ともみ@ピクニック

女と男、そしてお金

なにやら、にわかに注目を集めている「後妻業」。
確かにその言葉の響きだけでも、インパクトがある。

先日の朝、お布団のなかでケイタイのテレビ音を聞いていたら

「男の人も、それは承知の上なんですよ。
二人のあいだに愛はない。相手の女性は
自分のお金が目当てなんだって。

さみしさを埋められるなら、そういう女性でも
いいと、男の人自身が思っているです」

と、そのスジ(?)に詳しいという人が語っていた。

ふぅぅぅむ。

わたしは、ひとり大好き人間なので
「孤独感をまぎらわすために、異性にお金を使う」
という感覚がわからないけれど
まったく想像の余地がないわけではない。

また同性として、「お金目的の結婚」をする女性に
親和の情はわかないが、それでも
「生きる状況が違えば、人はどうなるかわからない」
程度の思いはある。

もう十数年前になるけれど
ベトナム女性の半生を描いた小説『天と地』を読みながら
「わたしも、当時のベトナムに生まれたら
他国の異性によって人生を大きく変える
そんなこともあったかもしれないなぁ」と思ったっけ。

もっといえば、『天と地』なんて読むずっと前から
「もしも、わたしが敗戦後の日本に、娘さかりで
お金をはじめ、なにもない、ないないずくしの身であったら
勝戦国の男性と親しくなって、人生の舵取りをしようと
したかもなぁ」と漠然と考えたこともあった。

(しかし、そんなことを考えるなんて、昔から
わたしはなんてヒマジンなんだ。。。
ま、ドラマなどで当時の女性の生き方を観て
そういうことを考えたのだろう。。。)

そういえば、多くの友人たちの結婚を見送ってきて
「愛だけ」で結婚した人を、わたしはあまり知らない。
(わたしが知らないだけで、実際はどうかは不明)。

適齢期になった彼女たちは
「これといった人が現れなかったから」とか
「今から誰かを探すのは大変だから」と
たまたまそのとき付き合っていた男性や
昔から好いていてくれた男性と、結婚していった。
(もちろん、お相手の男性は一流企業にお勤めだ)。

彼女たちはとても常識的なのだと思う。
相手の経済力をまったく気にせずに結婚に踏みきれる
のは、ほんの一握りの女性であろう。

(男性の側からすれば、これまた男性なりの、口には出さない
愛以外の条件を胸に秘めていても不思議ではない)。

そもそも、「お金目当てに人の命を奪う」なんて言語道断だが
お金と男女のつながりには、大昔から切ってもきれないものがある
のだろう。

「後妻業」の正確に意味するところを知らないが
仮に「お金を頼って、後妻となる」だけのことならば
そう目くじらを立てることではないのかも。

中年ロマンチストの我としては
男女は愛をもって結ばれて欲しいなぁ・・・といまだに思うけれど

案外世間では、孤独とか、お金とか、あるいは世間体とか
そんなものでも、男女の仲はまわっているらしいのである。

豊かな日本に生まれ育ったわたしは
男性と恋に落ちて人生のステータスを上げる
ということに憧れはしないが
もしも生まれた環境、育った環境がちがったら
わたしなりのシンデレラ物語を望んだかもしれない。
(まったく愛情を感じない人とは一緒にいられないけれど
まあまあイイなと感じられる人となら、金銭という秤も働かせ
より経済的に余裕のある暮らしへ、より色んな体験をできる人生へ…
階段を登っていくように、人生を楽しんだかもしれないぞ)。

ま、色恋のうすい人生を歩んできた、わたしのたわごとである。


**追記**

上の文章を読み返してみると、「その気はない」といいつつも
シンデレラストーリーを自分にあてはめる話を三回も
書いているではないかっ。
(しかも、ちょっとずつ話が具体的になっている)。

実は、深層心理では、その気満々なのじゃないか? 自分。
むはっ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


PageTop

過眠症の懺悔

11月28日(金)

多くの人は7、8時間の睡眠で満足を感じるという。
なかには4~5時間の睡眠で毎日を送っているつわ者も
いるそうな。

わたし、7、8時間の睡眠では、足りないんだよな。
(最近の実家では、昼の起床を果たしていたが、午後は
こたつで仮眠をとって、しのいでいた・・・)。

ふうっ。

もしかして良質の眠りなら、7、8時間の睡眠でも
翌日元気に過せるのだろうか。(ちょっと遠い目)。

おまけに「夜更かし大好き」な、たぶん
生まれもっての夜型体質であるわたしは
自然と「明るい時間のほとんどは寝て過し
やっとこさ夜に起きている」というリズムになりがちだ。

夜の静かな時間を一人占めできるのは嬉しいけれど
「健全な朝」というものをほとんど知らないわたしは
(朝に起きているときは、たいてい前日からの延長で起きている
だけで、アタマがぼぉぉぉっとしている)
人として、生物として、大切なものを受け取り忘れているような
気がしてならない。

わたしとは真逆の生活をしている、そう
朝の太陽を浴びて暮らしている人々には
まぶしいほどの尊敬の念があるんだぞ。

(老婆になっても、わたしには朝型生活はムリだろう。。。
ホントウは、例えば
冬は夜明け前に目を覚まし、部屋を暖め、湯を沸かし
深夜ラジオが終わるのを聴きながら、まどろむ
なんて暮らしをしたいのだ。
夏は朝露のなか草むしりをして、太陽がだいぶ登って
きたところで、家に入り、シャワーを浴びて、軽食をとり
ゆっくり昼寝をするとか)。

ああ、睡眠の話から、妄想の話に、話題が変わってしまい
そうなので、ここらへんにしておこう。

えっと

昨日はめずらしく早く入眠できて、「翌日こそは、早起きして
あの用事、この用事、活動をしよう」と楽しみにしていたのに

夜中、吐き気をもよおして、・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・数年ぶりに、「嘔吐」をしてしまったのだ。

(昨日は、チューハイ飲んだあと、スピリッツをストレートでくいくい
飲んでいたが、量としては、そうたいしたものではないと思うのだが。
ああ。お酒に弱くなったのか。それとも、湯あたりも関係あるのかな)。

そんな夜中の騒動があり、結局、本日も早起きはできず
起きたら16時をまわっていたのであった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


PageTop

すてきな独身男性にはずっと独身でいてもらいたい、という女心

きのうの日記に書いた大型風呂ではサウナにも露天にも
テレビがあって、かつては「うるさいなー」と思っていたものの
今では高齢ご婦人方と仲良く裸で画面を見つめるわたしであった。

で、夕方の情報番組で、著名人のカップルを取り上げていて
湯船のなかのわたしに「はた」と思うことがあった。

―― なぜに先日の、向井理さんの結婚秒読み報道に
わたしは「えっ(ショックかも)」となったのか?

最近じゃんじゃん、大物有名人カップルが報道されているが
そのなかで、わたしは、向井理さんの報道に少なからずの
戸惑いを覚えたのだ。

もともと向井さんに、好青年だなーという好印象は抱いて
いたが、ファンというほどではなかったのに。

だけど、「ちゅらさん」女優さんとの報道を知ったとき
たしかに、わたしの心には驚き以上のものがあったのだ。

所詮、手の届きようのない相手なのに
なぜにこんな感覚になったのだろうなぁ。

ほどよい温度の湯船につかって
ぽーっとなったわたしの頭にやってきたのは

――彼には不完全な部分をもっていてもらいたかったんだ。
という答え。

いわゆる独占欲というものではなく

わたしは向井さんに
(ここでは向井さんだが、おそらく、いいなーと思う男性に対して
わたしが日ごろから無意識に抱いている気持ちなんだろう)

「伴侶を有する」能力には欠けている、という

ある意味で、人として欠点ともいえる部分をもっていて
欲しかったのだな。

(色んなエゴをもっているもんだなー。
人間って、おもしろい)。

向井理さんほどの、容姿、頭脳、才能、性格
なにもかもが完璧に見える男性が

「人生をともに生きていこうと誓える女性」をも得る
なんて、想いをひっかける隙がなさ過ぎじゃないかっ。

(うう~ん。女心って、複雑だ。ってか、面倒だ)。

でも、国仲涼子さんは素敵だし
こうなったからにはオバチャン目線で、お二人を応援しよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


PageTop

お風呂屋さんの日

11月27日(木)

やっとこそさ
午後3時半の起床。

どこかに出かけないとなー
たまには消費しなくちゃなー
と、前々から思っていたのと

ゆっくりお風呂にはいりたい
(寒くて、アパートで入浴したくない)
気持ちに押され
近所の大型お風呂屋さんへ。

大好きな
電子風呂や寝風呂や炭酸風呂
などなどを、行ったり来たりしつつ

ときどき
露天の寝そべりチェアで全裸開放の休憩を。
(ぼややんと空を眺めていたら
二列の雲をひく飛行機が通りすぎてゆき
あー、訳なく幸せを感じる)。

最近はごぶさただったので
ちょっと躊躇した水風呂も
ぬくぬく肉弾をしずめてみると
えもいえぬ心地よさに包まれる。

ううっ、幸せだわ。

ただ、お風呂力が落ちている
(お湯につかるのも体力いるからね)
のを感じたのと
ひさしぶりに計った体重が
予想どおり、すごいことになっていた
のは、反省である。

その後
たっぷりの冬野菜と鶏をつかったお弁当などを買い
三日月に見守られながら、帰宅。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


PageTop

配偶者と独身者

昨日のジャムザワールドのテーマは
「配偶者控除の制度の見直し」
だったので、あえて、ラジオを消していた。

この話題のときは、避ける。

なぜならば・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

配偶者が勤め人をやっているだけで
なーんで、もう片一方の配偶者は
お得満載なんやねん。

主婦は年金保険料を払わなくったって
将来は配偶者の恩恵で、年金もらえるし。
(もちろん国民年金の被保険者の妻は
自分で保険料を払わなくてはいけないが)。

「その分、家庭を守るという仕事をしてる」
というならば、
おひとりさまで、買い物も、掃除も、洗濯も、料理も
ゴミ出しも、ぜーんぶ、ぜーんぶ、こなしている
単身者には「家のことも頑張っているね」手当てが
あってもよろしいのではないか。

しかし、今や、独身の者には独身税を
子を持たぬ者にもそれなりの税を課そう
(お国の役に立てなくてゴメンね税か?)
なんて冗談では済まされぬ話もあるご時世だ。

なぜに、勤め人の配偶者ばかり
恵まれているのじゃ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、嫉妬の念が生じるからである。

今日も、そういう事態を避けるべく
ラジオを聴かないようにしていたのだが

うっかり、最後のほうだけ、聴いてしまった。

そうしたら

「わたしは専業主婦です。
配偶者控除の見直しには反対です。
でも、どうせ、わたしには関係ありませんが。
正社員ならともかく
パートの仕事は、税金代を稼ぐために
働くようなものだからです」

という投稿を耳に入れるハメに。

ぐうっ。

嫉妬の炎を点火するのも忘れ、とても悲しい気分になった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

眠り三昧、そして夜更かし

図書館が休閑になってしまったのと
「どうせ雨らしい」という理由から
天性の眠り力を発揮する、ここ数日・・・

11月24日(月)
01時ころ入眠
18時前の起床
ずっとトイレをがまんして寝ていたら
起きて一番のおしっこからは、トマトジュースの匂いがした。
(前の晩に、ごくごくトマトジュースを飲んでいた。
睡眠中に体の水分が奪われ、ずいぶんと
トマト濃度の高い体液になっていたのだなー)。

11月25日(火)
朝方の入眠
18時半過ぎの起床

11月26日(水)
朝方の入眠
20時前の起床
(夢を見ていると、いつまでも夢の世界にひたっていたくなる。
人生も同じなのかな?
大きな大きななにかのなかで「人生(現実)」という夢を見ているだけ)。


          *         *         *


アパートに戻ってきて
まだ一度もスーパーに行っていない。

実家からもってきた「カット野菜」「炊き込みご飯」をはじめ
在庫の麺や、レトルト品や、冷凍してあったパンなどなどを
気ままに食べて、しのいでいる。
(一人だと、お菓子でお腹を埋めることも多いし…)。


          *         *         *


普段、実家でも夜更かしをしているけれど
そこには罪悪感がともなっているんだよなー。
(親の手前もあるし、あの家はまた夜中に電気がついている
と、新聞配達の人や、なにかの折に起きた近所の人に
思われるのではないかと、びくびくしているのだ。
・・・・「新聞配達の人にまで気をつかう?」と思われるかも
しれないが、都会と違い、地域共同体色の残る田舎では
どこがどうつながっているやもしれぬ、他人ではあっても
新聞配達人の人にさえ、完全に気を抜けはしないのだ。
・・・・うぎゃあ、小心者のわたし)。

せっかくのアパート滞在だもの
おひとり様の夜を堪能しよう。

「ラジオ深夜便」で特集している、松山千春の歌を聴きながら
(ううっ、昭和に未練はないと思いながら、昭和歌謡に胸がうずく)
ラム酒のホットミルク割りをお供にして、夜更かしを楽しむ
水曜日の深夜であった。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


PageTop

世間を煩うのは、愚かしい

ホントウに、わたしの頭って
ごまかすのが上手いなぁ。

「無言の圧力」だと?
わはは~、笑わせるぜ。

「世間の価値観」だって?
それはあんたが作りだしたものだろ。

あのねっ
そういう諸々は
あんたの頭のなかにしか
存在しないんだよ。

被害者ぶるのも、いい加減にせいっ。

先日の、「労働を悪者にして、労働を愛せなかった自分」
もそうであるが
わたしは何かを悪者にして
(たとえば、世間の価値観とか、同調圧力とか)
おのれの人生に責任をもつことから逃げてばかりいる。

世間を煩うのは、愚かしい。

だって、世間には、ちっとも否がないんだもん。
(ただ存在しているように見えてるだけ。
世間なんて、リアリティー満載の想像物に過ぎぬ。
そこにわたしがその時々の色をぬっているだけ)。

煩うおのれが愚かしいのだ。


・・・・と、ひとつ下の記事を書きながら
自分に話しかけている自分であった。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

「家のない生活」を通じて彼が辞めたこと

ひさしぶりに魅力的なお人を知った。

坂爪圭吾さんという方。

彼の「いばや通信」というブログで
(家のない生活を通じて)私が辞めた10のこと。
    ― 「こうあるべき」というあらゆるものは嘘である。

http://ibaya.hatenablog.com/entry/2014/11/07/093119
の記事を読み、やばい、やばい、これはもっとシェアしたい~

と、悶絶モードになったので、このブログでも紹介しておく。


みなと同じ所に立ち、みなと同じ方向に歩いて行く・・・
日本には「無言の圧力」が蔓延して生き苦しいわ
なんて思いがちだけど
それって、実は、自分が勝手に
脅しの文化にのみこまれているだけなんだよねー。

わたしの場合も、たとえば、独身、無職、子なし
おまけに社会貢献ゼロな、この個性を
ネガティブな材料としてとらえ、自分を蝕む
というクセから完全には抜け出せていないけれど

本当は、この個性をネガティブにとらえる
必要なんてどこにもないのだ。

わたしは誰からも押し付けられていないのに
まぼろしの「世間という価値観」に責任を転嫁して
脅しの文化を、自ら享受しているに過ぎない。


そういう愚かさに気づき
脅しの文化とはバイバイして
オリジナルな人生を歩んでいる人は
いる。

(そういう人の存在を簡単に知ることができる
インターネットって、すばらしいな)

「いばや」の坂爪圭吾さんも、その一人だろう。

(ここでは、「家のない生活」を通じて彼が辞めたことを
転載はしませんので、ぜひ直接、彼の文章をお読みいただきたい
http://ibaya.hatenablog.com/entry/2014/11/07/093119)。

坂爪さんに共感するところはたくさんあるが

ずっと同じことをしていたり、ずっと同じ場所にいると
自分が腐るような感覚を覚えることが多い。


なんて言葉に触れると

「おおっ、魂の同志だ」と思ってしまう。

(いやいや同志なんて失礼ですね。ごめんなさい。
心の師匠と呼ばせて下さい)。

わっしょい。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

ボブ・ディランさん

ほっとする、ラジオ番組をみつけた。
http://www.interfm.co.jp/bobdylan/

ボブ・ディランがそっと夜をなぐさめてくれる。

英語のヒアリング力がないのはもちろん
洋楽なんてほとんど分からないわたしにも
とっても耳心地よい。

日曜深夜、おすすめだ。
(わたしは、PCのラジコで聴いてます。
ネット環境があれば、全国どこでも聴けます)。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

無意味プレッシャー

11月23日(日)

「なんとなーく、実家にいるのは
平日よりも、連休中のほうが気がラク」という
(対家族ではなく、対世間の目という)

無職にありがちな、無意味プレッシャーが我にもあって
普段の連休は進んで実家に滞在することが多いのだけど
今回は連休を目の前に、アパートに戻ってきた。

なぜなら「もうすぐ図書館が長期休閑してしまう」から。

新しく本を借りておきたいというのもあるが
「わたしの憩いの場、図書館の空気を吸っておきたい!」ために
なんとかギリギリ、休閑三日前の夜、金沢に戻ったわけだ。

(どうしてこんなに重いのだ、というくらい、実家にいると
腰が重くなってしまう。うぅ、寝巻きを脱いで、荷物をまとめて
公共交通機関に乗るということが、苦難に思える有様で)。

えっと、前置きが長くなったけれど

そんなわけで本日も早起きをし
(きのうは12時40分。きょうは13時過ぎの起床)
図書館へ遊びに行った日であった。

ああ、冬至まで、あとひと月なのだねぇ。
そんなことを思いつつ
近所のミニスーパーで牛乳を買って帰宅。

(本日の日記、内容とタイトルがぜんぜん重ならないな。
ま、無意味プレッシャーなんて、ほんと無意味なんだよっ!
と、自分に語りかける要素もあるので
タイトルはこのままにしておこう。。。。。)。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

おひとり一日目

11月22日(土)

お昼に起きて、図書館へ。

玉川公園のまわりでは、紅葉のつとめを
おえた葉っぱたちが、道々を色どっていた。

お久しぶりの図書館よ。

週刊誌を手に、窓際の席に座って
外の光を眺めたり、ぼけっとしたりなど
嗚呼、あまたいる居眠り爺さんたちと
さほど変わらぬ図書館の過した方なの
だけど、これはこれで今のわたしの
至福のひとときななのさ。

夕5時に閉館になったのちは
「まだやっているかなぁ」と思いつつ
すぐ近くの近江町市場へ。

果物屋さんを目視巡回し、最後の
お店で、フジ林檎6つ入りを買う。

あと、なじみの菓子屋さんで
チョコパイやスナックなど
いろいろ買い込む。

平和な、おひとり一日目であった。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

はいりのマトカ

11月21日(金)

映画 『かもめ食堂』 の撮影で滞在した
フィンランドが舞台になった
片桐はいりさんの初エッセイ本
『わたしのマトカ』 を読み終える。

この前読んだ
『グアテマラの弟』 もそうであったけれど
この人は地球のどこへ行っても、現地になじみ
愛されるのだろうなぁ、と思わされる。

読み手との距離のとり方が上手いというか
自意識の強さを感じさせないというか
それでいて、笑い、ほろりとくるツボを
じつに自然に抑えていて
これは俳優の勘が効いているというよりも
彼女のもって生まれた才能なのだろう。

ますます、大好きだ、はいりさん。

もったいないので、一晩に1つか2つのお話だけよ
とお布団のなかの自分に言い聞かせ
ゆっくりゆっくり頁をめくっていたのに
お別れの日がとうとう来てしまったよ。

ずっとひたっていたい「はいり」の世界。

ちなみに「マトカ」とは
フィンランド語で「旅」を意味するそうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜、ひと月近くぶりのアパートに戻る。

ひきこもり生活から、一歩脱する時間。

(たとえまたアパートでひきこもり時間をつむいでも
いったん実家を離れるという行動
・・・移動距離、時間、そして心的変化・・・が
今のわたしには必要なのだと思う)。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

いい風が吹きそうな場所

11月20日(木)

高倉健さんを、TV『クローズアップ現代』で追悼していた。

どうすれば貴方のような人になれますか?
という若者の問いかけに対して

いい人に出会うこと。
人に優しくなるためには、きつい風にばかり吹かれていてはなれない。
いい風が吹きそうな場所に意識して、自分の
体そして心をもっていかなくてはならない。

高倉健さんは、言葉を選びながらそう語ったという。


・・・・・本日の行動メモ・・・・・・・・・・

4日ぶりの外出。
(大量に食糧品の買出しを)。
田んぼの向こうのスーパーを往復する
だけでも、気分転換になってよい。

お夕飯は
握り寿司(スーパーの)
温野菜
味噌汁(なめこ、豆腐)など。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

安倍さんと春雨

11月19日(水)

今年の流行語大賞の候補に
「輝く女性」があがったそうだが

はて、わたしは
安倍総理の発言のなかでしか
この言葉の記憶がないぞ。

う~む
流行っていたのか、「輝く女性」。

そもそも「輝く女性」って、なんなんだ?

男性も輝いているとは思えん世の中で
女性をどう輝かせたいのだろう?


わたし、7年前の日記(2007年9月13日)で
http://picnik.blog91.fc2.com/blog-entry-401.html

安倍さんに同情する旨を明かし
「願わくは、この経験を経て、もっと開き直った、いい意味でのズ太さを、身につけていただきたい」
さらには
「欲をいえば、いずれ公人としても「それを身につけたうえで」再びというか今度こそほんとうに花開いて欲しい」
なんて書いちゃっている。

あわあわわわ、わたしの見る目がなかったのか
彼が変わっちゃったのか
(たぶん前者ですな。有名人をブラウン管の上から見て
あれこれと好き勝手な感想を言っているだけですもん)

アベノミクスを掲げ返り咲いた彼の言動には
ちっとも賛同できないわたしであった。

(総選挙、自民党には入れたくないが、では「どこに」入れれば
いいのだろう?? という心境の人は、わたしだけではないはずだ。
いっそ、共産党に票を上げてもらって、与党勢力に目を覚ましてほしい気さえする)。


★ ★ 本日の行動メモ ★ ★

今日も、だるくて体を起こせない。
(着替えも、洗顔もできず。ごろごろ昼寝三昧)

献立を考えるのも億劫で、夜ご飯は
豚キムチ鍋にした。
(困ったときは鍋ものに走る)。

いつもの食材のなか、新たなメンバーに加わったのは
「春雨」である。これまで、わたしのなかには
< 春雨 → 緑豆 → 中国産 > のイメージがあり
避けていたのだが、たまたま過日のスーパーで
「国産・春雨」に目がとまり購入してみたのだ。
(表示によると、さつま芋とじゃが芋のデンプンを
使って作られているらしい)。
つるつる、で、もちもち、な麺、
いつもの豚キムチ鍋のなか、春雨が輝いていた。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop

阿蘇。時代は「西へ」

11月18日(火)

このごろはご無沙汰しているが、前に
まるの日圭さんのブログをよく読んでいる時期があって
「阿蘇って、次世代のパワーを引き寄せている場所なのでは」
と、薄々思っていたのだが、
(ヘミシンクへの興味から訪れた「まるの日」さんのブログであったが
そこには阿蘇の空気や光が満載の写真があり、それに惹かれもした)
やっぱり、阿蘇って、なにかあるね。

癒しの力が高いというか
現代ニッポンに漂う負のエネルギーを浄化させる力があるというか
・・・・ふふふっ、
スピリチュアルっぽくいうと、そういう印象だ。

昨日は、偶然にも2回、南阿蘇が舞台のテレビルポを見て
ますますその感を強くしたぞ。
(おなじみ『鶴瓶の家族に乾杯』…指揮者の佐渡裕さんが訪れた回…と
世界農業遺産に選ばれた阿蘇で暮らす女性のドキュメンタリー番組)。

著名人も、あの人、この人、西日本に移住しているし
(内澤旬子さんなんて、島でヤギと暮らし始めた!
https://twitter.com/riprigandpanic

今、時代は「西へ」なのかも。
(西のなかでも、阿蘇は、特に南阿蘇は、最有力地のひとつ?)


 ★ ★ 本日の行動メモ ★ ★

だるくて、だるくて、仕方ありません。
(単に、夜更かしが過ぎて、眠いだけかも)。
お昼ご飯も食べられませんでした。

夜は、
おでんの残りを温めて、魚の干物を焼いて
野菜とキノコとベーコンで豆乳汁を作って
母の出してきた、塩麹漬け(白菜と蕪)、五箇山の赤蕪漬け
とともに、お夕飯にする。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

PageTop