ともみ@ピクニック

4.トイレ結露

ちなみに、うちのトイレに限らず
多くのお宅である現象かもしれないが

ときどき、結露が起こる。

時期によっては、超はげしい結露。

「気候と関係ありそう」とは
薄々気づいていたのだが

これ、気温と、水温の差で
起きるらしいの。

で、

「お宅は井戸水でしょ。夏は水が
冷たいから、余計結露がひどくなるのです」

と云われ、納得。

しばらく水を流さなければ
タンク内の水が温まるのだけど

流せば流すほど、水は冷える。

たしかに、うちのトイレの稼動率は
かなり高いものな。

(母ちゃんなんて、多いときは
一時間に2~3回はトイレに行くし)

休むヒマのない
(特に井戸水のうちのトイレでは)
タンク内の水と外気の温度差が大きくなって

(夏は水温低く、気温高い。
冬は水温高く、気温低い)

結露がはげしくなるのね。


以上、おまけ情報でした。

PageTop

3.プロの見解(トイレ直し)

先週見てもらった業者の方は

一目見て「タンクを交換しなければいけない」
と仰った。

話を聞くと

タンク内には、断熱用に
発泡スチロールのようなものが
張ってあり

(今まで気がつかなかったが、ほんとうに
張ってあった!)

経年のために膨張し

その膨張が内部の動きを阻んでいる
(黒いゴム栓や、白濁の浮きが機能しない)

ということらしい。

            *

では、結露を我慢するから
タンク内の発砲スチロールを取りのぞく
という応急処置はいかが?

と尋ねると

内部の器具が発砲スチロールと
繋がっているから、それはダメ

との返事。

ふーむ。ふーむ。ふーむ。

勉強になりました。

            *

どうせ、タンクを交換するのなら
(何年も前から温水便座が壊れていたし)
(新型トイレは掃除がラクそうだし)

トイレ本体もあたらしくしましょう

というつもりは、当初からあった。

問題は、“このトイレだけの改修” ですますか
男子トイレや洗面&脱衣所まで含んだ
“広範リフォーム” にするか

なんだけど

業者さんの話では

「広範リフォームでは、二週間以上かかる」
ということで

仮設トイレを使用するのが嫌な母は

(これまでは娘の意見にも若干
耳を貸しそうな面もあったような気がするが)

(そんな長期間の仮設トイレはトンデモナイ!と)

断固、反対! をあらわにする。

            *

結局、そのときは

「希望日(来客の前日)までに工事できるなら
タンクとトイレの新調をお願いします。

もし、それがムリそうならば

急いでやらなくてもいいので」

という話でおわったのであった。

PageTop

2.リフォーム願望

トイレは、もっと早くから
「修理を依頼しよう」という気持ちが
あったのだ。

だけど、ここで依頼をすると
・・・・簡易な修理で済むにせよ
トイレごと取り替えるにせよ・・・

「これでOK。(今後また何年何十年と
イジりません)」 の展開になるだろうから

トイレ全体および、その周辺をリフォームしたい
わたしにはおもしろい話ではなかったのだ。

           *

男子用トイレをつぶして
(もう何年も使っていない。数年前に
ここから水漏れしているかも、疑惑があり
男子トイレの水洗を止めてもらった)

トイレを一個にする。

それにより、洋式トイレの広さを
今の1.5倍にして

現在とても狭い、洗面&脱衣スペースも
広げる

という夢があったのさ。

(そうすれば、今より快適になるし
将来的に車椅子使用も可の設計に)

しかし、リフォーム自体には
反対ではない様子のものの

「仮設トイレ」を断固として嫌がる母の
賛同は得られず

話は並行線のまま、今に至った。


(つづく)

PageTop

1.トイレの水が止まらぬ

トイレの調子がおかしい・・・

(一番の難は、一度流すと
水がとまらなくなる)のは

少なくとも去年もあったことで

いつしか直り、今年の梅雨あたりからか
また具合がおかしくなっていた。

        *

水が止まらなくなるとは、タンク内の
下部におさまるはずの、黒いゴム栓が
バネの具合によるのだろう浮き上がったままで
栓の役割をはたしていないので

放っておくと、永遠にタンクに水が溜まらず
ずううううっとトイレ内に流水し続ける症状。

そのうち

手をタンク内につっこんで
ゴム栓をさげて下部におさめる

という作業を施すと、タンク内に
水が溜まり始め、やがて止まる

のが判り、それで「しのぐ」ように
なっていたのだけれど

そのうち、黒いゴム栓とは別に
白濁の存在感ある浮きも、おさまる場所に
おさまらないようになり

ゴム栓の不具合のようにザーザーと便器内に
水が流れまくる、というわけではないのだが

ちょろちょろと水が流れ続ける
ということに。

で、これも、手動で直す
ということを繰り返していた。

        *

そして、いよいよ

調子のおかしさの頻度が
すこぶる高まり

・・・ほぼ毎回近く、不具合があり・・・

手動で直すのも

「限界かな」ということに。


(つづく)

PageTop

なぜ日記を書く(蛇足)

「過ぎたことをふりかえるなんて
マイナス行為じゃ。前だけ見よ」という
意見だってあると思う。

矛盾するようだが、それも尤もだ!
と賛同する自分だっている。

          *

「ふりかえり、web日記にのせるほどの
内容か?」という意見には

むーーーー、どうでしょう? としか言えない。

(出来事に、優劣はつけられない)

 

PageTop

なぜ日記を書く(補足)

日記に限らず、表現、すべてに
あてはまると思うのだけど・・・

「書く」と、いうのは、「書かない」ことも
含むのだな。

明確な記憶にのぼらないことも
記憶にはのぼるけれど、あえて書かないと
選択することも、もろもろ含めて

ふりかえる時間全体が「書く」に集約
されているというか・・・・。

もちろん、体験というのは、あえてふりかえらず
とも

眠ったり、ボーっとしたりしているときにも
無意識に消化整理されているのだろし

人とお喋りしたり、家事をしたり、遊んだり
っていう時間のうちにも

「目の前のこと」と同時並行的に
過去の体験がどんどんと噛み砕かれている
のだとは思う。



ふーうっ。

つまり、日記を書くなんてことをせずとも
生きていけるのだろうが、我にとって日記は
(いまのところ)手放し難いツールなんだな。



PageTop

なぜ日記を書く

なじぇなじぇ、十日以上も前の記憶を
掘り起こし、日記を書いているのか?

うー、ひとつは単に、遅ればせながらでも
「日記を書く」のがこの数年の習慣になって
いるから、急に日記に穴を開けるのが
きもちわるい・・・ような。

それから、行動を振り返ることで
過ぎ去った時間を整理できるから。

「時間を整理」というのは、実のところ
自分でもよく解っていないのだけど

◎事実の見直しをし、自分を励ましたり
反省したりできる

◎浅いところで、気持ちのデトックスになり
ときにそれがもっと深い場所につながって
癒しになる可能性もある

つまりは

「体験」の消化を促し、メンタルの肥やしにする

のじゃないかなー、と、自分では思っている。

(ま、よがり思考かもしれんけどね)。


PageTop

土日の再日記

はふ、はふ、今月の
上旬から中旬にかけての
記憶があやしくなっているのぉ。

しかし、DOリストもどきの紙が
あったのだった。


それによると・・・

土曜日は、翌朝の資源回収に向け
ダンボールやら雑誌・本やらを
束ねまくっていたのだな。

(で、朝七時の回収なので
土曜の夕のうちに外に出しておいたら

通りがかかりの近所のヒトに
「なんて沢山!」と笑われたのであった。

たしかに、たまげる量であったよな)

ああ、書いていて思い出したが、この日は
週明けの不用品回収に向けて、二階から
あれこれ階下に運ぶ作業もしたのだったな。

そうそう、午前中は、某部屋の
ごちゃごちゃと山積みスペースの
手前にある、開かずの棚をひらいてみたのだった。

そこには、年代ものの数々があり

特に「おっ」と思ったのは

母子手帳とか、我の大学入試のときの
行動予定表・・・地方の国立しか受けていないのだが
当時は今と違って、日程が接近していたのね。
よって関東と東北を掛け持ち行脚して
付き添いの母にとっては、ちょっとした
旅行だったようだ。当時単身赴任していた
父が作成したらしい表には、母のための
観光スケジュールまで練ってあった!・・・
・・・今となっては「過保護じゃ」と恥ずかしいが
あの頃はそれを当たり前としていたのだ・・・
だっけ。

あと、父のスピーチ原稿などもあり

ざざっと、一目で処分できるものは
処分して、あとはそのうちね、と
元に戻したのだった。


んで、んで、日曜は窓掃除と、そのつながりで
縁側の掃除を・・・照明を拭いたり、縁側の一角に
置っぱなしにしていた我の古いパソコンやプリンターなどを
収納するスペースを、縁側の奥の納戸に作ったり・・・
していたのだった。

それにしても、窓エリアの掃除は
やってもやってもキリがない。

1~2度拭き程度では、汚れがまだまだ残り

この辺は、元が砂地というのもあるのだろう
・・・いまだ、まわりの農地は砂地なので・・・
(あと、近年は黄砂ね)、桟の砂もスゴイ!

(余談だが、こんな時間のないときに
高窓などという、なぜ客の目に触れない
部分まで掃除をしているのかというと、あたらしい
カーテンをつける前に、ココを掃除しておかないと
次にいつ掃除するか、わからんからである。
また三十年ほど、手入れをしない可能性もある)


とにかく、ま

「客人を迎えるにあたり
やるべきことは他に山ほどあるだろう」
ってのは分かるのだけど

色々なタイミングが重なって

「客人の準備だけをしておれん」
という状況なのだった。

(世の常として、こういうことはありがち)

で、ざっくり予定していたことは
ほとんど進んでいなくって

庭木の剪定、庭の草むしり
畠の草むしりは

ひとまず諦めて、その分の
時間が浮いたのだから大丈夫だよ

と、自分を励ましていたのだった。


PageTop

夜中に吠える

8月6日(日) 補足

「むしあつさ、月光
10時台就寝、犬」

7日の未明付の、メモを発見。

ここから思い出した日記を・・・。

*  *  *  *  *  *

疲れ果てて、めずらしく22時台に就寝した
ものの(こんな早く床につくのは年に二三度?)

暑いし、(二階の東西南北すべての窓を開けても
風がほとんど入らず、蒸し暑い!)

疲れすぎて、からだがハイになっていて
寝付けなかったんだ。

(睡眠の薬も、毎日飲んでいるので
だんだん効かなくなっているような)

で、夜中の2時頃、近所の犬が
尋常ではない吠え方をして

それがいっこうに止まぬので

ちょっと心配で見に行ったのだった。

結局、誰かが「倒れている」という事態でも
なさそうなので
(散歩に連れて行ってもらえん、ストレスか?)

そっと、家に戻る。

そして、なんだかんだと
夜中の3時台には眠りに入った
と記憶。

月が十字の光を放つ夜。

PageTop

いましめメモ

8月6日(日)

本日も記憶なし。

遊んではいないし
臥せてもいないので

なにかしら、(窓掃除もしくは片付け)
していたのだろう。

             *

思っていたスケジュールどおりに
全然いかなくて、相当あせっていたと
見受けられる

「全部が自分の手のひらの上で行っていること。
あわてず、あわてず」

メモが残されている。

(自分に言い聞かせていたらしい)

現象が、対・自分の前にあるように感じて
色々とあせりまくっているのだが

その現象自体が、実は自分の起こしている
ことなんだよ! ちゅう、いましめ、なのね。

PageTop

たしか・・・

8月5日(土)

記憶がないのぉ。

畠にも行ってないし、庭仕事も
してないし、食糧買出しもしてない
との記憶はあるんだけど。

たしか、すっごい暑い日で
終日片付けをしていたのだろう。

PageTop

姉の荷物の数々

8月4日(金) その三

夕飯のあと、片付けに励む。

居間にはわたしがかつて
(あれは東京から名古屋に転勤になった
ときだから、二十数年前のこと)
実家に送りつけた

チープな可愛い系のチェストが
部分的にガムテープで補強され
鎮座。

上部は、モノ置きとなり
引き出しは出し入れされることなく
ずううっっっと、そのまま。

この引き出しは、かなり前に
思い切って整理(基本捨てる)を
試みたのだけど

最終段階には至ってなかったのよね。

(来週の、不用品回収のトラックに
できれば持って行ってもらいたい。
よって、整理の続きをしなければ!)

        *

で、がんばったわよ。

姉のモノがあるのは知っていたけれど
(あっちこっちに彼女の置き去り荷物あり。
この引き出しからも、彼女が結婚後にもってきて
そのまま残された何十という写真のフィルムを
捨てたばかり)

今は成人している甥っ子の
就学準備のメモとか
姉の家計簿まで出てきて

・・・今思えば、子育てを相当
実家に頼っていたよなあ、彼女は。
両親に孫の面倒をみてもらい
自分の家では落ち着いてできない
作業などを、実家に来てはしていたの
だろう・・・

ふんがぁ。

わたくしは、姉の夫の趣味のモノから
・・・長年置きっぱ。ただ捨てるだけなら
ともかく、ラジコンの燃料なんて
処分するのも面倒なのよ!・・・

姉の短大時代のモノ(教科書とか
参考書とか、ずらりっと残っていた)
その後の、独身時代のあれこれ
(雑貨から衣服に至るまで)
・・・本人曰く、お嫁に行って
急に荷物がなくなったら、親が寂しいでしょ。
だから、わざとそのままにしておいたの、と・・・

「片付けて」と、何度もお願いしたが
あれこれ理由をつけて、先延ばしにされ
早何年~なので、数年前から

ひとりで、じわじわと処分をしていた。

甥っ子たちの小さい頃の
おもちゃとか服があるのは仕方ないとは
しても

幼稚園で工作した作品をダンボールごと
もってきて、預かっておいて。。。って
いうのもある。

で、その荷物について、先日、姉に
処分のお伺いを立てたら
(そんなものがあるのは初耳だ、の顔をして)
あっさり「捨てていいよ」だと。

(捨てるのにも、エネルギーがいるのだよ。
ましてや、それを、見張り番のいる
ゴミ捨て場に、何度も通って捨てに行く
労力たるや・・・)

せめて、「ごめんね、ありがとう」の一言が
欲しいところだが、そんなセリフは聞いた
覚えがない。


 ↑ と、わたし、実家の片付け活動において
「なんで、わたしばかり…。感謝のひとつも
されないで…」と、被害者モードに慢性的に
かかっているのよね。 

PageTop

窓掃除にとりかかる

8月4日(金) その二

オーダーメイドのカーテンが
きのう届いており

長年おつとめしてくれた
(30年歴ほど、らしい)廊下の
ボロボロのカーテンを外す。

んで、窓掃除にとりかかる



「君のゆく道は~、はてし~なく
遠い~」の歌詞どおり

この窓掃除が、なかなかの
難問なのだった。

猛烈暑い夕方、汗びしょびしょ
になりつつ、積年の汚れと格闘し

高窓の途中で時間切れ
(後日につづく・・・)。

PageTop

トイレはどうなる?

8月4日(金) その一

ゴミ出しのち、二度寝。

(今日も45リットル、十数袋!)

(おじさん達が、見張り番していて
いやだよぉ~)

昼の本格起床。

なかだるみ、というのだろうか

夕方4時近くまで、台所をしたり
だらだらと過ごす。

            *

過日より、調子のよろしくなかったトイレ。

応急処置をしながら、だましだまし使っていた
のだが、そろそろだましだましの限界を超えて
きた・・・・・

感じだったので、昔から世話になっている

水周りの業者さんに来てもらうと

「タンクを交換しないといけません」
とのことであった。

んー。

そっかー。

来週の来客に間に合うようならば
急ぎ、工事(タンクおよび、トイレ本体
温水便座の新調)をして下さいな
と依頼。

しかし、即答はできないそうで
来週の月曜日の返事待ちとなる。

PageTop

がお~、なのだ。

がお~、がお~

この半月は、めちゃこの忙しさで

(気分としては、盆と正月と引越しが
同時に来たくらいの・・・)

日記も停滞していたな。

        *

本日は、あえて(強いて)休息日として
たまった日記を書くとしよう。

がお~。

PageTop