ともみ@ピクニック

さよなら、ロケショー

9月27日(土)

最近、夢のなかで
「ともかく午前中に起きていることが大切なんです」
との文章を読んだことも影響しているのか

だるい、だるい、眠い、眠いの状態だったけど

頑張って昼1時頃には起きる。

おかげで
・公共料金の支払い
・献血
・友人の誕生日プレゼント買う
・10月始まりの国民健康保険者証の受け取り
などの用事を済ませることができた。

(献血ルームで、御嶽山の噴火を知る。
職員の人たちとテレビを見入ってしまった)。

それにしても、眠い。そして、だるい。

今夜25時からは、ロケットマンショー
(わたしが一番楽しみにしているラジオ番組)の
最終回なのに、起きていられるだろうか……。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

野菜ジュースをごくごく

9月26日(金)

くうっ。起きたら
夕方4時過ぎであった。

早起きともいえないし
格別の遅起きともいえない
びみょうな時間。

まだ外は明るいので
軽食をとって、お出かけ。

まず、近所の自転車屋さんへ。
「3分100円の空気入れ」を利用するも
シューっと、タイヤから空気が抜けていく。

おや、これは。

店内のお兄さんに見てもらい
結局、タイヤのムシを交換。

昔は、わたしもパンク修理くらいして
(学生時代、サイクリングクラブに)
いたのだが、今は、ママチャリを愛車とする
修理はプロまかせの乗り人なのだ。

その後、閉館前の図書館で
ちょっとだけ週刊誌を眺めて
あとは犀川の向こうのスーパーへ。

ぜんぜん、自炊していない。
(下記は最近の夕飯)
 
水曜 : 味噌煮込みうどん
     (寿がきやのインスタント)
木曜 : 氷見牛カレー
     (カレーはレトルト。ご飯は実家からもらってきた)
金曜 : 巻き寿司
     (おつとめ品。サラダ・ツナ・マグロの3種)

体が野菜を欲しているので
ごくごくと、野菜ジュースを飲んで
ごまかしている。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

呪いから遠く離れた場所で生きたい

9月25日(木)

約一ヶ月ぶりの、アパート。
気持ちがゆるんでか
(いや、普段から、ゆるゆるなんだけど)
目が覚めたら、夜7時をまわっていた。

虫の大合唱を聞きながら
(武家屋敷街にある古いアパートは
立派なお庭と隣接しており、虫の音もすごい)
ひとり秋の夜長をたのしむ。

“姦通罪に問われた女性に石を投げようとした民衆たちに
キリストが
「おのれ自身が罪を犯したことのない者だけ、石を投げよ」
と話したら、一人去り、また一人去り……、結局誰も石を投げる
者はいなかった” という話を

ここ数日、内田樹さん(『呪いの時代』)と、池上彰さん(週刊誌、確か文春?)の
文章で続けて読んだ。

お二人の話には

おのれへの呪いが他者への攻撃(嫉妬や憎悪)につながる
そして、他者への攻撃はおのれを滅ぼす、という教え(内田さん)や

正論の仮面をかぶって、おのれの同罪に気付かない
おろかさ、という教え(池上さん)など

過去・現在・未来の自分に、何度も語りかけたいエッセンスが含まれていた。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

人生をまっとうするには…

9月24日(水)

お昼の起床。

いつもは起きてすぐ、“お目ざ”に甘いものをとるのだけれど
本日は珍しく、お目ざなしで食事にする。

デザートは、T子さんが庭で育てた、葡萄。

先日の青林檎に続き、素人と思えない出来だ。

移住わずか数年にして、(夏頃には、ラズベリーや
ブルーベリーも食べさせてもらった)、こんなに
豊かな実りに恵まれるなんて、やはりT子さんは、スゴイ!

早い夕方、実家をあとにする。

ぎんもくせいの花がふわっと香った昨日だったが
雨の本日は、その香りも鼻にとどかず、であった。

 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

「人生をまっとうするには
それぞれが
与えられた苦労を引き受けなければならない」

昨日のドラマ『花子とアン』のなかで、こんなようなセリフがあった。
(主人公の妹のかよちゃんが戦争孤児を引き取るときの決意の言葉。
昼食を食べながらのうろ覚えなので、多少語彙は違うかもしれないが)。

ずしん、ときた。

わたしは苦労のあまりない人生だけど
(傍から見たら「メンタルどうなの。苦労でしょ」と言われるかもしれないが
「これは個性」と割り切って、いや、認めているので、苦労ではないのだ)

もしも将来、親の介護など、苦労と呼びたくなってしまうような事態に遭遇したら
この、かよちゃんの言葉を思いだしたい。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

カイワレともやし

9月23日(火) 秋分の日

午前の起床。

さわやかな、気持ちのいい天気。

日帰り温泉に母は遊びに行っているので
ひとりで昼ごはんを食べ、あっ、そうだ、と
シーツなどを洗濯し、西の屋根に蒲団を干す。
(良い子は、午前のうちに干しましょう)。

そろそろアパートに戻る予定なので
不在中に必要そうな食糧品の買出しに行く。
(ゴマ豆腐、納豆、牛乳、パン etc 母の必需食)。

田んぼのなかの道の突き当たり
「彼岸花が咲いていないなぁ」。
数年前にはここで花を摘んだ記憶があるのだけど。
田舎の風景も少しずつ変わってゆくのである。

今日こそ実家を辞すつもりでいたが
なんやかんやと(毎回このパターン)・・・
明日に延期としたため、急きょ、お墓参りに行くことに。

思い立って3分後にはお墓に到着という
便利な立地。

もともと当地ではお墓参りはお盆が慣わしで
お彼岸に行く習慣はない、と思っていたのだけれど
他のお墓を見ると、ぽつぽつお参りに来た人もいるようだ。

我が家も、先に母が花をもってお参りしてあったので
わたしはローソクだけ灯し、手をあわす。南無、なむ。

夜ご飯は
・もやし炒め(生姜・玉葱・一昨日の残りの牛と豚
もやし・赤ししとう・こんにゃく・舞茸・白菜キムチ)
・あじフライ(付け合せはトマトとカイワレ)
・冬瓜と油揚げの煮物
・らっきょう(掘りたてを生で)

あじフライは、スーパーの惣菜品。
昨日頂いたフライがおいしかったので買ったのだけど
やはり家庭の揚げ物には敵わないなぁ。

昔は(完全一人暮らし時代)わたしも唐揚げなど作っていたし
母も数年前まではちょくちょく天麩羅などをしていたが
ここのところ、めっきり揚げ物から遠ざかる台所となった。

やはり
おいしいものを食べたければ、自分で作れ! なのか。


***今日の日記のタイトル***
夏野菜がさみしくなってきたので、「野菜を買おう」と思っても
敷居が高いというか、時期が違えば畑でとれるようなものは
なかなか買う気にならない。で、最近よく手にするのが
カイワレともやし。ふたつ合わせても50円くらいで
買える庶民の味方だ。今夜のお菜にもなってくれたし
(特に、もやしは主役級の働きを)敬意と感謝をこめて
今日の日記のタイトルにしてみた。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

穏やかな午睡

9月22日(月)

お昼の起床。冷やし中華を食べた後、録画してあった
ベニシアさんのテレビを観ながら、うとうと。
起きたら、夕の6時だった。あーっ。

「眠りに逃げる」とか「ホントーに疲れていて」とかじゃなく
ただただ穏やかに午睡をむさぼる日であった。


今晩も簡単な夕飯・・・

かますのフライ
ナムル(もやし・人参・カイワレ)
れんこんステーキ(厚切りをじっくり焼く)
オクラとトマト(ああ、夏野菜ももう終わりだ)

かますフライは、T田さんの奥さんが
畑にいる母の姿を見ながら揚げたそうで
熱々を母がいただいてきた。
(ごちそうさまでした。美味でした)。


夜は、テレビを見ているうちに更けてゆき
……、ああ、健全なひきこもり生活である。

このまま60歳くらいに早くなりたい。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

穂紫蘇の肉巻き

9月21日(日)

午後3時の起床。

きのうは不思議な魔法というか
“元気”の素を、ふりかけられたような
心身按配だったが、本日は普通に戻る。

いわゆる小康である。

(わたしは、高望みはいたしません。
深い落ち込みにのっとられない静かな日々、
ほどほど体が動き、ほどほど前向きな心でいられる
小康な毎日を、この人生の目標にします!!!)


本日も、食糧品の買出し。

最近、母が牛乳をよく飲むので、今日は4リットル分を買ってきた。
(だいたい一日に1リットル入りを1パック消費の我が家)。

夏も過ぎたが、アイス消費量は依然高いままなので
6割引きの本日は、また箱(パック)アイスを買いだめ・・・・
白くま、抹茶もなか、チョコ、バニラのチョコがけ、と
真夏のチョイス(果汁系・氷系多し)とは違ったアイス選びとなった。


夜は、鉄板焼きを。

豚バラ、牛バラ、(←先日テレビで高齢者には脂のある肉がいいといっていた)
鶏ムネ、玉ねぎ、にんにく、かぼちゃ、人参、なす、緑ピーマン、赤ピーマン
ぶ厚い油揚げ、椎茸、しめじ、舞茸、えりんぎ

いつものごとく、一番人気は「玉ねぎと、にんにく」である。

脂ぎった肉は、穂紫蘇を巻いて食すると、さわやか~な味覚に変化して
薬味の力にあらためて脱帽する食事となった。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

「まず、機嫌よく振る舞いなさい」


「まず、機嫌よく振る舞いなさい。
そのあと理由を考えなさい」と
TVの中のモタさんが云っていた。

ときどき、見かける、モタさんの言葉。

「いかにも常識」を語りかけていて
嫌だなぁと思ったときもあったけれど
(己の弱点が映るわけだね)
最近は、そうだよねぇと、素直に頷くことが
多いかな。

今日の
「まず、機嫌よく振る舞いなさい。
そのあと理由を考えなさい」というのも
大切な教えだと思う。

「楽しいから笑うんじゃない。
笑っているうちに、福がやってくるんだ」に通じる

ポジティブがポジティブを呼ぶ作戦だね。

(ところで、天然のノー天気な人間って、いるんだろうか?
そう見える人たちは、意識して、あるいは無意識に
ノー天気な人間を演じているのだろうなぁ・・・)。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

茄子グラタン

9月20日(土)

朝ご飯のあと、就寝。13時過ぎの起床。

今日できたこと
・ドラッグストアとスーパーで買い物。(林檎を箱買いした)。
・樫の木の剪定の続き。(完了)。

今日の夕飯
・秋刀魚の塩焼き
・茄子グラタン
・人参ともやしの温サラダ
・なめこと豆腐のお味噌汁

「そのうち、作ろう」と、ずっと思っていた茄子グラタン。
久しぶりのホワイトソースは、目分量だがそれっぽっくできた。
具の「玉葱・鶏挽肉・茄子」炒めは作り過ぎたので、明日の
昼のラーメンにでも使おう。


ゆうべ、心のなかを文章として整理することにより
少し元気になりました。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村


PageTop

干しイカの金曜日

9月19日(金)

午前中、T田さんが新米をもってきてくれた
声を聞きながら、眠りの世界をただよう。

(ところで、我が家は毎年、二軒の生産者から
お米を買っているのだが、まだ去年のお米が残っているだよ。
しかも、手付かずで預けてあるのが、2俵。
すでに精米してあるのが、半俵ほどか。
大半が姉一家のもとに行くとはいえ
去年のお米が終わるのはいつになるやら)。

落ち込んでいたってしょうがないのに
今日も早起きができず、17時ころの起床。

ついにお夕飯の支度をするのも億劫になり
「さぼろう」と思ったが、母も台所に立つ
気配がないので、結局、簡単なものを用意した。

・干しイカを焼いたの
・おくら納豆
・ひじきの煮物(ご近所からいただいた、惣菜パック)
・茄子とピーマンときのこの味噌炒め
・プチトマト
・茄子漬け


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村



PageTop

弔いの機会の喪失は、思った以上に痛手をもたらす

9月18日(木)

やっぱり落ち込んで
18時ころまで寝ている。

頭の中は・・・ 

(追記の注:アップするにあたり、読み返してみると、やや病的な思考に陥っている自分が見えてくる。この日記は誰かに読んでもらう以上に、自分自身のセラピーの役割が大きいので、現実には誰にも知られたくない恥部の自分があらわれているのだと思う。脱線話もあるし、読んでいる人には、意味不明な箇所もあるだろう。しかし、そのままアップすることにした)。

■いやらしい話だが
親戚付き合い、の目
(自分が「人からどう見られるか」を気にする、自分の目)が
意識されてしまう。

親戚という集団のなかの、自分で自分を見る目。

わたしと同じ立場の人たち(Mちゃんの従妹の子ども)が
通夜なり葬式なり、ちゃんと別れの儀式に参列したのに
自分だけが別れの儀式を放棄してしまったということ。

■この先も、Mちゃん家族に会う機会はあるのだから
ずっと知らんぷりはできない。

こうなったら、お宅にうかがって手を合わすのが
一番すっきりするのだろうけれど

ならば、通夜か葬式に勇気をもって行けばよかったのだ。

■Mちゃんには、大きなわだかまりがある。
(誰にも話せない、心のしこりとして、わたしのなかに残っている)。
亡くなったからといって、わだかまりが消えたわけじゃない。
けれど、もう亡くなったんだ。
今が、許しに変える、いい機会だろう。

■Mちゃんの娘(わたしのマタイトコ)には、なぜか
会うたびに「仕事は?」と聞かれる。(ま、スピ的にいうと
“そういう現実をわたしが創っている”
“そういう役を彼女に担ってもらっている”わけだが。
その意図をすっかり忘れて・・・)
親戚のなかでも苦手度上位。ああ、顔を合わせたくない。

■親戚付き合いに疲れ果てた、と自覚した数年前から
あの法事も、この法事も、その法事も、たくさんの法事を
辞退してきた。
(特に、父の代理の意味もあり、多々法事の声がかかったのだと思う)。
そのことにはあまり落ちこまなかったんだよね。

だけど、今回は、違う。
今回の、脱・親戚付き合いは、自分に相当のダメージをもたらした。

そういえば、あの法事も、この法事も、その法事も
通夜や葬式などにはちゃんと出席した上で
「何回忌」の法事を欠席したに過ぎないのだった。

通夜や葬式に出席しないことが
こんなにも自分を落ち込ませるのか・・・。
(罪の意識に似た感じ)。

■「ゼロ葬に、賛成!」と思っていたけれど
当然ながら、葬儀には大きな意味があったのだな。

(だが、しかし、葬儀という習慣そのものがなくなれば
このような落ち込み方はしないのかな)。

死者を弔う機会の喪失は
思った以上にわたしに痛手をもたらしたのであった。

そういえば、最近手にした内田樹さんの本に
「死者を弔う習慣のない社会は、世界中を探してもない」
と書いてあったな。



それでも、お夕飯・・・

・もち豚ロースと野菜の炒めもの
・コロッケ(3日前に買って、冷蔵庫の中で忘れられていた)
・昨日のおでん
・キムチ
・プチトマト

T子さんが苗木から育てた
青林檎をデザートにいただいた。
(香り高く、甘さもあって、驚いた)。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

鬱々(それでも、おでん)

9月17日(水)

外は秋晴れなのかしら。
まだいく分も日差しのある
16時前の起床。

当然、お葬式に母は行っているので
家の中は、しーん、としている。

礼儀の欠如、親戚付き合いの不義理
「やるべきことを、やらなかった」罪悪感
をはじめ、色んな感情が交差して
鬱々。

なによりも
死者を敬い、そして弔う、心の状態に
なれないでいる自分に戸惑っている
のかもしれない、わたしは。


晩は、おでん・・・

小玉葱まるごと、冬瓜、じゃがいも、こんにゃく、卵
ごぼう天、加賀揚げ、セットの練りもの(はんぺん他4種)

ダシで活躍した、煮干と昆布も、さいごには具に。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村


PageTop

親戚の通夜にも行けない、ひきこもり

9月16日(火)

どんだけ自分は情けないんだ。

きのう亡くなった、母の従姉は
わたしも子供の頃からよく知っている人。

午後の入棺に立ち会うために、親戚宅へ行く母を
亡くなった方のご家族が車で迎えに来てくれたのだけど
わたしは挨拶しないどころか
(お悔やみの言葉を言わないどころか)
息をひそめ、自分の在宅を知られないよう
家のなかに隠れていた。

「平日なのに、なんで実家にいるの?」と言われる怖さが
人としての礼儀より、はるかにはるかに勝ったのだな。

そして
お通夜を終えて帰宅する母を、また親戚が車で送って
くれるはずなので、夜になっても、家の明かりを点けず
ひたすら、じいっと息をひそめている始末。

はぁ。

帰宅後の母の話から
県内に住む、わたしのイトコたちが
今夜の通夜に足を運んでいたことを知る。

そうだよね、Mちゃん(亡くなった、おば)は
母たちと姉妹同然の付き合いで、親戚のなかでも
近しい仲。
Mちゃんの子供は、わたしたちのマタイトコ。

葬儀に参列するのが、道義だよね。

自分をかばうことを優先し
(親戚と顔を合わせたくない。
近況を尋ねられるのが怖い。
疲れたくない。傷つきたくない etc)
挙句
人と人の付き合いの大切なものを放棄して・・・

わたしは、猛烈に落ち込むのであった。


それでも食事は摂る。
遅い夕飯は・・・
和風スパゲッティ(秋鮭・玉葱・しめじ・椎茸・えりんぎ)。
一人だと、野菜を食べるのも面倒で、茶色い食事となった。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

お蕎麦の夜

9月15日(月) 敬老の日・後半

ひきこもりゆえの病なのだが
「人と顔を合わせるのがホントウにこわい。
(わたしの場合、赤の他人のなかにいるのは平気。
知り合いと顔を合わせるのがこわいのだ)」ため

今日は、イトコのお見舞いに行っている母の送迎に
親戚がいつやってくるかと、おどおど怯え

庭仕事(昨日の剪定の続き)をできなかった。

かろうじて、夕方、買い物に行く。

しかーし、夜になっても、母、帰ってこず。

どうした。

どうした。

もしや、・・・。

と、思っていたら、訃報をもって
母が帰宅。

敬老の日の焼肉は止め、急遽、夕飯を変更した。

温かい蕎麦
ゴマ豆腐
茹でたての栗、など。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村

PageTop

カップル・バッタと草餅

9月15日(月) 敬老の日・前半

なんと、朝6時半の起床。
(夕方の6時半なら驚かないが、朝の6時半である!)。

朝のゴミ出しを手伝い、庭の水遣りをして、朝ご飯のあと、再就寝。
(先週とりかかり始めた家の整理で大量のゴミが出たため
普段は母に任せているゴミ出しを手伝った)。

今朝もバッタの親子を見た・・・・
と、思ったら、あれ、親子じゃないのね。

でっかい茶色バッタの背の上に、ちっちゃい緑色バッタが乗って~
そもそも卵で孵る昆虫の親子が一緒にいるわけない~
「もしや」と調べたら

男女のカップル・バッタなのだった。
(下のでっかいのがメスで、上のちっちゃいのがオス。
こちらに詳しい http://www.flowers-beauty.com/010_life/onbubatta/onbubatta_1.htm )

14時半に目ざめると
台所のテーブルの上に草餅が。
(仏壇に供えた残りの餅だ)。

今日は村の秋祭りなので、母ちゃんが
また村のはずれの餅屋に行ったらしい。

なぜか、近年、季節の行事のたびに
餅を買って仏壇に供えるようになった母ちゃん。
(最近ではお盆にお餅の大量買い。今週末には
お彼岸に入るのでまた買ってくるんじゃないか)。

和菓子をはじめ、餅類は、田舎ゆえといおうか
冠婚葬祭時や、そのお裾分けで、頻繁に
いただく機会があるので、正直言って・・・・。
「ああ、またか。・・・・もぞもぞもぞ」と
手にはとらず、ただ草餅をながめる。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村




PageTop