくれ。

「ちょっと過保護かな」の自覚はあるし。

しかし、あまり長く母を一人にしておくと
あとのおいら自身の負担が大変なので・・・)



おかげで、(たぶん午後まで寝たのがよかったのだ)
ずいぶんとカラダがラクになった。

年内はムリしないで、最低限のことだけして
できるだけおだやかに新年を迎えよう。

お風呂で(自分を)労う

12月22日(土)その三

母も疲れているのかと思ったら
意外と元気というか、お腹が空いたといって
フルーツサンドをぱくぱく食べて

へばった我は夕飯の支度できず
(あれだけフルーツサンド食べたのだから
母も夕飯は食べられないだろうとも思い)
コタツで休んでいたのだが

仮眠のおかげか、19時をまわって
若干体調がラクになったので、「夕飯食べる?」と
母に尋ねたら、「うん、食べる」とおっしゃり
残り物と母ちゃんが自らチョイスした
一口ロースカツで、間に合わせる。

デザートの林檎&ヨーグルトまでぺろり。

どうやら、精神的にも肉体的にも
疲労しまくっているのは、我だけのようであった。



いつも日中はしんどくても
夜に向かうにつれ元気になってくる
おいらのカラダ。

しかし今日は夜になっても
尋常ではない疲労感。

近年、マリファナが合法になった
諸外国のニュースに若干の関心を
もっていたが

「ここでマリファナを吸ったら
束の間でも疲れが吹き飛ぶのかしら」
なんて妄想してしまう。

日付の変わる頃、冬至の炭酸バブ
カモミール湯で自分を労う。

ここまで拒絶感あらわとは。

12月22日(土)その二

さて、デイサービス見学の三箇所目。

ここでも母、車から降りんと言い張り
仕方なく姉と二人でさっと中を見せてもらい
さいご、ダメもとのつもり、三、四回目の誘いで
母のもとにいくと、そのときには職員さんが
車まで挨拶にいらしていたので、なんとなくその
流れにのって、母も施設の中へ。

(わたしは直接聞かなかったのだが、姉によると
デイサービスのイベントで賑やかに騒いでいるヒトたち
のことを、我が母「キ●ガイか」っと言い放ったそうな。

それでも、廊下に展示されている手芸や絵などは
しげしげと興味深そうに見ている母なのであった)

一箇所目はすこし話を聞いたりもしたが
二箇所目はそそくさと出て、三箇所目も母
数十秒で施設のルームを出てきたのであった。



今日の外出は、母にデイの見学と伝えてあったのに
彼女のなかでは「(姉が来て)車でスーパーにお買い物」と
変換されていたふしがある。

ので、へとへとであったが、帰途、スーパーへ。

そこでは母、カートを押しながら
(けっこう一人で色んな売り場を歩いていた)
何ヶ月ぶりかのお買い物を楽しんでいた。



夕方、帰宅。

工事の方たちは日の暮れるまで
おしごと。

(終了の挨拶に行ったら、当初の予定には
なかった箇所もこの際やったほうがいいのでは
・・・の話が。うーん、それもそうなのだよなぁ)

(なにやら納屋の戸が開いた音が先にあったのだが
道具をしまいこんであった。一言言ってくれれば
いいのになぁ。やんわりとそれを指摘すると
「(勝手に入れて)ダメだった?」ですと。
「ダメじゃないけど、言ってくれれば片付けて
道具を入れるスペースを用意したのに」と本音を返す。

田舎の爺ちゃん職人たち、喋ってみれば
人懐こい印象だ)

デイサービス見学めぐり

12月22日(土)その一

午前前半は雨が降っており
午前おそく、工事のヒト来。



早めの昼食をとり、姉と母の三人で
迷子になりつつ、デイサービス巡り。

一箇所目に行く途中、「△△病院の」と
姉と話していたら、・・・そこは何度か母が
友人や親戚の見舞いで訪れたことのある老人病院・・・
突然、母、「ワタシは△△病院になんか、入らん!」と
強い意志表示。・・・ストレスのあまり、勘違いしたのか・・・
「いやいや、病院に行くんじゃないよ。そこの敷地にある
デイサービスの見学、と説明し、なんとか納得してもらう。

二箇所目は、車から降りようともしなかった。
結局はなんとか降りて、中に入ったものの
すぐ出てくることに。ま、ここは、わたしも「無しだな」と
思ったところだった。

三箇所目に行く前、ファミレスでパフェを食べて
(母の現実逃避タイムもかねての休憩)

・・・ペットボトル茶、みかん、おやつを
バッグに用意してあったのだけど、とても車内で
和気あいあいと、おやつを摂る雰囲気でなかった・・・

それでも次の約束時間より少し早かったので
さらにほかで時間をつぶす案もあったのだが

「この勢いに乗らなければ、くじけてしまう」と思い

そのまま三箇所目に行くことに。



工事はじまる

12月21日(金)

朝、母を伴いゴミ出しをしたあと
食事を用意し、(いつも母の朝食を、前夜に
支度しておくのだが、ゆうべはさぼったので)

さて、もう一眠りしよう、とお布団に入って
ほどなく、外が騒々しい。

うぅ、外壁の工事のヒトか。

(天候次第とは聞いていたが、急に来るのね。
どどどっと)

ひとまず階下に行って、対応せねばと思ったが
どうにも体調がすぐれず、パジャマの上に
上っ張りを着て、コタツにもぐる。

ヒトの声、ドタバタと機材などを
運ぶ音。

いつもなら、踏ん張って、ヨロシクオネガイシマス、と
自分から挨拶をするところだが、そんな瞬発力も湧かん。

もう、知らんぷりするしかない・・・。

と、コタツに隠れていたが

けっこうな時間ののち、担当の方が
玄関に挨拶に見えたので、はふう

ニンゲン界の力をふりしぼる。



それにしても、外壁をめくるって
ものすごーーーーーーーい音がするのね。

生きた心地がしないレベル。

(耐え難きに近い音であり、・・・今日やったところは
隣家のほうがうるさかったろうなぁ。すみません・・・・
家から脱出したかったけれど、老母を一人にするわけには
いかず・・・しかし、老母にはこの騒音が我と同じレベルでは
伝わっていない様子・・・、コタツでなんとか時間を過ごす。
うつらうつらして変な夢をいっぱいみた)

もともと体調がすこぶる凹んでいたのだが
この工事の音で、なお凹凹凹に傾いて

お茶も出せませんでした。

17時前、本日のお仕事終了の気配があったので
お礼を言いに外へ出て、なんとか挨拶を。



洗面台の交換を、来週できると連絡あるが
とてもとても対応できる余力なく
・・・来週はひとり宅に行く用事もあり・・・
年が明けてからにしてもらう。

来週の内科に行こうと思った日
「もしや」と思い、ネットで調べたら
ビンゴ、休診日となっていた。

(キリスト教の病院だから、クスリマスは
お休みなのだね)

歯医者の予定だった日(歯磨き指導うける余裕
今ないわ、と先日キャンセルしておいたので)
内科に当てよう。

あうあう、年の瀬だ。

たぶん夜食はカレーうどん

12月20日(木)

なにがしかしていたはずなのだが
まったく記憶がない。

あぁ、バリバリと雷がとどろき
・・・この地方特有の冬の雷・・・
養生気味でいたのかしら。

たぶん外には出ていない。

食事は作り食べたはずだが
これもすっぽり記憶がない。

(夜食にはレトルト品を使い
カレーうどんを食べたのかな)

婦人談義の昼下がり

12月19日(水)  

電器屋でトイレ用の暖房機など
ホームセンターでお正月の鉢植えを選ぶ。

電器屋ではご婦人と店員の会話に自ら参加したり
~トイレと洗面所の暖房器具を探している方だったので
つい自らの体験をあれこれ披露してしまった~

ホームセンターでは我の手にした鉢植えを見て
「あ~ら、奥さん、可愛い花ね」と、見知らぬご婦人から
話しかけられたのはいいが、そのうち「なんだからかんだら…」と
育て方を質問されて、~我も分からないことばかりだったので
同じ種類の花がまだあちらの売り場にありますよ、と逃げた~

本午後は、婦人談義となったのだった。

(平日の日中、外をうろうろしている中年女性は
イマドキ超めずらしい専業主婦と、見なされるので
ソレにあわせるのである。めんどうだから。

わたしと同年代ですら見かけないのよね。
ご婦人と書いたが、まあ、どちらも70歳半ばほどか)



いったん帰宅して、荷物を置いて、またまたすぐに
(雨が止んだり小降になったりなので、この隙に!)
れっつごお。

ドラッグストアで、ポリデント、歯磨き粉、入浴剤
ハイチオールC、ユースキンA、布テープなどなどと
食料品やお酒を買い込み、帰宅。

はふっ。

半月ほど、電球切れのままだった、廊下の天井ライトを
帰宅後、交換いたしました。(けっこう大変だった。
4万時間もつというLEDにしたので、わたくしの寿命の限り
ここの電球はもつだろう。・・・しかし、今回、一箇所だけ
電球切れだった。廊下の他の電球、同じときに取り付けて
同じ時間だけ使用しているはずなのになぁ。電球にも
消耗の個体差あるの?)



新しく買った(トイレか洗面所に置く予定の)
ミニサイズの温度湿度計、いつも居間で使っているものと
並べて比べてみる。

はじめは温度も湿度もかなりの差で
何時間かかけて温度が1度以下の差となったが
湿度は翌日になっても10%近くの差。



本日の晴れ間。

moblog_ecd2c2ae.jpg縁側から

moblog_2cbc3315.jpg近所の空

冷凍弁当をチン

12月18日(火)

朝9時から、足場建ての作業。

雨のなか、ありがとうございました。

(例年なら積雪しててもおかしくないのだが
今年はやはり暖冬なのか、毎日、雨だ)



ちょいちょいお野菜をもらうTボさんから
「カブラある?」と電話がかかり、今年は
近年で最もカブラ生育がうまくいっている
のだけど、そんなときだけ断るのもナンだ
と判断したらしい母ちゃん。

(そういえば、去年はカブラがほぼ全滅で
・・・大きくならないし、中が黒ずんで・・・
超大量にTボさんからカブラを分けてもらった
のだっけ。買ったら数千円分)

そして家の人の軽トラでカブラをもってきてくれた
Tボさんのおばあちゃんにお茶を飲んでいって
もらいました。

そんなこんなで、あっという間に昼。



生協の今年最後の注文に数時間。

(先週さらっと一読して、ゆうべ念入りに
選び、さらに本日またじっくり・・・)

生協の配達が二週空くなか、去年のような
大雪が降ったら大変だし、年始の来客用に備え
あと母や我の衣料品も欲しい、などなど
で、ひゃー、何万円分になるのでしょう
おそろしい。(←と冷静にひゃーとなったのは
注文しおえたあと。(なにより、冷蔵庫・冷凍庫に
おさまるのであろうか?)



今夜は、コンニャク炒煮だけ作り
冷凍弁当を2種チンして、ゆうべの赤味噌
豆乳汁を温めて、漬け物を並べ、すます。



夜中は、苦行気分で
数年ぶりの男子トイレそうじ。

(水漏れしているかも? で
男子用便器の水栓を止めたあとも
ここで用を足した者がおり、臭い!
軽い積雪ごときのホコリが!)

そして、洋式トイレとの仕切りに
分厚い合板のパーテーションがあるのだが
室温を保つため(男子トイレの冷気が
洋式トイレにしのびこまぬよう&洋式トイレの暖が
男子トイレに流れぬよう)パーテーションの
下の隙間に発泡スチロールを
上の隙間にプチプチ梱包シートをほどこす也。

後日談:しかし、プチプチ梱包シートは数日で
落ちてしまった。もっと強力なテープで止めねば!



脇役プチ惚れ

『僕らは奇跡でできている』と『西郷どん』と
あと観ていたのは、『獣になれない私たち』と
『大恋愛』でございます。

とーとつだけど、お笑い芸人の
富澤たけしサン(サンドイッチマン)
なんか、いいわぁ。

・・・『大恋愛』で、ムロツヨシの先輩役。
引越し屋のユニフォームが似合っていた・・・

じわっと、くるの。

あの魅力はなに?

あと、『僕らは奇跡で』の
トリンドル玲奈サンもいい感じだった。
(キャラクターとしてはかなり好きな役柄。
↑自分にないものへの憧れ的なところも大きい?
さりげなく大事なことを言ったりね)

と、今回は、ドラマの脇役にも
プチ惚れ続きだったのでした。

『西郷どん』おわった

今シーズンのドラマがおわってしまった。

そして、大河『西郷どん』も・・・。

あうあう、さみしい。

(毎晩、頭ぼおっとして、集中力ないのだけれど
録画したメインドラマはがんばって観おわりました)。



「チェスト~、気張れ~」と、先日は
力のはいらない、庭仕事をする自分に
小さな声をかけておったよ。

これから、自分にカツを入れる
おまじない言葉に「チェスト~」を
登録しておこう。



大河ドラマ『西郷どん』始まったときは
この歴史オンチのおいらが西郷隆盛に
魅了されるとはまったく思わなかった。

最初のうちは「殿」の画力が強すぎて
渡辺謙のドラマかいな? くらいに思っていたし。

それがそれが、いつしか西郷さんに惹きこまれて
おりました。

主役の鈴木亮平さんの(映画などの)
役に合わせた肉体づくりの評判は知っていたが
ほんまほんま、このドラマでも
役にあわせて身体どころか、顔つきまで
はっきり変わってゆくの。

西郷の成長や成熟が匂い立ち

もう俳優さんが、そのまま西郷さんに
見えてくるという。(それ以外の見方ができない)



ラスト近くになって、せつなかったねぇ。

特に「うぐっ」ときたのは

新政府が出来て、他の高官たちが
贅沢な食事をしているなか、西郷がひとり
熊吉の用意した握り飯を食べるシーン。



今更のカミングアウトだが、おいらには
無血開城とか上野の銅像くらいのイメージしか
なかったのだが、二度も島流しにあっていたとか

ラスト回、「最終的に西郷をどうする」との官側の会議で
「ここに居る者で西郷さんの世話にならなかった者がおるんか」と
どなただったかおエライさんが発言するのだけど

西郷本人は、あたらしい日本を作るために
みずから死に向かって突き進むのね。

時代に取り残されようとしている
仲間たちのためにも。

(しかし、西郷の死の前後のあたり
ちょっと臭い演出がつづき、ここを(観る側が)
美化して受け取ってはいかん~とは感じた)



年末は総集編やるんかな。

大河ドラマ『西郷どん』
この一年間、お世話になりましたー。

茶の間から感謝申し上げます。


ボクの光は

ドラマ『僕らは奇跡でできている』

(数回前の、「光のなかに他の人が入ること
それもまたいいんじゃないか」というおじいちゃんの
話のあと、どんどんと主人公・カズキはひかりを
広げていくのよね。そしてそんな一輝のひかりが
まぶしくてたまらなかった先輩から超キツイ言葉の
パンチを受けた。のが前回の放送)

最終回のセリフ一部メモ

カズキ)
光をおおきくしたら、嫌なことまで入ってきて
つらくなっちゃって。

おじいちゃん)
そうか。よかったな。

(・・・失敗だと思うことでもその経験をしたことで
分かったことがある、エピソードの数々回想)



森のなかでカズキ。亀に向かって)
つらい気持ちだって、光だから。

森のなかでカズキ。空に向かって)
これからもボクのなかの光を広げてく。



カズキ)
鮫島先生、謎が解けました。鮫島先生に呼ばれて
ここに来て、いろんな人たちに出会って、(略)
ボクのなかの光が大きくなっていきました。

嫌なことも辛いことも消そうとしないで
全部光で包んだら、ボクの光は無限大になります。




「順調、順調」が口癖の鮫島先生。
色をつけず、カズキを見守って
「今までだって順調だったし、これからも順調」と
言ってのけるのさ~。

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2019年 08月 【62件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク