FC2ブログ

4月14日(月)

◎今日もまた、生命を傷つけてしまった。浜昼顔(はまひるがお)の蔓が出始めたので、その合間の草をカマで刈っていたら、いきなり、半目のカエルが目の前に登場。息はしているんだけど(下顎が膨らんだり萎んだり)、ぜんぜん動かないの。しかも、そのカエル、「頭から背中にかけての皮」がざっくり剥けている。びっくりしたよ。どうやら土中に冬眠中だったカエルの皮膚をカマで……やってしまったらしい(ちょうど皮膚だけを)。ちょっと触ってみたら、皮膚はみずみずしく、とっても柔らか。ウィキペディアによると「普通日本のカエルは成体で冬眠するが、ウシガエルやツチガエルなどは幼生が冬を越すこともある」そうなので、あれはまだ幼生だったのかもな。うー。カエルの皮膚が再生することを、深くお祈り申し上げます。
◎メモ、平和に14時半の起床。

4月13日(日)

◎本日も15時くらいの起床。「春はしんどい」季節だと過日の日記に書いたけれど、このごろようやく呼吸がしやすくなってきた感じ。言ってみれば、身体の「春の呼吸」。遅い起床のあと、このまま一日を終わるのイヤだなと思ったら、庭で草むしりでもすれば、「なんか、それなりにガンバッタ」感が生じるし、日が長いので、夕陽も拝める。いいぞ、いいぞ、「春の呼吸」。
◎森永製菓の「甘酒キャラメル」がおいしい。難点は、ついつい後をひいて食べ過ぎてしまうこと。

4月12日(土)

今日もいい天気。15時頃の起床。お目ざに、草餅。(今日は村の春祭りで、母が朝のうちに餅屋さんで買ってきた)。久々にお祖母ちゃんの顔を見に行く。いちだんと命の炎が小さくなったような気がしたけれど、一緒にバター飴を舐めながらお喋りして、「ぐー、ちょき、ぱー」運動をできたのは幸せだった。夕飯は「ぶ厚いお肉が食べたい」との母のリクエストに答え、ステーキ肉&カルビなどをホットプレートで焼く。夜中じゅう、どんどこと、太鼓の音が聞こえておった。

4月11日(金)

◎15時前の起床。玄関前を整え、テーブルを出し、庭の春支度完了。その後、こごみの周りの草むしりをしていたら、あらっ、肌色に近い、指先のようなものが……。間違ってアスパラの赤ちゃんを刈ってしまったのであった。ごめんよ。
◎姫野カオルコさんの『もう私のことはわからないのだけれど』を読み終える。介護する側の人生、日のあたらなかった場所に日をあてる、独白系短編小説であった。

4月10日(木)

◎午前11時の起床。昼寝のち、午後は庭仕事の続き。
◎夜は竹の子カレーを作る。挽肉とキノコと竹の子の相性はGood。
◎今、生の世界にいると、わたしは認識しているのだが、「死の扉が開いた瞬間からの、おのれの在り方(こうありたいという願望)」を、半分無意識で、ぼんやり考えている最近の自分。(先日の胸の奥の痛みから、死への意識が濃くなっているのだろう)。それは3つのイメージで満たされている。・・・ありがとう。(細部から万物までの感謝の気持ち)。・・・わたしはあなた。あなたはわたし。(すべてはひとつ)。・・・(この世のあらゆることに)執着しない。
◎さてさて、実際は、こんな願望とはかけ離れ、じたばたしちゃうかもな。

4月9日(水)

▲午後2時の起床。庭仕事の途中、「こごみ」が頭をのぞかせているのを発見。枯れ木のように見えた木々にも、新芽がいっぱい。春の本格始動だねぇ。
▲単身赴任中、また別の都市に引越しが決まった姉夫。姉はその手伝いのため五日ほど家を開けるというので甥っ子たちの世話を頼まれていたのだが、(ちなみに3年前の初単身赴任の引越しのときは三泊ほど留守番に行った。当時は中3と小6)、今回は結局、「ともちゃん来なくてもいい。子供だけで大丈夫」ということに。この悲しみはどこにぶつければいいのだろう。(「悲しみは、子供の成長という喜びに飲み込ませるのが、よかろう」と、天の声)。

4月8日(火)

●昨日は25時に床に入り、28時半頃の入眠。今朝は9時に目が覚め、うだうだと蒲団のなかで悶えたあと、10時に本格起床。しかし、こんなに早く起きると、体が使いものにならん。(遅く起きたら起きたで、また使いもんにならんのだが)。午前睡、午後睡、夜睡と、大半の時間を、コタツで眠って過ごしてしまうのだから。
●『こんなツレでゴメンナサイ。』(望月昭・著)を読み終える。これ、テレビドラマや映画にもなった、コミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』(細川貂々・著)の、主人公ツレさんが書いた本。前半はリアルなうつ体験記、後半は夫婦の出会いと歩みが描かれている。読みやすい文章からは「今の時代を生きる大変さ」も程よく伝わってきて、妙に引き込まれてしまったが、この本の一番の魅力は「夫婦の成長」なんだろうな。おもしろい本だった。


4月7日(月)

●たしか14時半ころの起床。役所に手帳をとりに行く。(窓口の人は「秘密の帳簿」にわたしの貸した印鑑を押し、それで手帳と冊子が手渡された。あっけなくて、拍子抜けだ)。それにしても、うららかな、シャバの世界よ。このまま春の散歩に誘われそうになったけれど、帰省をせねばいかんのだった。まっすぐアパートに帰り、荷物をまとめ、実家へ。(高速バスのなかでお花見をする。特に、兼六園と金沢城のあいだの道の桜がド迫力の満開だった)。
●夕飯は、竹の子ご飯がおいしかったです。(←子供の作文か)。(母が先週山で初採りしてきた竹の子だった)。あと、家で茹でたホタルイカにも唸りました。(今年に入って、あらかじめ茹でてあるホタルイカを数回食していたが、生のままのを買ってきて自宅で茹でるのは、ぜんぜん違うおいしさがある)。

4月6日(日)

三日ぶりに、顔を洗い、外の空気を吸う。

ああ、いつのまにか桜が満開になっておる。

用水路沿いでは、ボケと雪柳と桜たちが春を謳歌。

明日から帰省の予定なので、閉館前の図書館にかけこんで

本を数冊借りる。のち、8号線の近くまで足をのばし

いよかんと惣菜を買い、帰路に着いていたら

あらあらあら、小雨のち、ひょうに降られる。

大降りになる手前で、ぎりぎりアパートへ。

           *

今朝はなかなか眠ることができず

(日ごろの「眠り病」がたたっているのだろう)

昼をだいぶまわって、やっと、うつらうつら。

16時15分に本格起床した。





4月5日(土)

▲くうぅ~ん。19時をだいぶまわっての起床。

▲久しぶりに、ご飯を炊いた。(←数ヶ月か数年ぶり)。お供はレトルトカレー、ゆで卵のせ。ちなみに前菜は(土鍋で炊くので時間は短いのだが、それでも炊きあがるのが待ちきれず)、生レタスと、チンしたキャベツしゅうまい。

▲昨晩、左の胸の奥の痛みにおそわれた。実は「胸の痛み」は昔からたまに起きることであり、いつも一時的なものなので、そのまま放ってきたのだが、昨晩のは「一時的」ではなかった。起きているあいだ、ちょくちょく、ちょくちょく痛み、横になると、体の向きにより絶え間なく痛むのだ。(右や仰向けのときは痛みが無くなるが、左を向くと、たちまち、「イタタタタ…」という激痛が走る)。←←メモである。

4月4日(金)

▲雨のなか歩いて市役所に行く予定であったが、いやいや、えんえん病が発症し、日が暮れるまで床から離れることができず、結局18時過ぎの起床。役所へ行くのは来週に持ち越しとなった。
▲テレビ『金スマ』の「ひとり農業」は、6年前の開始時から楽しみにしている企画なのだが、いやぁ、ヘルムートさん(茨城に移住し、農業などをやっているディレクター)が結婚されたとは。おめでとうございます、なのだ。

4月3日(木)

■早起きさんの15時前の起床。移転したばかりの献血ルームへ。待合室はスタイリッシュな感じになっていて、ちょっと落ちつかない(ビル自体がオープンしたて)。雑誌を読みながら血漿をとって(成分献血なの)、オニオンスープを飲んで(しょっぱいものが欲しくて、献血の前と後、2回スープを飲む)、当然お菓子も食べて、献血30回の記念品をもらい、楽しいひととき(献血タイム)となった。

■たしか『週刊現代』だったと思うが、「うつ薬が、うつ病患者を増やした」という記事があり、うんうんと頷いて読む。「うつは心の風邪」というフレーズも、世の中にうつ病を蔓延させた一因だとか。なるほど。たしかにねえ、最近も、うつに関して柔らかめのテレビCMが流れているが、あんな演出で「早めの受診を」と謳うのは、製薬会社側のおいしい企みだわねぇ。



4月2日(水)

夕方5時頃の起床。市役所から「障害者手帳の申請が通りました」の通知が来ていた。ゲオ(レンタル屋)のレジで、消費税アップを初実感。2月から観始めた、近代韓国の医療ドラマ『済衆院』は、主人公が白丁(ペクチョン)から平民になるところまで観終える。どんどん続きを観たい気もするが、次回の在金沢時までのお預けとしよう。

4月1日(火)

◎目が覚めたら、夜の9時前だった。(14時間半ほど眠ったか)。新年度早々の眠り病である。
◎下の下のブログに「寂しさの埋め合わせで求められる付き合いは嫌悪する」と書いてしまったが、世の中、付き合いの大半は「寂しさの埋め合わせ」でできているのではないか。人々は「寂しさの埋め合せ」をし合っているうちに、情というものを深めてゆくのではないか。・・・そう考えると、おのれの欠如が見えてくる。
◎最近、うどんにはまっている。どんぶりの底にキムチをしこみ、ゆで卵をのせ、美味美味。

3月31日(月)

夕方4時の起床ができた。世間さまでは「消費税アップ前のかけこみ消費」なるブーム(お祭り)があるようで、まったくもって興味のなかったわたしも、本日になり、ブーム(お祭り)になびいてみた。買いだめしたのは、ジン一本、赤ワイン一本、発泡酒六缶。し、しかし、「あると(すぐ)飲んじゃう」ものは、買いだめといえるのだろうか?(余計に出費しているような気も)。あすから新年度、4月の神さま、よろしくねー。
背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【52件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク