ともみ@ピクニック

(前)あれはお金の話だった

今村復興大臣(のち辞職)の
「東北でよかった」発言が
わやわや取り上げられるのは
「なにを今更」感もあるわよね。

経済的な潤い・人的資源を
東京に集中させる傍らで

原子力発電だって、米軍基地だって
中央でなく地方を、都市でなく田舎を
選択したきたのは、「東北でよかった」の
プレだったのでしょ?

          *

あとさ、内田樹先生の25日の指摘で
わたしも気づいたのだけど

「東北でよかった」発言の裏にあるのは
(人命でなく)金勘定を優先した思考で
あったのよね。

念のため、発言の詳細を確認しようと
ネットを検索してみたが、どこも
「東北で良かった」の説明として

「首都圏に近かったら莫大な甚大な被害があった」
という部分ばかりを取り上げていて

それだけでは、発言の意図が不十分に思える。

(元)大臣は、けっして、命そのものや
人の精神的な傷の話をしているのではなく

あくまで「経済的な観点」からの、つまり
金勘定の話をしていたのである。

やっと、TBSのニュースサイトで
これを見つけた。

「皆様のおかげで東日本大震災の復興も着々と進んでおります。死者1万5893人、行方不明2585人、計1万8478人。この方が一瞬にして命を失われたわけであります。また、社会資本等の毀損も、いろんな勘定のしかたがございますが、25兆円という数字もあります。これはまだ東北で、あっちの方だったから良かったけど、これがもっと首都圏に近かったりすると莫大な甚大な被害があったと思っています」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3038418.htm

もちろん、東北と首都圏の命の数比べは
あるまじきことであるが

わたしが言いたいのは、あの(元)大臣の頭の中は
「被害、イコール、金勘定」だったのじゃないのかな?
ということ。

ハナからコマ(国民)の心配なんてしておらず
経済のことしか考えていないのじゃないの? と。

(「寄り添う、寄り添う」と云いながら、結局
人ではなくお金のことを最優先にしているのは
他の自民議員の言動を見ていても同じである)

          *

内田樹さんの4月26日のツイートより
https://twitter.com/levinassien

彼らだって別に悪意があるわけじゃないんです。前提が間違っているだけです。この列島に住む1億2千万人にどうやって雇用を確保し、全員に健康で文化的な生活を保障するかではなく、どうすれば経済成長するのかを優先的な政策課題に据えれば、「地方は切り捨てる」しか「正解」がないんですから。

「東北でよかった」というのは現政権の本音です。都市部に資源を集中して五輪やら万博やらの一過性のお祭りやってカジノ開いてリニア通して、それ以外の地域は「滅びるに任せる」というのが人口減社会でなお経済成長したいという倒錯的なプランにしがみつく人たちが採りうる唯一の解ですから。

PageTop

(中)臆面なさすぎ

(ひとつ上の続きです)

わたしとしては、今回の辞任につながった
今村氏の発言に驚くふりをする気もないが
(そういう人だろうと諦めの術)

今村氏の親方である、二階幹事長の
臆面もない「メディア批判 (あるいは
メディアの無力化をますます有効とするために
批判のふりした恫喝とはいえまいか?)

あれには驚いて、しばらく
頭が真っ白になってしまった。

特に、「(自分たちに都合の悪い態度をとる)
そんな人は初めから排除して入れないようにしなきゃダメ」
って、んーーーー。

(あれを聞いて、報道関係者はどう思っただろう。
ますます「おみこし担がなきゃ!」と思ったとしたら
タマシイまで抜かれているのかもしれない)

二階幹事長は、「うちの今村を辞任に追いやって」と
逆恨みしているのかもしれないが、更迭したのは
首相でしょ。報じたマスコミは単に己に課せられた
責務を果たしただけで、なんでそのことを責められ
ねばならんのか、わたしには分からん。

(それに、稲田氏や金田氏などをそのままにしておいて
不倫のN川氏や今回の今村氏をぽんっと切り捨てるのって
単に安倍さんのご都合でしょ、としか思えない・・・)

たしかに、些細な揚げ足取りで、国会運営が滞るのは
問題であろうし、ひとつミスしたから全てをとりあげる
というのでは、政局が安定しない。
・・・これは政治に限らず、すべてに通じること。

しかし、わたしは政治家自身が
あんなものの言い方をするのは
コワイよ。

「報道の自由度ランク、日本は72位(G7最下位)」
なんていっているうちは、まだマシなのかもしれない。

(これからさらに坂を転げ落ちる可能性は、ある)



PageTop

(後)成就の結果

今村氏の失言辞任を受けて
「政権の緩み」と
(なんとあのNHKまでも)
いっていたけれど

緩みだけが原因か?

わたしには、「緩み」以上に

長期政権 → 安倍さんの顔色うかがう
YESマンだけが持ち上げられる仕組みの
成就の結果にも見える。

お友達内閣とは度々いわれてきたが
安倍さんは「自分の脅威になる、まともなヒト」
を近くに置きたくないのだろう。
(だから大臣たちの品と才能が限られる)

話はずれるけれど、森友問題の解明が
遅々としているのは、政治家同様
エリート官僚の人事権も総理が握っている
から、と言っても、安倍さん以外の誰からも
文句は出ないと思う。

PageTop

雨の日は眠りやすい

4月26日(水)

昨夜は疲れて、早めに床に入ったものの
結局明るくなるまで眠りにつけず
「はー、眠れないって、つらいわね」と
じくじく嚙みしめながらラジオを聴いていた。

それでも、雨に助けられたのだろう
(我には雨の日は眠りやすい傾向有)
頻繁に尿意をもよおして、そのうちの2、3回は
トイレに行くため布団を出たものの
総じて、ぐっすり眠った日であった。

18時の起床。

冷蔵庫には昨日買いだめをした
半額惣菜があるので、ひきこもって
たまった日記などを書く。

PageTop

ペーパーの人

4月25日(火)

朝の入眠は、どうしても
眠りが浅くなってしまうなー。

しかし、昼に起きるつもりが
正午のサイレンを聞き逃して
いたのだから、本人が思う以上に
眠れている時間帯もあるのだろう。

13時台の起床。
昼風呂に二度も入り、のんびり。

夕方、母が無事、日帰り旅行から
帰宅したのを見届けて、一人宅へ。

   *    *    *

「疲れたけど、楽しかった~」と
帰ってくるなり口にする母。

ふだんはお出かけから戻ったら
「疲れた疲れた」としりきに言うのに

今日は、たんと買い込んだ
お土産を元気に披露してくれた。

よほど楽しかったらしい。

(母の従姉の連れ合いのNさん(現在90歳ほど)が
もう免許の更新しないから・・・と、誘ってくれて
母の弟の連れ合いのTさんと、三人旅だった。

三人とも、血縁はなく、でも何十年と
お付き合いしてきて、今は伴侶を失くした者同士)

   *    *    *

車を運転しない我は、母にこういう楽しみを
与えてあげられなくて、心がチクン。

・・・数年前、教習所で一から運転を学ぼうかと
思案したとき、「公共交通で十分」と言った母だが
実際は、家に送り迎えしてくれないと、なかなか
遠出はしたがらないのである。

また、我には老いても、こういう親戚関係は
ないだろうなー、と、心ズキっ。

そして、県内および近県の観光地を
ほとんど知らない我が現実と

今後もペーパードライバーであり続ける
予定から、(たいがいの観光地は
車がないとたどり着けない)

視野狭く生きていきていくんだなぁ
と我が将来を想うのであった。

PageTop

パセリ・トッピング

4月24日(月) その二

夕飯は、タケノコを煮たのと
カレーの残り(パセリトッピング)など。

20170426 048

こぼれ種が、こぼれ種を呼んで
年々増えていくパセリ。

(コンクリートとコンクリートの隙間に
勝手に芽を出し、勝手に育ってくれる)

今はまだ赤ちゃんパセリだけど
じきにぐいっと伸びるのじゃ。
(そして花が咲く頃には青虫が・・・)

ちなみに、タケノコは初物でした。

この時期は毎日なにかしら
初物を食べているような気がする。

PageTop

ひとり反省会(17年4月下旬)

ひとり反省会を開催します。


先にも書いたが、今年は
過去になくテキパキやったな。

逆にいえば、あまり
ひと鉢ひと鉢の観察をせず
力づくで台をこしらえて
ぼんぼんぼん盆栽や植木鉢を
置いていった式。

毎年、冬支度と、春支度の際
「おだぶつ」になった盆栽と対面するのだが
今期一番、胸が痛んだのは

紅梅の盆栽。

しゅっと、繊細な枝をした
味わい深い盆栽だったのに

・・・気づいたら、化石のようになっていた。

(白梅の盆栽はとうに花を終え、今は
若葉をにょきにょき出しているのに。涙)

あと、これは盆栽ではないのだが
ブルーベリーにも死んだような姿の鉢があり
(死亡解剖のごとく?)幹を切ってみたら
中が空洞になっていた。

むー。

お世話をちゃんとできずにごめんなさい。



ここ数年、「盆栽台を作らねば」といいつつ
言うだけになっていたので、今年は当初から
ありあわせのもので済ませようと思っていたが

とうとう
父ちゃんの製作していった盆栽台が
全て使い物にならなくなってしまった
(経年による腐食である)
(あっ、固定の台が一台だけ、在るか)

ことに気づいた春であった。

(今後自作するとすれば、冬のうちに
作っておかねばならんなー。
材料は探せばあるはずだ)



盆栽&鉢もの台、計10列。

(すべてあり合わせで済ます。
まな板級の分厚いものはそのまま
薄めの板は2枚敷きにして)

そこに載らないのは、例年どおり
コンクリートなどの上に直置きで。

かつては、いちいち重い重いと認識していた
大サイズの盆栽も、「わたしは持てる。
(だって毎年持っているのだもの!)」の
自己暗示が効いたのが

あまり心を騒がせず、たんたんと移動。



さあて、本当にたいへんなのは
これからである。

まあ、ひとまず、今年も庭の
春支度、おつかれさまでした
自分を労っておきましょう。

PageTop

わたしの多幸感

4月24日(月) その一

午前11時前に起床するものの
疲れがどっしり残っていて

外に出たのは、14時過ぎ。

お尻に火がついているので
春支度、一気にしあげる。

例年、あれこれ頭で考えながら
作業を進めるのだが、もう考えずとも
カラダが動くというか

細々考えても、結局は、毎年同じところに
落ち着くというのを悟ったというか

とくかく今年はテキパキパキと
動けたのであった。

(庭の春支度、最短記録では?)


幸い、天気にも恵まれて

この感覚を言葉にするのはムズカシイのだけど
目にする光、肌に触れる空気、五感が総動員して
カラダの底から「しあわせ」が湧き出る感覚

こういうのは、たまにあって

最近では畠の行き帰り、あちこちで
春をむせるように浴びているときにも
あったっけ。

(全身で春を感受する多幸感というのかな)


母の帰宅後、庭でティータイムして

(緑茶とコーヒー飲んで、豆せんべい
ばりばり齧って)

え~い、ラストスパート。

冬のあいだ、ガレージで越冬させていたラン類など
3月に外に出したきり、全然様子を見てなかったのだけど
シンビジュームのなかには花芽をつけているものが多数あり

「いつも放置してごめん。今年こそ植え替えを・・・」
と心に誓うのであった。

なかでも、はっとしたのは
東洋ランの花。

楚々と、人知れず
咲いておった。

PageTop

蜃気楼かも

4月23日(日) おまけ

後日、蜃気楼のニュースを見て
「そういえば…」と思うこと有り。

海の向こうの、水平線の上に
普段は見えないはずの
建物などの景色が浮かんでいたのだが

(肉眼では分からず、カメラをズームにした
ときにだけ見えたので、ああ、ズームでは
こんなのが見えるんだと暢気に思った我)

あれは、蜃気楼だったのかも。

たぶん、そうに違いない。

(記憶上、人生二度目の蜃気楼体験だ)

カメラのデーターを確認すると

20170426 057

20170426 054

20170426 053

20170426 052

20170426 049

20170426 050

20170426 051


一見すると、似たような写真ばかりなのだけど・・・
取捨選択できなかったので、そのまま載せておく。
(クリックすると、若干拡大されます)

PageTop

カレー・ナイト

4月23日(日)その二

夜は、母ちゃんにリクエストした
カレー。

何年か前に母ちゃんのカレーを食べたら
おいしくなくて、それ以降、カレーのときは
(下ごしらえを手伝ってもらうことはあっても)
わたしが作ってきたのだが

今日のは並以上においしかったぞ。

野菜を日本酒とみりん入れて煮込んだそうで
それがよかったのかも。


日曜の夜は、『鉄腕ダッシュ』観ながらの食事が実家の
恒例であるが、今夜は久々に「0円食堂」企画をやっていた。

農家のおじさん、ブロッコリーは中心部を出荷したら
あと、どんどん出てくる脇芽は捨てる、と言っていたが
「へへへー、わたくしたちは、この脇芽も、ありがたく
頂いてるのにねぇー」と、茹でたチビ・ブロッコリーを
むしゃむしゃ食べるのであった。

(考えてみれば、旬なものは放置しがちで
旬を過ぎた、人さまが捨てるようなものを
ワシらは積極的に食べている傾向が・・・)


【本日の行動メモ】

朝2時まわって就寝、薬二種服用
4時をまわってもちっとも眠くならず、トイレへ。
(本格的な暗闇タイムの終わった窓外には
うっすら赤みがかった、きれいな月と
その近くに、ぽつんと明るい星が)
12時半前起床
13時半過ぎ~19時過ぎ、外仕事。

PageTop

地中で9つの芽

4月23日(日) その一

今日も畠のち、庭。

家人の希望もあり、畠ではずらりと
列になった冬野菜の花を切り落とし
(若いつぼみ部分が少なくなってきたので
芯や花を落とせば、わき目がでるかな?と)

20170426 040 20170426 039
左は大根、右は蕪

(しかし、冬野菜、人様からいただいたものばかり食べて
自家野菜のほとんどは放置して花を咲かせてるって・・・。
しかも今まだ、かろうじて食べられるキャベツなどあるのに
それらは食べず、こんなことしてる。相変わらず矛盾の畠)

あと、夏野菜を植える予定のところの
パトロールをして、(過日耕運機をかけて
もらったあとも草むしりしてあったので
あまり草は生えていないが、あちこちに
百日草のこぼれ種と思われる芽や
去年の腐ったジャガイモの芽や
その他、不明な、でも雑草ではない芽が有)

それから
雪山がきれいなようなので、一旦帰宅して
カメラをもって見晴らしのいい海に行ってみたら
ちょーどいい所に雲がかかっていたので
すぐに帰宅。

庭の春支度の続きを
がんがん進めて、日が暮れて

あいまに、サギ草の(ずっと放置されていた)
鉢を掘り起こしてみたら、9つ、地中で芽が
出ていたので、新しい寝床に移し変え。

(昔は、家人が黙ってやっていた作業を
こうやって引き継いでいくのか。・・・粛々と)

盆栽の水やりして
本日の仕事、終了。

PageTop

志と胃袋は比例しない

4月22日(土) さん

お夕飯は

「こんな小さいの、獲っていいの?」と思いつつ
値段につられて買ってしまった、スルメイカが
あったので、母にリクエストして作ってもらった

・スルメイカの姿煮
(内臓そのまま食べられる。醤油味)
・付け合せの、大根あっさり煮
(煮干のみ、一切の調味なし)

あとは、あわてて我の用意した

・ほっこく赤エビ、オリーブオイル揚げ焼き
・こごみバター炒め
・長芋をざくざく切って叩いて海苔

他、いつもの菜っ葉であった。

(本日もほとんど当日ものの食材で。
魚介は朝どれ、野菜類は大根以外
午後~夕方に収穫したもの)

  *       *       *

前にも書いたけれど、日本の漁業は
資源の無計画利用が行われており
(例えば、『魚が食べられなくなる日』
http://picnik.blog91.fc2.com/blog-entry-4897.html

わたしも、なんとか消費者という立場から
この問題にコミットしたいという思いはあるものの
・・・ウナギは食べません! を去年からやってる・・・

今日のスルメイカのように、近年、驚くほど
価格上昇している魚介が安価に提供されていたら
「こんなチビをとるから、益々資源が減るのだよなぁ」
と思いつつ、結局、胃袋に入れてしまうという
大矛盾!!!

そういえば

先日、母が魚屋から買って来たサバを
干物にしたものを見たが、見た目では
なんの魚かまったく分からなかった。

「これは、メザシですか?」と言いたくなる
・・・もちろん形状は違うのだが、身長が・・・
ほどのミニサイズ。

ガレージに放置されていて、かちんこちん手前まで
縮こまった干物ということを考慮しても、元のサバが
いかに小さかったか、わかる。

なんだか。

なんだか。

これはもう広く知られていると思うのだけど
日本のサバは、成魚になってしまう前に
獲ってしまうので、おいしくないのよね。

(そして益々資源が減る、という大矛盾)

それでも、「サバ、確保」のために、今日も
日本中の海で、おチビのサバが獲られているのである。

(Uターン後、肉も、魚も、エビも、国産派を
極力守ってきたけれど、少なくとも魚に関しては
これが日本の漁業のためになるとは限らんのだなぁ
と、最近、しみじみ思う)

国産派を徹底するなら、イカとかサバなどの
売れ筋の魚介は買わず、一般には人気のない
ホウボウなどを買うべきと思うのだけど
調理の手間を思うと、つい、大衆ものを選んでしまう。

あああ、自己矛盾!

PageTop

手をつけることが大事!

4月22日(土) に

畠では、じゃがいもエリアを中心に
さくっと草むしりして、すぐ帰宅。

行動メモ
12時半の起床
14時~15時半買い物
16時~畠
帰宅のち、10分ほど休憩(トイレ&おやつ)
17時半頃~19時前、庭


夕の庭では、チマチマ作業のあと
やっとこさ、(ずっと大きな宿題を
抱えているような心持ちであった)
春支度にとりかかる。

といっても、メインの盆栽置き場の
掃除くらいなのだけど、まずは
手をつけることが大事!なのだ。

冬のさみしい夜、ポット苗で買った
なでしこも、やっと、素焼き鉢に
植えなおし、本日は終了。

PageTop

雪国の喜び(むせるように春)

4月22日(土) いち

珍しく畠にカメラを持参。

20170426 033 20170426 029

20170426 031 20170426 030

20170426 034 20170426 036 


今年は、過年からの球根のほか
「富山のチュリーリップ20種」という
のを植えてみたせいか

例年になくチューリップの様子が
気にかかる。
(うちのも、よそ様のも)

で、気づいたのだけど、
背丈の低いチューリップが目立つわね。

(そういえば、数年前から
ヒマワリも背の低いのが流行っているし
ペットは小型化がすっかり定着。

世の中、ちんまりとした
かわいいものブームが止まず、か)


ところで、写真の下段は
イチゴなのだが、先日敷いた
藁が強風にも負けずにいてくれた。

一般的にはこういう敷き方はしないと
思うのだけど、「巣ごもり」のようで
かわいいな、と自画自賛して
写真に撮ってみた。


畠への行き帰り、自転車走らせながら
よそのお宅や畠の様子につい目がゆくが

・・・この時期、特に白い花に惹かれる傾向が。
枝ものや、スズランなど、無限の幸福感を感受・・・

たいがい、どこも季節の花が満開で

(うちのように「植えました」というスタイルじゃなくて
年月を経て勝手に増えていった、という感じのところが
多くて、そういうのもいいな~と思う)

むせるように春、なのである。

全力で、季節の癒しが押し寄せている。

新緑ももちろんスゴイのだけど
村中踊るように花ざかりなのは
雪国の喜びであるなぁ。

PageTop

四月の銀木犀

木犀は、寒さに弱いので
花後の剪定は避けたほうがいい
説にのっとり

「春になったら手入れしよ」と思っていたら
いつのまにか汗ばむ季節になり、気づくと
枝が道にはみ出るほど伸び、さらには
花芽までついてしまう・・・

体験を、何度もやってしまったので
「またそうなってしまうのではないか」と
先日から、やきもきしていたのだが

今日はそのやきもきを一気に解消。

(剪定前・外景)
20170426 005 20170426 003
20170426 002

(剪定翌日・家の中から)
20170426 025 20170426 004

あまり隙スキにすると
夏場の遮光に影響するので
ほどほどの剪定に。

あと五ケ月もするとふんぷんと
甘い香りを届けてくれるはず。

PageTop