ともみ@ピクニック

掃除を再開

10月28日(水)

今日は和室の天井拭きを。
脚立に乗り、雑巾で板を拭いていくのだが
思っていたように汚れがとれない。
(あれー、どういうこと?)
引越し前にクイックルワイパー的なもので天井を拭き
おそらくその際にできた筋(きれいな所と黒ずんでいる所)が
気になっており、これは再度拭いたら「きれいになる」と
思いこんでいたのだけど・・・・、前は洗剤のしみた使い捨ての
掃除用ペーパーを使い、今日は水拭きだからかなぁと
少し洗剤を使ってみたが、効果に変化なし。
ううむ。
まあ、見た目の天井は変わらなかったけれど
雑巾は木の色の付着とは別の、あきらかな汚れがついたので
それなりの掃除になったことには違いない。

そのあと、ブレカー器の、ものすんごぉぉぉい汚れを
洗剤やら、雑巾やら、綿棒やらを使って、掃除。
たぶんこの家と同じ年数、つまり半世紀近く
お掃除されたことがなかったのじゃないかしら。

小さな一歩を積み重ねるのみ!


夕方、散歩がてら、ちょっと遠めのスーパーに足をのばし
のち「水曜ポイント10倍」になるドラッグストアでお買い物。

レシートを見て分かったのだが、今月、このストアで
すでに8千円以上の買い物をしておった。
まあ、ドラックストアといっても、わたしが買うのは
お酒か水かお菓子が大半なのだけど・・・。
・・・まるまる金沢に滞在しているのなら、納得の金額だけど
月の半分以上は実家にいるのだから、この金額は高すぎると反省。


あちこちのスーパーでも「タイムセールだから」と
出来合いの惣菜やお寿司を毎日買っているので
こちらの合計も出したら、目玉が飛び出しちゃうかも。

そろそろ自炊の道を進めたい。
(IH調理器を買わねば)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

トンデモ国

「ひたひたとそれは忍び寄っていて
気づいたときにはもう遅い」というような
戦前体験者の弁に少しはなじんでいたけれど
まさか自分が生きているうちに
こんな時代がやってくるとは
わたしは想像もしてなかったじょ。

お役所(日野市役所)の封筒の印刷
「日本国憲法の理念を守ろう」の文字が
せっせと職員の手によって消されているとか
https://twitter.com/ozoken_sgs/status/659625843983908865

(この事態を役所に問い合わせたら
「これはミスです」との反応が返ってきたらしい。
https://twitter.com/basilsauce/status/659904807730311169

ピーターバラカンさんが「九条のTシャツ」を着ていたら
警察官に呼び止められたとか
https://twitter.com/birdsnest1971/status/654958267685179392

トンデモ国家への加速は、わたしが思っている以上のものらしい。

・・・・少なくとも、わたしが義務教育で教えられてきた
憲法は守るべきもの、9条の尊さを、今、社会的に発言すると
厄介な事態にまきこまれる可能性があるのだな。

・・・・価値観は時代によって変わって当然だけど
こういう変わり方って、ほんと、怖い。
(その是非は置いておいて、憲法改正を問おうというのなら話は分かる。
そうではなく、一方的に個人の自由を狩ったり、言論統制したりするのって
ほぼ独裁国家のやることだよね。そしてそれを忖度する準権力者が
方向を加速させる)

「人のために国があるのではなく、国のために人がいる」
そんな時代になっている。

追記:ブレア元首相がイラク進攻の謝りを認めたりとか
米国の無人攻撃機の9割が別人を狙っていたとか
そんなニュースが続々と入ってくるなか
いつまで日本は時代を逆流((武力が平和を作るの発想)
させるのだろうか。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

できること

調子のいいときに
「笑うの大事」とか「外に出るべし」と
いくら云っても、その感覚をもち続けるのは
簡単じゃない。

だから、今のわたしに出来るのは
太陽の光を浴びる気持ちよさを
思いっきり体験すること。

(つまり、できるときにできることをしよう!)

忘れてもいい。忘れても仕方ない。
けど、たっぷり「今の感覚」を味わうこと。

その身体的な記憶が、将来のわたしを
そっと支え助けてくれるかもしれないし。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

ココナッツチップス

10月27日(火)

家にいても日差しはあるし風も通るけれど
こうやってお天道様のもとに身をおくのは
なにごとにも代えられないなー。

こころを削るようなムリはしない、けど
ほどほどのムリが必要なときもある。

なーんてことを思いながら街へ行く。

十日ほど預けてあった自転車を迎えに近江町市場へ。
(無事にありました。ごめんなさい。ありがとうございます)

ついでなので、市場をうろうろして
グレープフルーツとガーベラを買い、自転車のカゴに入れ
帰路につく。

途中、前から気になっていたスーパーに寄ってみるも
お財布のなかは全部で5~6百円という具合なので
調子にのらないよう用心して、店内うろうろ。

お買い得品コーナーで
ココナッツチップスと、砂肝の赤ワイン煮(レトルト)を
そして
タイムセールでみかん(10個)をチョイスしたのであった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

”私”の説明

10月26日(月) その三

と、元気になったように思えた自分であるが
夜になり、どよ~ん、どろどろ~、モードに。

なんなんだ、この浮き沈み。

ま、しかし、どよ~ん、どろどろ~をあまり相手にせず
「はー、やってきたかい、また」と、のんびり構えるのみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やることがなければ人生は”私”の説明に多くの時間をかけてしまう。
というのは、為末大さんの言葉だが
https://twitter.com/daijapan/status/658214321130971137

まさしく、わたしを言い当てているよう。

わたしは「わたし以外の誰か」にわたしを説明するよりも
「わたしが、わたしに説明したがっている」のだなー。

ところで、先週のうつ弱中波のとき、前半あたりは
たまたま書き溜めてあったブログをアップして、後半あたりは
なんとかかんとか不調をごまかしながら書いていた。

で、特筆すべきは、昔だったら、「ああー、しんどいよぅ」という
愚痴をねちねちと綴りがちだったのに、「それは止めよう」と
意識してみたら、可能であったこと。

しかし、まあ、その間、自分を押し殺して書いた文章というのは
どこか無理やり感が出るような・・・。

しんどいとき、自分をうつと同期させない、というのは重要であるけれど
(ネガティブエネルギーに餌をあげないのは大切だぞ~)
「しんどい」思いをしんどいまま書くのも、ひとつの治療法であろうからなぁ。

今回の押し殺し策が良かったのか否か、いまひとつ、分からない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ:為末大さんのお言葉

スランプが最も深刻化するのは、伸び悩むことでも大きな怪我をすることでもなく、もうダメだと思い込んでそれから抜けられなくなった時だ。https://twitter.com/daijapan/status/652317246929412096

人間の苦しみは、状況と認識によって成り立っているのですよね。状況は自分の想い通りにはならないですが、認識はいつも自由です。https://twitter.com/daijapan/status/652316198567329792


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

過剰意識のジレンマ

10月26日(月) その二

午後、金沢のお家に帰る。
(宅急便屋さんの配達時間ぎりぎり)

先々週、ニトリで買った、寝具と物干し竿が届く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人がこわい。でも、それを解決する方法は
自分から人の前にでていくしかないんだなー」

と、胸の底から、わたしに教えるわたしがいる。

ここでいう、「人がこわい」というのは
よく引きこもりの人が抱きがちな「過剰意識」なんだよな。

「人が自分に危害を与える」なんて思っているのではなく
ただ、人から見られるのが、こわいだけ。

視線のはじに自分をとらえた人が「なにを感じるか」
それがこわいのだ。

それも、無業者が抱きがちな、ある特定の人々
(近所の人とか)の目がこわいだけで、まったく自分の生活圏とは
離れた場所ですれ違う人の目はこわくないという。

結局、他者の目を過剰意識する、自分の問題に尽きる。

「自分から人前に出て行く」ことにより、人がこわくなくなる
というのは自らの経験である。

今年の夏は平日週末かかわらず、実家の近所にどんどん出ていって
不思議なくらい、人がこわくなかったもん。

そういう素晴らしい経験があるのに、すぐに忘れ
「実家では、平日に外で活動するのが、こわい」となっちゃって
心身の調子を崩す引き金となる。

(この心理状態に陥ると、自分が蝕まれるというか
屋外活動のみならず屋内活動するのも嫌になりがち)

はー。

頭では理解。

びびる気持ちがあっても、自分から人の目に触れることを厭わない
という行動をとる! とる! とる!

これは効果絶大なのだぞ、自分!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

ちょいスペシャル

10月26日(月) その一

頑張って午前の起床。

よくチーズトーストを食べるのだけど、今日は
「きのうの残りのマッシュポテトをチーズの下に塗る」
という、ちょいスペシャルである。

うま~。

今度から戦略的にマッシュポテトは多目に作ろう。

今日はお天気がよく、そのせいもあるのかな
きのうからだいぶ調子はUPしていたのだけど
「あの暗い洞窟にいた先週がもったいな~い!」と
自然と思えるほどに。

すべてのものに感謝します。

まあ、「どんな事態」そして「どんな自分」になっても、自分を見捨てずに
寿命の限りやっていくしかないのであるよ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

バチがあたりませんように

母は朝からお出かけしていた。

地元の中学の文化祭の招待があったのだ。
(先月は同校の運動会に行っていたし
そのうち、小学校の餅つき大会にも招待されるだろう。
いずれも送迎付き、お昼ご飯つき、お土産付き)
その他、毎年、敬老の日には小学生から鉢植えの花の
贈り物をいただき、年末には婦人会から立派なお節をいただき
年に数回の高齢者食事会も参加させてもらっている。

この高齢者への手厚いイベント。本来ならば
わたしは支える側(PTAとか婦人会とか)にいるのがよろしいのだろうが
まあ、そういう人生にはなっていないので、お役目免除の
施しを受けるばかりのわが家である。

わたしの子供の頃は、こういう福祉的な活動を地域でしていた
記憶がないなー。

人材も、お金も、ある程度の余裕があるからできるのだろうし
「高齢化」とか「独居」という社会現象への意識の高さがあるのだろう。

(なお、上記に挙げたイベントは「一人暮らしの後期の高齢者」の括り
の場合が多い。そうじゃないと莫大な人数になるもんね。当地では
高齢者が多いけれど、一人で暮らす高齢者の割合は少ないのであるよ)

ちなみに、今日のお土産は、手作りのアームカバーと
老舗の和菓子と、お寿司詰め合わせ(昼食として供されたが
うどんでお腹いっぱいになった母が持ち帰ったようだ)であった。

「フミちゃんはいい時代に年寄りになったもんだねー。
わたしが高齢者になったとき、こんな手厚いことはされないと思うよー」
と毎度のセリフを母に言いながら
お土産の和菓子をぱくぱく食べるわたし。

(すみません、すみません。←天の神様に謝っている。
こんな居候のお腹を満たすために用意されたわけではない
地域の皆様の温情による、高齢者のためのご馳走やお菓子を
いつも遠慮なくいただいているわたし)

どうか、バチがあたりませんように。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

緑のスープ

10月25日(日)

お布団干したり、大型の洗濯をしたり、買い物に行ったり
ニトリで買ったトイレットペーパーホルダーを取り付けたり

(これまでホルダーは一つしかなく、トイレットペーパーの
消費の早い実家では、いろいろ不便だったのだ)

はふっ、一週間ぶりに体を動かした。


☆本日の晩御飯☆

緑のスープ
豚ロースかつ(できあい品)
マッシュポテト
豆腐とトマトとアボカドのサラダ

スープは、(大蒜、玉葱、かぼちゃ
かぶらの実と葉を煮て、パセリを加え
牛乳で割って、ミキサーでがぁ~)
名前の通り緑色したもの。

☆ブーム☆

夏野菜がさみしくなり、葉物野菜が恋しくなると
上手い具合に菜っ葉(冬野菜の苗を間引いた菜)が
やってくるんだなー。

うちも先月から追われるように間引き菜を食べており
(おひたし、炒めもの、汁物など)
それでも食べきれないので最近はジュースにするのが日課。

「間引いた菜っ葉と、バナナと、ヨーグルトと、牛乳」

ごくごく野菜を取れて、たいへんよい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

自分監督

この度の、うつ弱中波のなかで、あらためて思ったのは
「目標がないと、人生は崩れやすい」ということ。

目標と書くと大げさな感じもするので
「役割」とか「スケジュール」と言い換えてもいい。

ささいなことでいいのだ。

「早起きして草むしりをしよう」とか
「DIYで棚を作ろう」とか
「今週末はどこそこへ遊びに行こう」とか

小さなちいさな行動の目標。

中年期における多くの人々は
仕事や家族におけるポジションで
それをまかなっている部分が大きいのだろう。

誰でも、いつでも、目標をもつことはできる。
(余程、精神が病んでいなければ)。

わたしも「庭仕事しなくちゃ」とか「新居づくりの続きをしなくちゃ」
という思いはあるが

それらの発注主が自分で、結果を評価するのも自分となると
すごーーーく、自分に甘くなっちゃって、いとも簡単に停滞してしまう。
(今、何事も停滞中)

他人の絡んだ「目標」をもつか、自分を監督する自分を鍛えなくては!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

スペシャル・サンキュー

為末大さん
「精神は常に安定していなければならないと強く自分に言い聞かせている人ほど、精神が不安定になりやすい。」
https://twitter.com/daijapan/status/653926008135901184

内田樹さん
「・・・でも、24時間のべつ向上心がわき上がってないと「オレはダメだ」と思う人間はすでに病気ですね。」
https://twitter.com/levinassien/status/657493683160289280


彼らのような精神面も行動面もすぐれたお方の言葉を
この怠け症のわたくしに当てはめるのはおこがましいが
ここは都合よく、サンキューと言って、胸に入れよう。

そういえば、わたしが深く沈まなかったのは
「これはいっときのこと。またそのうち元気になる」と
自身を信じきっていたからでもあろう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

病でも怠けでも、本当はどちらでも良い

これは病(脳の暴走)なのか、それとも
単なる「怠け」なのかは、永遠のテーマだ。

頭のなかに、まるでおかしな気体でも満ちたような
コントロールの不能にも思える感覚・・・・・・
そして身体の重力とは別の重さ・・・・・などは

病といえば病であろうし
怠けたがっている自分が引き起こしている
身体の誤作動感覚ともいえる。

うーむ。

今後もこういう状態になることは多々あろうが
病であろうと怠けであろうと、いかに重症化させないか
(ある程度は成り行きにまかせても、どこかで自己治癒力を発揮させる)
それが大切だ。

(重症化すると、うつが更なるうつを呼び、どんどん
しんどさが深化するから、そこに至らないようにする!)

考え方を変えれば、うつの小波~中波くらいであれば
そう怖れることはないし・・・なんくるないさ~・・・
それらを乗り越えているから大波が近づきにくいのかも。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

今週の反省…うつ弱中波

ま、反省というか、今週の振り返りを。

<状態>うつに逆流しかけたような感じ。
憂鬱、倦怠感、やる気の去勢が著しかった。

<良かったこと>自分を責めない、追い詰めない。
「ダメな自分」を頭のなかで膨らませない。

<睡眠>お薬に頼ったが、だいたい朝4~5時には入眠。
午前の入眠の日もあったが、日の高いうちには起きた。

<食欲>夜中の食欲が復活。

<行動>最低限のことはできたと思いたい。
顔も洗えなかった日は一日のみ。
「何もかもが嫌になり、自暴自棄」に走ることはなかった。


ここ一年以上、うつの大波に襲われていないので
かつては慢性的な友だちであった心身の不調にちょっとビビったが
まあ、「対自分比」でいえば、うつの小波から中波になりかけくらい
のものだろう。

(今や、小波くらいは、割と乗りこなせるようになったと自負)

中波のなりかけ、・・・えっと弱中波と称す・・・
弱中波は、それなりにキビシイものがあったが
「ココロをある程度は沈めつつも、完全には沈まない」よう
ぷかぷか自分を浮かしておく技のおかげだろう
それ以上の波をかぶることはなかった。

(この技は、のん気でいることで培われます!)


それにしても、なぜ今、こんな不調がやってきたのかと考えたら

一.自然の周期。心身のバイオリズムだね。

一.夏はずっと引越しなどで緊張しており、それがやや落ち着いて
   「燃え尽き症候群」のような、くたっと、ココロの隙ができた。

一.自分がどれだけ成長したのか、自分を試している。

を思いつくのだが、答えはこの3つ全部のような気がするな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

コタツ睡魔

10月24日(土)

昼食のあと、コタツでテレビを観ていたら
ほどなく眠りに落ち、そのまま日が暮れてしまった。

(今日の起床は正午頃。つまり一日中寝ていたようなもの。
きのうも夕飯のあと2時間以上コタツ寝をしてしまったなー)

「お布団ではなかなか眠れない」と言いつつ
コタツでは魔法にかかったように眠れてしまうのだ。


夜は、キムチ鍋。

お肉、豆腐、きのこ、コンニャク、キムチは常備しているので
あとはそのときある野菜を用意して、炊事が面倒なときは
「キムチ鍋!」なのである。

(キムチの量をケチるので、それを補うべく市販のキムチの素と
日本酒と味噌と豆板醤とすりゴマなどで適当に調味)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop

はふ、はふっ、生きてます

10月23日(金)

はふ、はふっ。

かろうじて息をつないでいた。

今週はぐわんっと心身の調子が崩れ
週の後半になり、さらに悪化。

(それでも、まあ、昔のように
布団から出ることもできないほどの状態ではないので
ご飯だけは作ってます)

☆本日の晩御飯☆

餃子・・・・大袋の皮を買ったのを忘れ、いつもの感覚で
具を用意したら、皮がいっぱい余ってしまった。
(皮は、冷凍庫行き。今度スープに入れよう)

あさりの味噌汁

ほか、常備菜。(母作の、ずいき酢の物、南瓜煮など)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

PageTop