FC2ブログ

生を実質する

名越康文さんの8月20日のツイッター

今日一日、一瞬一瞬を大切にできる集中の感覚は、養う必然がある、養わなければ何のこっちゃ丸で分からん感覚です。この道の実践なしに、いくら他人や社会を批判しても生はカラ回りするだけだと、私はいつも申し上げます。ため息が出るほど無視されますがね〜。
https://twitter.com/nakoshiyasufumi/status/634500761045606400

「養った人」にだけ解る
感覚ってあると思う。

せっかく生まれて、ここまで来たんだもの
わたしも「何のこっちゃ丸」に安住するのじゃなく
どんどん養っていきたい。

(方法はいくらでもある。たとえば今読んでいる
『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』にも
ヒントが詰まっている。

要は「やる」か「やらないか」だけなのだろう)

こういうツイッターと出会えるのも
自分への励ましになるなー。

名越先生、ありがとー。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

親ケアしつつ休憩の日

8月21日(金)

ゆうべ、実家に帰る。

今年は厳しい残暑もなく、このまま秋に突入?
と思えてならないぞ。

立秋の声を聞いてから夏の盛りが
すっかり姿を消した北陸の空気なのだ。

今日は雨が降ったり止んだりの日。

イチゴの苗を植える準備なのかしら
あちらこちらで
ご老人たちが大地と向合っている

そんな畠道を自転車で通りぬけ
牛乳4本、豆乳1本などなど
いつも通り、ダンボール箱いっぱいに
食料品の買い物を。

こずくら(ぶりの小さいの)を2尾買ったので
母ちゃんにお刺身&煮つけ&味噌漬けにしてもらう。

(今日はできるだけ体力温存したく、家事は
昼食を用意した以外はお休みなのだ。それに
母ちゃんの能力もたまには発揮してもらわねば!)

早めの夕飯をいただき
(こずくらの内臓、美味~し)

夜、金沢に戻る。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

頼るのも大事

8月20日(木)

昼、Mさんに迎いに来てもらい
数日ぶりの新居に行く。

わーい。

壁も床も新しく、ピカピカだ。

(えっと、ちなみに、車内でも
現場でも、きのうの仰天事件が
大きな熱量で話題になったことは
言うまでもない。

あらためて、Mさん、ごめんね。
そしてありがとうなのだ)

(それから、古い物件を買ったけれど
ボロボロすぎて、あんなこと、こんなこと
泣き!泣き!泣き!な経緯を、Mさんに
聞いてもらう)

今日は

トイレのドアのシートを選び
(一旦決めたのを保留にしていた)

お風呂のドアの相談をし

あらたに、お風呂の蛍光灯カバーを
おまかせし

セルフでやろうかと思っていた
キッチンの壁塗りもプロにお願いすることにし

などなど

外注リフォームも大詰めだ。

一人ではここまで来れなかったと
つくづく思う。

これからも、みなさんよろしく
お願いいたします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


Mさん(泣く、なく、ナク)

8月19日(水)続き

Mさん(室内装飾のプロ)と電話で話していたら
仰天極まる話を告げられる!!!

換気扇の交換を頼んでいたのだけれども
・・・・それをMさんがやっていたら
(本業とは違う作業だけど、引き受けて下さった)

なんとそこには語るも涙!!!!!のものが
詰まっていたらしい。

わたしが騒いで、ぎゃーぎゃーと
「聞きたくない」ムードを伝えたので

はっきりとMさんは語らなかったけど
換気口から外に伸びる、煙突みたいなところに
相当なる量の「元・生き物」が詰まっていたらしい。

なんてこった!

しかも、それを取り除くために
Mさんは、思いっきりの向かい風を受けながら
あれこれ格闘して下さったのだと。

「あなた、自分でやらなくて、良かったよ。
絶対、自分でやるのムリ」。

はい、その通りでございます。

まるで夏のホラーのような出来事だ。

Mさんには一生感謝である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

水浴びする人

8月19日(水)

本日の引越し準備は
キッチンのもの色々などでありました。

毎日、水浴び。

今月上旬のゴミの日に「ガス台」を出し
「いっそガスも止めてしまえ」と思い立ち
その日のうちにガス停止を依頼したのだ。

んで、それ以来
水の出るシャワーを浴びておる。

夏って、いいね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

曲水の見える庭

今のアパートを決めたのは

(当時は地理的な感覚がゼロのなか
やっと見つけた不動産屋さんに貼ってあった
物件を紹介してもらったのだったなー)

借景が一番の理由。

かつて武士の方が住まれていた名残の庭が
(当時の木々はないのだろうけど、曲水があるの。
まあ、それは住み始めてから気付いたのだけど。
とにかく現在のお庭自体が緑いっぱいで、すばらしいのだ)
見え、もうこれに一目惚れしたのだな。

ここには9年
(賃貸を一つ所でした最長記録を更新し続けた)

お世話になったので

アパートの部屋のすぐ横の
どっしり伸びた大きな木に
野鳥が遊びに来るのは
おなじみの景色なのだが

先日は珍しい鳥が来た。

あれはハトだと思う・・・。

地面に集うハトじゃなく、木に止まって
遊んでいる(休んでいる?)ハトって
なじみない気がするぞ。

この9年間
すばらしい借景をくれた、この部屋と
隣家さんに感謝である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

プチ収入

8月18日(火)

本日は、本を詰めた箱の再点検
(もっと持っていく分を減らす)と
服の整理の続きなど。

夜、とても魅力的な店舗を開いている
近所の古本屋さんに来てもらう。

2百冊近くあったと思うのだけど
なんと二千五百円にもなった。

昔、別のところで
2千冊(くらいだったかな?)を
買い取りに来てもらったとき
「売り物にならない本もあるので
廃棄代がかかるから、プラマイ、ゼロ円」
と言われたことがあったり

また、ちょこちょこと自分でブックオフなどに
もっていっても数十円とか数百円くらいしか
もらったことがなかったので

これは感激の展開であった。

ありがとう、O書林さん。


 *  *  *

夕方、部屋からきれいな夕日を見て
「人生は切れ目がないんだなー」と
いうことを、なんとなーく思う。

冷蔵庫の整理をしなきゃなのだけど
ガツンとしたものが食べたくなり
夜の犀川を渡ってスーパーへ。

ハンバーグのおかずセットを
(ウインナーとフライドポテト付)
つまみにチューハイ飲んでいたら
「今日の仕事はおしま~い!」気分に
なってしまった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

引越し準備に思う

8月17日(月)

今日から引越し準備を開始。

まずは、本の整理と
服の整理。

初日にしては
まずまずの進み具合でありましょう。

それにしても、新居

(まだ愚痴が続くんかいっ。
このブログで大分愚痴っている!)

安く買ったつもりでいたのに
どんどん修理&リフォーム案件が出てきて

(これは古い物件を買った際の「あるある」
なんだろうなー、とは思う)

精神的にも疲れるのであるが

今夜、ひらめきました。

「いくらかかるか(悶々)じゃなく
それをどうとらえるか
が大切」

なのだと。

やってくる出来事に
どう向き合うか?なのだ。

もちろん出費は少ないほうが嬉しいけれど
必要経費は必要経費として、気持ちよく
前向きにモノや課題をとらえていきたい。

あと、それの繋がりで思ったのだけど

たとえば本や服の整理も
単に「持っていく物を選び、箱に詰める」と
いう行為なのではなく

これは一種の心の洗濯でもあるのだなぁ。

(長年手放せなかったものを、やっとこの機に
手放せるようになったりとか

モノを手にした瞬間に過去の自分とつながって
心の状態がどうなるかを体験したり

場所との思い出、人との思い出がよみがえり
執着とか痛みとか、あるいは解放とか色々でてきますな~)

そんなわけで

わたしは今、引越し準備の渦中にいるけれど
せっかくの機会なので
「目に見えること」だけに価値を置くのではなく

これを通して、少しでもあたらしい自分と
出会えたらいいなー、と思うのだった。

(ふむ、前向きだ)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

『友だちリクエスト』

小田嶋隆さんの本
『友だちリクエストの返事が来ない午後』
を読み終える。

(そんな暇があるの!という感じだが、先日ひょっこり
図書館から「予約本の用意ができました」メールが届き
・・・ああ、たしか、何ヶ月か前に予約してたのだ・・・
寝る前に少しずつ読んでいた。
忙しいときこそ、平常心を大切にしたいものです)

本書の感想に代えて、小田嶋さんの文章を紹介。

   *   *   *   *   *   *

ただ、群れることにストレスを感じる人間もいる。

これはとても大切なことだ。

たとえば、私は、結婚式の二次会や、職場の同僚の親睦会や、
ネット発のオフ会に集う仲間たちが、互いの目を見つめ合いながら
頷く姿になんとも言えない圧迫を感じる。

また、フェイスブックの「友だち」たちがしきりに「いいね」をくり返しながら
総数を増やしていく設定に、うまく適応することができない。

これは、異常なことだろうか。

若い人たちのなかにも、実はよく似たタイプの人間がいる。

彼らは、孤独になれないことに悩んでいる。



(小田嶋隆・著
『友だちリクエストの返事が来ない午後』
2頁より引用。

ただし
改行は、一行空けに変えてあります。
また、本来は改行なきところを
適宜改行もしてあります)

友だち付き合いは
自分自身とどう向き合ってる?の
現われでもあるのかもなー。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

エアコンを自分で切断してみたら

8月16日(日)

ふむっ。

夏後半だ、元気で行こうー。

昼に金沢に戻り、夕から新居へ。

エアコンの(なんというのかな、たぶん
室外機につながっていると思うのだ)
びぃよ~んと伸びているホースのようなものを
切る。

「使えます」と前の所有者は言っていたし
まあまあ新しそうに見えたエアコンで
そのまま使おうかとも思っていたのだけど

この、びぃよ~んと伸びているホースみたいのが

なんと、サッシ窓に穴を開けて通されているという
まさか!のシュチエーションで。

(サッシ窓の向こうは、サンルームという名の
実質ベランダなのだ。なので、まあ、サッシ窓=外窓
ともいえよう)

この状態では、思うようにブラインドが取り付けられない
との判断を下し

ここは思い切って、男らしく
いやちょっと変人的行為かもしれないが

チョキチョキっとハサミを入れて切ろうと
(洗濯機の排水ホースを連想して)

作業を始めたら

あぎゃぎゃぎゃぎゃ~~~~

くるくるテープを巻かれたホースの内側は

排水ホースのようなもの、の他に
三本(三色)の電気っぽい線と
銅のような細い筒状の線二本が

あったのじゃ~~~~。

んで、用意していたハサミでは切れず
(途中でハサミ、破壊)

ペンチで、えいっやぁこりゃっと
切っていたら

途中でプシューーーーーと
すごい勢いで何かが漏れ出す。

な、なんなの!?

(おそらく、銅っぽい管から漏れている)

とにもかくも、恐くって

(だって何が漏れているのか分からないんだもん)

このまま爆発したら、どうしよう・・・

無色無臭のようだけど、このままここにいたら
死んでしまったりして・・・

と、頭のなかはパニック状態。

実際は1~2分のことなのかもしれないが
もっともっと長い時間、気体が漏れていたように
感じたのであった。

んで、この漏れが落着したあと
再びペンチを握って、「切断!成功」したのだけれど

これではホース状のものが
サッシ窓の穴からニョキッと顔を出している状態には
変わりなく
(外に押し出すことが出来なかった。単に切断できただけ)

同じ切断作業を、サッシ窓の外側からも
せねばならぬのであった。
(今度は謎の気体漏れに心臓バクバクすることなく済んだ)

(ちなみに、このホース状の行方を追うと
サンルームの上部をずずっとつたい
さらに上階に続いているようであった。
室外機が屋上にあるのかな?)

あー、古いって、大変。

このあとは、湯沸し器と、そこから続いているガス管
(むき出しで台所を走っている)の、ひとまずの掃除。

おつかれさまでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

まだまだ修行が足りないね

8月15日(土)

マンゴー茶の残ったカップに
うっかりアイス珈琲を入れ
・・・・できあがったのは
思いがけず美味しい
フレーバー珈琲なのだった。

どうも、心の健康がよろしくありません。

このお盆休みのあいだにしようと思っていた
仕事がほとんど進んでないからでありましょう。

うー、仕事とは、実家のいつもの用事

畑と庭の草むしり、食料買出し、家事など。

今回はお盆が終わったら、金沢に
ぴゅっと帰らなければならないので
なおさら心に余裕がないのですな。

こうなると、仕事とは関係のないこと
普段は鎮めるようにしているアレコレまで
黒い思考に乗ってやってきて
それはどんどんエンジンふかして加速して
わたしのなかで増殖を始めてしまう。

心、イライラ。

おまけに、それを周囲に出してしまう
(イライラ波動ですな)、わたし。

はぁー。

午後は、暑さぶりかえしたなか
田舎道を汗たらたらと買い物に行き

鯖をおろして、味噌焼きなどにして
治部煮風の鶏入り煮物をこらしらえ

日が落ちて手元が見えなくなるまで
庭のおおざっぱな草むしりをする。

まったく、わたしは。

勝手に問題をこしらえ、それにイライラし
・・・・・・修行の足りんおのれを抱える
お盆であった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

旅は苦行、苦行は学び。(そしていつかは思い出になる)

今回の帰省をした日も

トイレでは家人の拭いたあとの
でも薄っすらと跡の残っている部分を
「豆ぴか」で拭きとって

(どうしたことか、家人は排便の折に
ウンちゃんが便座についてしまうらしい)

あちらこちらで忘れられ腐ってしまった
果物や野菜を捨て

(台所の冷蔵庫、車庫の冷蔵庫、台所のあちこち
納屋のあちこち・・・、家人は気の向くままに
食べ物を置き、そしてそのまま忘れてしまうのだ)

家人から、ほのかに匂うものをとらえ
「シャワーしてないでしょ」と文句を言い

(一人だと、お風呂はもちろんシャワーも
あまりしないみたい。まあ、冬場の
「一人でいるときの入浴はこわい」は
年齢的に分かるんだけど、夏はシャワーくらい
浴びて欲しい)

せっかく育ったアサガオの葉っぱが
「なーんか、さみしくなっているような」と
感じていたら、大量のフンまで発見し

(残念ながら、こういう異変に家人は
なかなか気付けなくなりました)

これは! と、グリーンカーテンを観察したら
親指2本を繋げたほどの青虫が4匹もいて

ぽいっと遠くに投げて、数分後に見てみたら
跡形も無くなっていたのは、野鳥のご飯になったのだろう

などなどの出来事がありました。


ゴリラ研究の第一人者
山極寿一 京都大学総長の名言bot より

家族の旅は、身体の能力や生理の要求の違う者たちが、寝起き、食、移動をともにすることを余儀なくさせる。ふだん自分の欲求や能力だけに従って暮らしている者にとって、これはなかなかの苦行である。
https://twitter.com/yamagiwa_j_bot/status/628810459236270080


現在、家人(80代前半)とわたしは
半同居状態だけれど

これも「家族の旅」のひとつの形だろう。

同伴者がいることは、ありがたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

誰だって、いくつになっても、ほんとは可愛い

8月14日(金)

今日も、つくつくぼーしが
よく鳴いている。
(夏の終わりの蝉ですな)

おまけに、空には
秋の雲が広がって。

どしたの?どしたの?

夕べの雨で、ますます涼しくなって

夏が終ってしまうの?
って感じ。



午後、お墓参りのあと
親戚の家に行ったら

帰省中のイトコたちから
バーベキューするから一緒にどう?
と誘ってもらい、母と一緒に飛び入り参加。

愛くるしい笑顔が魅力だったY君は
今や「思春期のヒト」となり
表情崩さず、会話もほとんどせず

その分、妹のCちゃんは、これまで
ウルトラ級の人懐っこさを見せてはいなかったのに
このたびは
チャーミングにもほどがあるだろう!というほど
めろめろな可愛さを惜しみなく周囲に与え

(葉っぱの手紙とか、蟻の観察とか
色々楽しかったね~。

嬉しい! 楽しい! ということを
Cちゃんは表情と言葉でちゃんと表現してくれるし
お別れするのが悶絶するほど寂しいというのも
身体いっぱい表現してくれた。

ありがとうを、百万回言っても足りないほどの
幸せ時間でした)

子供の成長って面白いなーと
あらためて知ったのだった。

二人の親であるS子さんは

この子は“こういう子”なんだって、決めつけちゃ
いけないってことを学びました
(出会う人、環境によって、どんどん新しい一面が
出てくるのを、日々の子育てで目の当たりにしてきました)

という話をしていたけれど

これって、きっと、大人にもいえるのだろう。

そして、我が母はCちゃんを見て

「今が一番可愛いねぇー」と、誰に向かってでなく
つぶやいていたけれど

「そんなこと、ないよね。いつだってずっと可愛いよ。
(今までも、これからも)」

と、わたしは言っておいた。

「今が一番可愛い」という気持ちは、よく分かる。

だけど、これは単なる周りの都合なんだよな。

誰だって、いくつになっても、ほんとは可愛いんだ。

(大人になるにつれ、なぜか変化する可能性を出し惜しみ
おまけに可愛らしさを封印してしまうんだよなぁ・・・。
わたし自身もその当事者だけど)

ふ~ぅ。

お酒を飲みながらの大人の会話も
リラックスして楽しかったし
(つくばの教育事情とか、芝生の手入れとか
野菜や花のことあれこれとか・・・)

花火をするのも数年ぶりだったし

思いがけないイベントになった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

帰る場所

8月13日(木)

内科でもらった睡眠の薬は
「効く」と思う日もあれば
2倍の量を服用しても
「あまり効かない」と思う日も。

ゆうべは帰省するつもりだったのだけど
あまりのヘロヘロ疲労感に
ちょっとだけ仮眠をとって、結局は
「あしたの朝イチで帰ればいいか」と
方針変更をしたのだった。

んで、その仮眠のせいもあろうし
早起きせねば!の
プレッシャーもあったのだろう
あまり上手に眠ることができぬまま
・・・今日の起床となった。

          *

お盆ですなぁ。

独り身には、色々厳しいこともある
時期ですが

この時期もやり抜きましょー。

(今のわたしには「帰る」場所がある。
ありがたいことだなぁと思うのでした)

          *

そういえば、今朝は、今年初めて
つくつくぼーし、の蝉の声を聞いた。

今年は立秋になったとたん
猛暑が和らいで、かくんと夏が急降下した
感じだなー。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

古いお家

免疫がある、と思っていたのだな。

新築やそれに準ずる所に暮らしたこともあったけど
30歳前からはずっと、古い建物
「自分の年齢」とほぼ同じ歳くらいの賃貸を
住み替え続けてきたのだ。

(会社員を辞めたばかりの頃は
「貧乏暮らし」=自由の象徴のようでもあり
古いアパートも、嬉しかったなー。
しかし、今は、そんな感慨は全くない)

古い物件への免疫はかなり高度なほうだろう。

とはいえ、買ってから、どんどん気付く
あたらしい住まいのボロ具合には涙が出てきそう
なほどなんだけど・・・。

これは
「人間って、同じことを繰り返す」法則のなかに
いるのだなー、とも思う。

(誰だって、人生のクセってあるでしょ?)

新築好きな人には、決して体験することはない
(だって、こんな古い物件、わざわざ買わない)
できごとなのだ。

わたし自身が古い住まいに
自ら飛び込んだというわけだ。

古い建物を、きちんと手入れしながら暮らすのは
とっても魅力的・・・

そんな思想の種が、わたしをここに導いたのだねぇ。
(たぶん、きっと)

建物は生き物のようである、とも
思うようになった。

お世話をね、してあげないと
いけないの。

「ここに居す限り、掃除だ!」

心のなかで
ちいさなこぶしを上げるのだった。

(無理のないように、たのしんで、実行していきます)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 06月 【6件】
2020年 05月 【62件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク