2018/02/27 (Tue) 更年期(主観と客観)

先日、ホルモン補充療法で、更年期の
様々な症状がおさまる(不眠にも効く)
とメモしたことの補足。
http://picnik.blog91.fc2.com/blog-entry-6481.html

血液検査で、女性ホルモン
(エストラジオール)の値をはかり
自分の更年期状態をチェック。

FSHという卵胞刺激ホルモンが
二桁になると更年期の可能性有り。
(つまりは閉経が近づいていると?)

        ☆

うーーん。

これまで市民検診すら受けたことのない
身であるけれど

そろそろ、わたくしも老化加速のお年頃。

来年度はカラダの外部チェックを受けようかな。

(骨密度も計りたい。今現在の値も気になるが
今後うん十年、どう変化していくのか興味あり
その指標とするためにも)

        ☆

更年期でよく聞く「ホットフラッシュ」なる症状を
ワレは経験したことがなく、諸々不調は、生来の
うつっぽから来ているのだろうなぁと捉え
漠然と「更年期かもねぇ」とは思いつつ
これといった対策をしていない。

(たまたま冷え対策で処方してもらった
漢方が、更年期の諸症状に効くものであった)

しいていえば
四十代になってから、過眠がほとんど消えて
その逆転症状が起こっていることくらいかな?
(不眠も更年期症状のひとつとは最近知った)

あと、三十代までは超不順であった生理が
四十辺りから、初めてわりと毎月くるように。
(一般的とは逆のパターンか)

え~っと、以上のようなことは
web公開する必要はみじんもないのだが…。

血液検査で、客観的に「自分の状態」が分かれば
色々と対策の打ちようもあるのでは~と期待する。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/27 (Tue) なにをしても滑稽

先日、一日デジタルデトックスをして以来
なんとなくブログを書く気力が低いのだが

ちょっと書き始めた話があって、うだうだうだ~
と相変わらずの「長い連なり」遊びをしてしまう
(きのうと、きょう)。

そして、そのことを「箱庭治療的」とも
思い、即席の文字にするのだが

数時間も待たずに

「とーんでもない。わたしの書く行為って、結局
“自分で自分を肯定するため”の材料探しなんだ。
自意識のなぐさめに他ならん! 

なにが治療じゃ? 

ますますこじらせている?」と省みたり。

あぁ、これも、いつものことなり。

          *

あまりに自分の見ている世界が狭くて
そのことを
アリバイ的に思い出しては、愕然とする。

狭い世界を、閉じて、ほじって・・・
傍から見たら、ものすごい滑稽だろう。

しかし

人間、なにをしても、所詮、滑稽なんだ

という、なぐさめの考えも少し遅れてやってきて

色々な思いを相殺することにする。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/26 (Mon) エアーチーズケーキ

2月23日(金)

寒さの緩みを日々、体感。

(日中が氷点下になることも、もうないだろう)

ちらっと聞えた、テレビのお天気キャスターによれば
「今後は春の訪れが早いでしょう」とのこと。

         *

今日は色々頑張る積もりだったのに
ブランチ後、午睡のワナに落ちてしまう。

(起きなきゃ、と思いつつ寝ているからだろう
ワレにありがちな設定の夢のなかでハラハラ)

夕方、なんとか、母ちゃんにお風呂に入って
もらっているあいだ、台所に立つ。

高齢親子の慎ましい、でも、ちょっとだけ贅沢な
八十四歳のお誕生日ディナーなり。

予定のチーズケーキは作れなかったので
即席で、エアーチーズケーキなるものを
こしらえて

今日届いた(Y姉さん、ありがとうございます。
去年貰ったお歳暮カタログから選ばせてもらいました)
三ケ日蜜柑と一緒に、デザート、だん。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/26 (Mon) なぜかタラチリ

2月22日(木)

あしたの食事の買出しへ。

普段は手の出ないお値段のお肉とか
買うのを控えている外国産の大きなエビとか
緑の野菜とか・・・、鉄板焼の材料色々

スーパーのスイーツ系はちょこちょこ食べているので
ここはあえての手作りか! と、その材料など

を一通り揃え、「うむ、お酒はマッコリじゃ」と
ひらめいて、探したのだけど無く、(売り切れだった)

近くのドラッグストアーに足を伸ばす。
(ありました。スーパーよりも酒の品揃えいい)

帰宅の途で、17時のチャイム。

おお~、明るくなりましたのぉ。

          *

今日は「おでん」のつもりで、出かける前に
大根と里イモ、それから卵を、ゆでておいたのだけど

スーパーの魚屋で「タラの頭と切り身」に手がのびて
(毎回同じ売り場に並んでいるのに、なぜ、今日に限って)

予定変更の、タラチリなり。

母ちゃんからは、「お醤油で濃く煮たほうがよかった」
との感想をいただきましたが、タラチリのお汁は
おいしいおいしいと飲み干してもらい、まあ、よかった。

(タラの煮付けは、覚えていたら、今度ね。
でも、今シーズン、そろそろタラもおしまいか)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/26 (Mon) すべての前提は「調和」であって、「自由」は架空のもの?

内田先生の「自由」の見方に、ふむふむ。

「最近の日本社会には自由がないのでは」というご質問へのお答え。日本人は自由を求めていない。求めているのは調和です。本邦では「私は自由です。何者にも束縛されません。凡人ちゃうよ」とうるさくアピールすることを余儀なくされます。
               *
パリで晩夏によく見る風景は「毛皮を着ている人」と「半袖半ズボンの人」が並んでいる風景です。どちらも相手のことも周りの人の視線も気にしていない。あれがたぶん本場の「自由」なんです。日本の場合は「自由人の定型」というものがあって、そのコードに従わないとそう認知されません。
               *
日本人はそういう時に「自分の気分」と「周囲からの反発や評価」「オレの好み」と「流行」などもろもろのファクターの折り合いをつけて適切な「落とし所」を探ります。そして、「バランスのいい落とし所」に落ち着くと、達成感と解放感を覚える。それは「自由の達成」とは別物です。


内田樹さんのツイート(2018年2月20日)より
https://twitter.com/levinassien


「自由人の定型」にしがみついても
ちっとも自由でないというのは、よくわかる。

所詮、周囲の視線を常に自己内に置き
あっぷあっぷしているのが、わしらだから。

日本人の自由(観)は、他とのバランスによって
成り立っているといえるのかもね。

そして

バランスを乱し、わが道を歩む者を
わしらの国では我儘や変人と云うなり。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/25 (Sun) 木曜ドラマ『リピート』

テレビの観過ぎで睡眠不足なんて
自己管理が出来ておらん! のじゃなく

「あしたは天気が崩れるようだし
夜更かしをたのしんじゃおうっ」と
あえてのテレビ三昧をした、これは
ある意味での自己管理だわな

というのは屁理屈かしらん。

(ここで、思わず、すみません、っと
云ってしまいそうになるあたり
我も、日本人よのぉ~)

         *

今シーズンは、ほぼ毎日のように
観たいドラマがあって、忙しい。

そのなかで、木曜深夜のドラマ
『リピート』は、録画のたまる一方で

このまま観ないことになりそうだなぁ
なら、いい加減、予約録画を止めたほうがいいなぁ
一応、第一話だけ観てみるか・・・

と、消極的だったのが

惰性で(?)第二話、三話と観ているうちに

あれれのれ、ハマってしまった。

(一話目までは、よくありがちなタイムトリップ系の
ストーリーで、毎話、主人公を変えた「人生やりなおし」
なのだろうと誤解をしていたのだけれど

二話以降も「リピート(=タイムトリップ?)」体験をした
登場人物の人生が継続していくのね。

色々ナゾがあって、おもしろい。

☆ドラマ『リピート』公式サイト☆
http://www.ytv.co.jp/repeat/

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/25 (Sun) 今日は「うっかり」じゃないよ

2月21日(水)

いつもは、うっかり午睡をしてしまう我が身だが
本日は「寝ないと身がもたない」と、あえての
昼寝三昧。

(朝方までテレビドラマをまとめ観ていて
睡眠不足なのである)

          *

庭の雪、かなり融けたなぁ。

一昨日は「雨水」だっけ。

寒さ、ぐんと緩んだ体感だ。

          *

夜は味噌ラーメンにいたしました。

(モヤシと玉葱はチンして、ゆで卵の代わりに目玉焼き。
チャーシューの代わりにカニカマ、ネギの代わりに
貝割れを。あとは麺と一緒に生シイタケを茹で
そこにスープダレも投入。さいごに焼き海苔を)

ビバ、ビバ、手抜き夕飯。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/25 (Sun) (三)世界を複数もつ意義

しばらく前に、阿川佐和子さんを
テレビ番組で拝見する機会が続いた。
(『ボクらの時代』前後編、『金スマ』と)

そのなかで、高齢結婚を選んだ理由とか
結婚生活の話(趣味嗜好が合わないことを
お相手さんは「趣味が二倍になったね」って
表現するんだって~)がおもしろく

また親の介護の話も勉強になった。

何年、何十年続くか、わからない
そういう構えが必要。

ストレスを溜めないために、うしろめたい
こともする! だって!

介護に没頭しない。仕事など
ほかの世界をもっていることの大切さ。

うんうん。

だいたい分かっていたんだけどね
阿川さんが語ると、一段と説得力あるわ。

          *

子育てにせよ、介護にせよ
他の世界とも関わることで、苦しさは
何分の一にもなる。

仕事だけに没頭するよりも
趣味をもっていたほうが、仕事のストレスは減る。

つまり

世界を複数もっていればいるだけ
その世界ひとつずつの負担感が軽くなる

の法則なのだ。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/24 (Sat) (二)高齢母娘の共依存

介護と呼ぶにはおこがましい

生活サポートと、心の安定剤的な
存在だと、今の自分の立場を
とらえている。

          *

閉じた生活は、共依存を高める。

母は(生活サポートされている、の
自覚は薄いようだ。あれやこれ出来なく
なってきていることを認めたくないのだろう)
主に精神的に依存して

わたしは、自分の人生に向き合うのを
棚上げにして、親や実家の世話をして
いることで、色んなことをごまかしている。

(今はそういう時期なんだと、自分に言い訳)

          *

たまに、高齢親子の悲しい事件が報じられる
ことがあるけれど

まったくの異次元のこととは思えない。

共依存が深まると、外部にSOSを出す
気力も発想も失われてゆくのだろう…
内に内に問題を押し込めて、やがては
溶かすのがムズカシイほど固まっていく…
そんな道すじが想像される。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/24 (Sat) (一)おこもりさんの相乗

わがままよのぉ。の話の続き。

そう、わがままであるのは違いない。

でも、人間だもの、当たり前だよな。とも思う。

          *

一番の問題点は、わたしが閉じた生活をして
いることなんだ。

母が老年になり、家に閉じこもりがちなのは
仕方のないことで

ならば、客人を招いて、家のなかを賑やかに
すればいいのだし・・・(←思いはあるが
いつ、自分のメンタルが悪化するかの
不安があって、なかなか実行できないでいる)

「おこもりさん(母)」と「おこもりさん(我)」の
互いのエネルギーが相乗して、ますます
おこもりどんより空気が家に充満するのだ!
という仕組みに、なんとなく気づいているのだから

わたしがもっと外出をすれば、いいのですな。

(最低、外出をしなくても、実家のなかで
もっとスペース別けをするとか・・・。現状は
暖房代の節約のため、日中は同じ部屋にいる)

          *

良くも悪くもここは龍宮城で
いつか、玉手箱を開ける日がやってくる。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/24 (Sat) 静養の日

2月20日(火)

ここ最近、外に出ることが多かったのと
お月のものでカラダも重くて、一日おこもり。

(炊事だけして、あとはほとんど横になる)

          *

この冬は、数日を除き、ず~っと実家に滞在。

「老母のおかげで、わたしの生活も少しは
ハリがでているのだ。感謝、感謝」と思う日も
あれば

心身調子のよろしくないときは、一日
母の付き合いをしていることにうんざりする
ことも。

わがままよのぉ。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/24 (Sat) 女性の更年期

『あさイチ』の女性の更年期の回を観る。

血液検査で女性ホルモンの値を知ることができるのかぁ
ホルモン補充療法で不眠が治るケースもあるのかぁ

など、勉強になりました。

人によって症状はさまざまだけど
多くの女性が更年期症状に悩んでいるのだなぁ。


   *     *     *     * 


ジェーン・スーさんが、こんなことを言っていた。
https://radiocloud.jp/archive/so/

「本を1冊読み終える事が出来なくなった」という
42歳の女性の悩みに答える回で。

四十過ぎて、集中力なんてナイでしょう。

なんらかのドーピングをかまさないと、ムリですよ
わたしたちはもう。

集中なんて、ムリ、ムリ。

(相方:ないねー)

ぜんぜんムリ。

男性はちょっと分からないですけど、女性で
わたしの友達含めてよく言っているのは

すごく体調のイイ日と、ものすごく体調の悪い日・・・

体調の悪いというのは、別に熱があるとか吐き気がするとか
お腹が痛いとかじゃ、ないんですよ

もう、ぐったりしちゃって「動けない」みたいな日の
落差がどんどん激しくなってくるんですよ。

「基礎体力」上げていかなきゃね、っていう話をしながらも
こんな状態で集中なんて出来るわけないから

そんなのムリムリムリ~、当然だよ。

    TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」2月19日放送より


まあ、スーさんのこと、以上は前置きであり
このあとは、実用的なアドバイスを
しっかりなさっておりました。


   *     *     *     *   


わたしの場合、どれほど更年期症状が出ているのか
わからないのだけど、(20代も30代もシンドかったから。
でも、たしかに40代でぐっと変わった点もあり)

ばくぜんと、原因不明の体調不良とか
ウツによる不良だけよりも

「これは更年期のせいもあるのだ」と思ったほうが
なんとなく、どこか救いがあるような気もする。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/24 (Sat) 季節の移りと、お刺身

2月19日(月)

昼食後、いつものように横になったものの
「このままでは、コタツ寝で日が暮れてしまう!」と
じぶんにはっぱをかけて外出。

・先日、精米するとき、お金を忘れて家を出てしまい
途中で借りた「百円」を返しに行って、少々の立ち話。

・母ちゃんのお使い用事

・電気屋さんで電池

・ホームセンターで、ゴム靴(母用)、台所マットなど

・予定外だったけれど、果物や飲料を買っておくと
次回の買出し時、ラクだなと思い、スーパーにも足をのばす。

(いつも人間のご飯やおやつを優先して
忘れがちな、仏壇用の花も買えて、よかった)

思いがけない活動日となりました。

          *

寒さも緩んできたことだし、久しぶりに
お夕飯のメインディッシュにお刺身を。

(近海地魚のお刺身盛り合わせ、「3時つくり」の
シールが貼ってあり、まだ4時前後というのに
早くも「二割引」になっていた。なぜなぜと訝り
隣で売り場の整理をしているお兄さんに聞いたら
「ちょっと色の悪い部分があって~」ですって。
へーっ。わたくしにはノープロブレムですよっ)

フクラギ、甘エビ、イカ、最高だったのはバイ貝!

食卓から、少しずつ冬が遠のいていきますの。

(暖かいと、生魚にも食指が動く)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/24 (Sat) 永遠のフォーク

2月19日の未明

日中、あれだけ活動したのだから
・・・バケツとスコップもって、てくてく畠を往復。
究極のひとり遊びのような、雪原掘り・・・

カラダへとへとで、夜はぐっすり、の
つもりが、そうは問屋がおろしません。

早めについた寝床にて
財津和夫さんの特集を聴く。

今日は財津さんの70歳の誕生日だそうな。

「誕生日の花はチューりップでなく、アネモネです」
と、ラジオの男性アナウンサー。

          *

わたくしは、『青春の影』など、大好きです。

(昭和アイドル歌謡はピンとこないけど
あの時代のフォーク全般、昔も今も身体に呼応する)

フォークソングって、出会ったときが、すでに
「ちょっと古い」存在だったのだけど、わたしにとっては
その距離感がぜんぜん変わらずにあり

今、耳にしても、ちょうどいいのよね。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/23 (Fri) 「ココ掘れ、わんわん」

2月18日(日) その一

しずかな日曜の午後。

だいぶ雪どけ進んだとはいえ
あたり一面、マイナスイオン漂う。

moblog_310d7ad3.jpg

海のほうの空はくらいのに、山のほうの空は青く
サングラスが欲しいほど、白の照り返しがまぶしい。

moblog_434b3501.jpg  moblog_25dd5fde.jpg

だーれも通らず、ひとりの時間。

moblog_dcae27e7.jpg

軍手を忘れたので、素手でスコップ。

一時間半「ココ掘れ、わんわん」をしてみたけれど、

探し出せたのは、エンドウ豆の苗と
イチゴの苗と、結球してない赤ちゃん白菜。

moblog_0c33f853.jpg

汗をかきました。

moblog_c257a2d7.jpg 


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

最新記事

過去ログ

2018年 05月 【78件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク