FC2ブログ

Jアラートという名のコント

9月15日(金) その二

Jアラート、やらは、政府が
あえて国民の関心をそこに向けさせ
&危機感を煽るために
相当な意図をもって発信している
と、わたしは思っているのだが

(この件については、そもそも領空侵犯じゃない
から始まって、山のような突っ込みどころありますね。
以下略)

提灯持ちのような、マスコミの報じ方にも
ほんま、うんざりだ。

夜の某ニュース番組を見ていたら

(北海道の大雨を取材中に、たまたまJアラートが鳴ったそうで)

テレビクルーが、取材対象者に
「危ないから、いちを、建物のなかに
はいったほうがいいですよぉ~っ」と言って

取材対象者は、テレビ撮影されている最中に
そんなこと言われたら「仕方ない」という感じで
のろのろと建物方向に歩き出す

という映像があり

コントかい!? と思った。

(あーた、ほんとうに危険と思ったら
そんな映像を撮るってる場合じゃないでしょ)

また、別のニュース番組では

政府の人がゲスト席で

「日本になにか落ちないとも限らないですからね。
(だからJアラートは必要で、避難も必要)」
というようなことを話しておった。

しかし、「落ちる」を心配しておっては
四六時中、アラートを鳴らさねばならんのではないか
(ただいま、人工衛星通過~、なにか落ちてくるかも
しれないので避難せよ~っと)

宇宙空間の飛行物を心配しては、日常生活が成り立たんし
そもそも、通過したあとに、お知らせされたって、ねっ、なのだ。
(あらかじめ発射が分かっているときは、通過前にアラート
間に合うのだっけ? しかし、それって・・)

(北は、日本なんて殆ど目に入れてないだろうに
日本が勝手にギャンギャンと啼き騒いでいる?
北の行為は問題であるが、それはそれとして
日本が半ば自作自演的に問題を膨らませている面も
大きいのでは?)

それよりなにより
ならば、なぜ原発止めないの?

という突っ込みがなされてしかりなのに
テレビのなかのヒトは誰も何も言わないのであった。

う~~。

政府の対応、マスコミの報じ方に
ほんま、腹が立つ。

(前回のアラートはあきれる!の感想だったが
今回は腹立たしさのほうが先に来る)

国民に恐怖を植え付けてる
だけじゃないの!

(ま、それが日本政府の目的なんだろうけど)

Jアラートの名のもと、日本国のあちらこちらで
強制コントが起こるなんて、悪夢のようだ。



チャーハン(家事えもんヒント)

9月15日(金) その一

夕方、畠へ。

(先日から気になっていた
イチゴの苗の後始末とか、紫蘇
・・・ひと夏終えると、両手を使っても
引っこ抜けないほど太くなるものも。
先月も相当抜いておいたが、母さま
今年はもう紫蘇ジュースを作らないと言うので
放っておくと、種がこぼれるばかりだから
数本だけのこして、あとは抜いてしまおうと)

わっし、わっしと作業。

すがすがしい秋晴れ、カラダを動し続けると
それなりに暑いなー。

  *         *         *

晩ご飯は、きのうのTVで見た
「家事えもん」レシピにヒントを得た
チャーハン

・・・温めた雑穀ご飯に、納豆のタレ数袋分まぜ
生卵を混ぜ、それをフライパンの上に移して
加熱&半分放置する(あまりイジらない)・・・

あとは、サバの酢漬け、ほか
残り物いろいろ。

(このチャーハンは、超ラクで、失敗少ない調理法だと思う。
うちにはコンソメなどの化学調味料がないので、余りがちの
納豆のタレを使ったが、ダシ系調味料と塩コショウを
事前にご飯に混ぜる、というのも良さそうだ。

具も、しらすとか、穂紫蘇とか、必ずしも加熱を要さないものなら
これも事前に混ぜ混ぜでいけると思う。・・・・・・いや、それなら
完全あと乗せのほうがいいのかな?

基本は「加熱前にご飯を調味」(ケチャップ類もいけそう)で
今後、チャーハンを作るとき、色々と応用していきたい)

ありがと~う、家事えもん。


◎ 上記は、あくまでヒントにしただけで
家事えもんレシピではありません。たしか
TVでは、「卵は、フライパンの脇に直割入れして
炒り卵にする」式だったな。

卵をしっかり味わいたいときは、こっち(炒る)の
ほうがいいと思う。

4.ネットで見る夢

この社会では
「一人はさみしい」の価値観を
分かち合うことよりも

「ヒトと一緒にいるのは辛い」という
感覚を共有するほうが、はるかに難しい。

         *

インターネットの浸透により

自分以外の人間の「個性」を知る
可能性がぐんと上がった。

ときには

(もしかしたら自分だけかと思っていた)
現実生活ではシェアすることのない価値観を

ほかにも備えている人間がいることを
ネットの世界が教えてくれる。

たとえ薄皮一枚の共有だとしても
その意味は大きい。

         *

だから、わたしはインターネットに
夢を見る。

これからもネットの隅っこをのぞきながら

素直に、ややアホ気味に
インターネットの世界に夢を見ていくだろう。

(おとぎ話といわれても、わたしには
一種の現実なわけで・・・)

3.「ひとり好き」の傷

ニー仏先生の、あの言葉に

なぜ救われると思うのか?
なぜ癒されると感じるのか?

答えは簡単だ。

小さい頃から、「みんなと過ごす時間こそ
たのしく、すばらしい」、それが当たり前…
それが人類共通のまっとうな感覚… だと

それしか答えがないような
経験ばかり積んで来たからだ。

ヒトと一緒に過ごすこと・一緒になにかをすること
モノや体験や感情をシェアすることが

善であり、正しいことだと

周囲を見て、学んできたからだ。

だから、「みんなと」「誰かと」じゃなくて
ひとりでぽつんといることに安心感を覚える

「ひとり大好き」の芯を、そっと抱えてきた者にとっては

そういうマジョリティに溺れることのできない

自分の異端ぶりが、幼き頃から
「傷」であったヒトもいるのではないかな。

(わたしは明確な自覚はなかったが、中年になった今
振り返ってみると、たしかに「傷」だったかもしれない)

ニー仏先生のようなお方に
あのようなツイート発言をしてもらえると

傷が、消えそうになるんだよ。

少なくとも、傷の痛みが減ったように
感じるんだよ。

2.ニー仏に合掌

前置きが長くなった。

「インターネットの世界には、現実世界で
なかなか語り相手のいない我にとっても
なぐさめの要素が転がっている」

一例を書きたかったのだ。

           *

キツい時に誰かと居たいと思うタイプか、独りになりたいと思うタイプかで、人生ずいぶん違いそうだな。
https://twitter.com/neetbuddhist/status/908578570745741313

いつも言うように、「他人と居ることでHPが回復する戦士系」の人間と、「他人と居るとMPを失う魔導師系」の人間がいるんですよね。後者は基本的なモードとして他人と居ることがストレスだから、つらいことがあった時には、他に余計なストレスの種を抱え込みたくないので独りになりたがる。
https://twitter.com/neetbuddhist/status/908586153535692800

この、(同様のことを過去にもツイートされてましたな)
ニー仏先生の言葉に触れて

救われた気持ちになる者は、一定数いるだろう。

(わたしは、どハマリでした)

だからといって、彼は、ヒトを救うために
こんなことを書いているわけでない!のスタンス・・・だから
わたしはひっそりと心のなかで、感謝申し上げる。

1.ネットと本音

わたしは、ブログ上で、「インターネットのいい点」を
語ることはあっても、負の要素は(あえて)
あまり語ってこなかった。

          *

十年以上前、ネット上の個人の「本音」は
・・・他者や社会への文句であったり
どろどろとした自己否定であったり・・・

読む側にも、書く側にも、おもしろく
それなりに評価される空気があったと思う。

(それまでは、本音を発する場が
なかなか無かったからね。目新しかったわけだ)

だが、今は、本音というのはネット上に
ごろごろ転がっており

多くの者にとって、食傷気味なんだろう。

          *

(いや、SNS界隈では過剰なまでに
「見せる自分」に躍起になっているヒトが
いるとも聞くから、わたしのこの見立ては
時代遅れなのかしら?)

(今は、本音を隠して
ネットと接することが多いの?

若者のなかには「ネット=本音は封じる」という
マナーというか価値観もあるらしい)

(色々と時代遅れのわたしには
なかなか実感のつかみ難いところだなー)

一角にタッチ

9月14日(木)

ホームセンターへ。

道中の田んぼ、半分ほどが収穫済みで
半分ほどが黄金色の稲穂が垂れており

きのうの地元ニュースで
「週末は台風到来の可能性あり。
その前に稲刈りを!」と、呼びかけていた
ためもあってか、ちらほらと

田んぼで作業する方たちも。

         *

過日、だいたいの冬野菜の種&苗を
買ってあったのだが、なぜか今年は
(種まきした)白菜の育ちが芳しくないらしく

母より、白菜の苗のおつかいを頼まれたため
苗売り場を見ていたら、「紫白菜」というのに
目がとまる。

おためしに、ひとポット、チョイス。

他、一般的な白菜の苗、聖護院かぶらの種と
キャベツ苗、来春用のストックの苗(3色)
それから、ままごとのようなシャベル(98円)
・・・夏まで使っていたのはどこ行った?
今年は畠道具の失くし物が多いなぁ・・・
あと、バラの用土を買って、帰宅。

夕方は庭で軽く作業して、のち

遅い時間になってしまったが
スーパーへ。

母に、玉葱の甘酢着けと、味噌汁
(豆腐とえのき)を頼んでおいたので
海苔巻き・お刺身・惣菜を買って帰る。


☆メモ☆
志葉玲さん 9月13日のツイート
超拡散希望。皆さんのRTが難民の人々を救います。入管が一番嫌がることは報道でその実態を伝えられること。過去、志葉が記事で取り上げた難民の方も、記事配信後に仮放免されています。くり返しになりますが皆さんのRTが難民の人々を救います!
https://twitter.com/reishiva?lang=ja

記事 【独房に監禁、医療受けさせず死亡、腐った給食―難民虐待の東京入国管理局】
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20170913-00075687/

お役人のやることは、庶民にはどうしようもないよぉ
という無力感は、わたしのなかにあるけれど・・・、
「話題になる=状況打破のきっかけ」だ、と思い直し、メモ。

こういうのは氷山の一角であろう。氷山を登れないなら
せめて一角だけでも、タッチして。

ジプシー睡眠

9月13日(水) その一

いつからだろう、ぐっすり眠るのを
忘れた日々が続いている。

今日も、陽がまぶしく暑く、がまん出来なくなって
(昔はいかなる環境でもこんこんと眠り続けられたのに!)
九時頃、階下の座敷に避難して、二度寝。

やがて寒くて、縁側に移動して、三度寝。

そして、昼の起床。

(最近は、この移動寝が標準となりつつある。
ちょこっと寝入ったら、じきに目が覚めて、ジプシーのように
場所を変えて睡眠にかじりつく・・・という。
うとうとの積み重ねで、睡眠を確保している)

           *

母、午前中、一人で愛車を押して
自転車屋へ行ったらしい。

(片道、彼女の足では一時間近くかかる?)

先日から

三十年以上乗っている自転車の調子が
よろしくないと訴える母に対して

「今まで、どれだけのパーツ交換・修理代を
かけているやら。あと十年、いや二十年
乗ることを考えて、あたらしいの買おうよ!」と

(修理に出すのも大変なのだ。しかも
頻繁に調子が悪くなるものだから・・・)

わたくしがガミガミ言っていたので

(おまけに、電動自転車にも興味を示す我と
「そんなの、恐い!」という母の溝があって)

母は(めずらしく、ヒトに頼ることなく)
ひとりで対処したらしい。

「やれば出来る子ちゃん。まだまだ能力はあるのだ」
と、母を見直したり、「お役に立てず申し訳なかったね」
「やっぱりモノは大事にしなきゃね」等、わたしとしては
若干の自省モードだな。

まあ、直ったのだから、よかったよ
ということに。

           *

午後は、庭でぶらぶら。

プランター、役目の終った土を再生させる
前準備として、根っこなどを取り除いていたら
たった十分ほどで、幼虫2~30匹と対面する。

その後、ジャングル化している狭小エリアの
草むしりのち、イチイの木の手入れなど。

夜の仮眠

9月13日(水) その二

今夜は残り物祭り&日曜に一尾だけ買って
甘酢漬けにしておいたサバがあるので
片身分をスライスして、サラダのトッピングに。

寝かした生魚って、美味よね~。

(天日干・麹漬・えとせとら、熟成した魚は
おさしみには出せない旨みがある)

デザートの桃を食べたあと

皿洗いをしていたら

「また買ってきてね(桃を)」と
老母から声がかかる。

うーん、今シーズンはむずかしいだろうから
また来年ね。

(昔ながらのブドウと、幸水の梨を、かけこみ気味に
食べた最近。こういう季節の限定品は、「そのうち」と
思っていると食べ損ねることがあるのよね。

お互い、来年も季節の果物をおいしく食べられる
保障はどこにもないのだから、ちゃんと食卓に乗せよう
と、心にメモしたのでした)

           *

夜、二時間ほど、(激しい睡魔に負け)
居間で仮眠をとる。

このごろ、気持ちいい眠りから遠ざかっていると
思っていたが

そういえば、数日前の縁側のうとうとは、かなり
イイ感じの、うとうとだったし、今夜の仮眠は、久しぶりに
どーんと眠りの世界を泳げたし

ちょっとずつ元気になってきているのかな。

というわけで

「夜に仮眠をとっちゃって
お布団での本格寝に影響しちゃう~」なんて
シケたことは言わず

いいのじゃ! いいのじゃ!
「今夜は夜更かし じゃ~」
と、開き直るの巻き。

「鳥、ヘビ、犬、うさぎ」

ラジコで、大竹まことさんの番組を聴いていたら
こんな遊びをやっていた。

 。   。   。   。   。   。   。  。   。   。

あなたは飼っているペットと旅に出ることになりました。

途中、旅先でお金も食糧もなくなり、仕方なく
ペットを売ることになりました。

ただ、いっぱい飼っているペットのうち
一匹だけ残すことになりました。

さてあなたが残すのは

「鳥、ヘビ、犬、うさぎ」の、どれ?

 。   。   。   。   。   。   。  。   。   。

あなたがあなたの人生のなかで
一番大切にしているものが
わかる、そうな。

鳥を選んだ人は、自由を…

ヘビを選んだ人は、お金や仕事を…

犬を選んだ人は、友達や家族を…

うさぎを選んだ人は、恋人や結婚相手を…

一番大切にしているんだって。

 。   。   。   。   。   。   。  。   。   。

ちなみに、わたしは、迷うことなく

「鳥」であった。

(選ぶもなにも、相棒として
それしか思い浮かばなかった)

9月のおでん

9月12日(火)

日中、雨。

(雨の日は、眠りをとりやすい。
昼まで布団で眠れたぞー)

夕には晴れて、庭の手入れ。

ハエマツに、直径2センチほどの
カエルちゃん! (ようやくカエルと
和解できたようで嬉しい)。

がしがし草むしりをするのも
こころの浄化になるが

苔のあいだに生えた小さな草を
一本ずつ手で摘み抜き、やがて
きれいな苔の絨毯が現れるのも
大いなる喜びだな~ と思い出す。

夕飯は、名古屋味噌を使った
おでん。

(大根はないけどさ。
ピンポン玉ほどの、玉葱やじゃがいもを
まるごと使用。ごろごろ~)

山椒とカレー

9月11日(月)

畠に行く予定だったが
どうにも体力おいつかず
庭仕事に専念。

しばらく草むしりしていなかったので
畠よりも、こちらのほうがジャングル化
しつつあるし・・・。

(一度でも手を入れた自然って
以降永久に手入れが必要なのよね。
庭はその象徴だ。放っておいて「いい感じ」を
保てる庭なんて、この世におそらくないだろう)

最初は、屈んで草むしりしていたが
やがてそれもしんどさマックスになり
イスに座って盆栽の手入れをすることに。

(盆栽だって、草ぼーぼー。哀しいかな
しばらく様子を見ないと、害虫にやられていたり・・・。
初心者の出来る限りのお手当てを)

しかし、鉢を運ぶのも、「重~い」と感じる
ほどで、相当、腕力も落ちているな。

夜は、バーモンドカレー・ルウを使った
野菜カレーに、出来合いの一口カツ。
最近お気に入りの「セロリ・リンゴ・胡瓜」の
塩もみサラダにアボカドをトッピング。

(スプーン一杯ほどの小魚山椒が冷蔵庫に
残っていたので、盛り付けたカレーの上に
トッピングで乗っけてみたら、山椒がピリッと
カレーと融合して、美味だった)

おばさんニート

饅頭(光属性)さんのツイート

「引きこもりやニートは気楽でいいよな」という先入観は誰しも持ってしまいがちですが、実際に引きこもりやニートの多くが体感しているのは「毎日が日曜日の夕方」とか「毎日が宿題終わっていない夏休みの最終週」みたいな感覚です。
https://twitter.com/terrakei07/status/907158062179295233

うつむき加減で笑ってしまった。

         *

わたしは、おばさんニートの名札をつけて
歩きたいのだけど、しかし、ニートって

元々は、「Not in Education, Employment or Training
=就学・就労・職業訓練のいずれも行っていない者」を
指すそうだし

・・・なんとなく、社会に出ることを保留中
人生前半の休憩中、手探り中のイメージがあり
いずれそのうち社会に出て行く前提の印象だ

日本では34歳以下と定義されること多いし

「おばさんニート」じゃ、違和感あるか?

本当は、ずばりそのもの
超早期リタイアとか、無業者とかって
名乗りたい。

         *

かつて、歌手の宇多田ヒカルさんが
「人間活動」宣言したとき

なんじゃそりゃ? の反応もあったようだが

わたしは「人間活動」という表現に
ほとんど違和感がない。

むしろ、なかなか好きかも。

そっか、おばさんニート って
今のわたしにできる最大の
人間活動なんだよな。

リハビリ日曜

9月10日(日)

朝、さささっと掃除して
来客中に外出。

スーパーとドラッグストアをまわり
色々と必需品を買い込む。

秋晴れの午後は庭掃除。

しかし、体力ないのー、と

しみじみ実感。

畠で作業もするつもりだったが
たいしたことはできず、ちょろっと
様子見に行った程度。

うろうろ畠にいたとき
空襲警報のようながサイレンが
鳴り響く。

(避難訓練だって)
ほんと、めいわくだ。

「よろい」ゆえの優越感

昼のラジオで、久米宏さんが

人は優越感なしに生きられない
誰にでも優越感はある

と、おっしゃていた。

然り。

わたしだって胸の奥を深く探れば
何かしらの優越感(誇り)はありそうだ。

例えば
「それなりの良心を備えてる」人間である、とかね。

(そんなことが優越感? と言わないで!)

(普段、流れてくる情報や周りのヒトを見て、そこから
負の要素を拾って、相対的におのれがまともに
見えることもあるわけ)

しかし、心がふらふら、普段とは違うところに行くと

周りはなんと立派で、自分はとんでもなくダメで、時に
悪魔のような考えを抱く、誇りのカケラもない……

心境になってしまう。

             *

周囲の負を拾って、自分を相対化するというのは
つまり「よろい」をつけている状態なのだろう。

片や、「よろい」を外すと、自分のダメダメと
対面することになる。

中道は・・・?


電車で考えたこと(9月9日夜の①)

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 06月 【5件】
2020年 05月 【62件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク