FC2ブログ

3月15日(土)

◎きのうは夕寝も夜寝もした挙句、夜の10時に就寝。そしたら夜中の1時には目が覚めてしまった。その後眠れず、ほのぼのコミックエッセイ『うっかり結婚生活』(池田暁子)などを読む。朝、再入眠し、結局、起床は夕の5時半となった。
◎「山に遊びに行きたい」と先日からずっと言っていた母、天気のよろしかった本日、とうとう一人で行ってきたらしい。「思ったより春は来ていなかった」とのことだが、それでも両手いっぱい分のフキノトウを土産に持ち帰っていた。

3月14日(金)

◆朝の1時に寝たら(いつもよりだいぶ早い)、朝の4時に目が覚めてしまった。
◆9時前の汽車に乗って、税務署へ。親の確定申告を済ませたあと、数年ぶりにT図書館へ。本棚を眺めたり、雑誌をめくったりして、数時間遊ぶ。その後、仏壇の花を買い、15時頃の帰宅。あー、やれば、できる。
◆ちょっと足が筋肉痛気味。日ごろ、どれだけ動いていないか、再確認だな。

3月13日(木)

▲15時半の起床。コタツで惰眠をむさぼっているうちに夜になる。誰か「残念な地球人」の烙印を押してくれぬか、わが日常。夕飯のおかずは、大根と丸揚げの煮物、イワシの梅煮、ブロックベーコンの野菜炒めなど。
▲甥っ子がもらってきたバレンタインデーのチョコ(恋愛系ではなく、部活の女の子複数から)のお返しの菓子を手づくりしているという姉、何かが間違っているような気がするのだが、それは口にすまい。


3月12日(水) 

がんばって17時過ぎに起きる。(食糧がさみしくなってきて、特に柑橘類が切れてしまったので、お買い物に行かなければ…と、がんばった)。チョコと緑茶で元気を注入し、えいやっと夕方の買出しに行く。(7日ぶりに外の空気を吸った)。19時前には帰宅。すぐに食べられるものをと買ってきた「浜松餃子」を焼き、キャベツを刻んだくらいで夕餉の支度は終了。あとは出来合いの刺身の盛り合わせなどを食卓に並べる。ところで、今日は春一番が吹いたそうな。ぴゅうぅ~。

3月11日(火)

◎すんごくいいお天気だったらしい。そんなことも知らず、前日の睡眠不足を取り戻すべく、睡眠世界をむさぼり続けるわし。起きたら18時半であった。なーむー。本日やったお仕事は、豚ステーキを焼いたこと(塩加減も焼き加減もgood)と、お風呂に入ったことですな。
◎モハメド・オマル・アブディン著『わが盲想』を読み終える。これ、web連載のときにちらっと読んだことがあったのだけど、こうやってまとまって読んだほうが断然おもしろい。

『わが盲想』の感想など(アマゾン) → http://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%8C%E7%9B%B2%E6%83%B3-%E4%B8%80%E8%88%AC%E6%9B%B8-%E3%83%A2%E3%83%8F%E3%83%A1%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3/dp/4591134571

3月10日(月)

◎久々に朝になっても眠れない日。やっと入眠したのは昼の2時過ぎか。起きたのは夕の6時過ぎだった。
◎朝の4時半頃、窓辺においてあるヒヤシンスの香りがぐっと強くなったので、驚いた。去年買って、今年はひとまわりもふたまわりも小さく咲いている、白い花。生命力あふれる香りだった。
◎きのうの鶏肉の残りは付け合せの玉ねぎと一緒に、豆乳スープにアレンジされました。

 moblog_a9d4ebf3.jpg
今朝は雪景色

3月9日(日)

起きたら17時だった。母が、ふきのとう味噌を作ったらしく、「それを肉につけて食べたい」と云うので、鶏の胸肉をまるごとフライパンで焼く。ほどよく火が通ったかな、というタイミングで、まな板に取り出しカットしたら、中がほんのりと赤い部分が少しだけあったので、その部分だけ再度加熱。胸肉をしっとり焼くってムズカシイなあ。ふきのとう味噌はおいしゅうございました。

3月8日(土)

◆16時前の起床。夜はご飯がなかったので、永谷園のキムチ煮込みラーメンというのを作る(キャベツ・人参・豚肉・えのき入り)。それ一品のみ。ステンレス鍋を、どん、と食卓に置き、めいめいが鍋のときのように、小分けにとりながら食すのは、高齢母子の夕飯として「いかがなものか」とも思うけれど、母が「おいしい。おいしい。いい味だ」と喜んで食べていたから、ま、いいか。
◆群ようこの『働かないの』を読み終える。ワシも、どうせ働いていないのだから、キョウコ(主人公)のように、清い生活を送りたい。

下の下の話、ああ、恥ずかしい・・・

<仕事、考>だなんて、よくいうぜ。

あれは
子どもの言い訳、ダメ人間の愚痴のようなもん。

コンプレックスの垂れ流し。

これまで生きてきた積み重ねが、今の自分に現れているんだよね。


理不尽なことも乗り越えて仕事をするのが、大人ってものだ。


たとえ
心のなかに「あれこれ」があったとしても

ちゃんとした大人なら、それをこんな風に愚痴ったりしないよね。

単なる未熟者なのである。




3月7日(金)

15時半の起床。録画していた『ごちそうさん』を観ていたら、母が帰宅。お目ざにメンチカツやおいなりさんを出されるまま食べる(夕の4時台)。夜は、昨日のちらし寿しの残りと、カワハギの身と肝の刺身、カワハギの頭と骨のおつゆ(←ウマヅラカワハギを母が上手に捌いた)、おはぎ、エリンギの惣菜。(本日は母が姉と買出しに行ったようで、珍しくスーパーの出来合い品が多かった)。雪がしんしん降っている。夜になり一段と積もっている模様。

・・・・・ 仕事、考 ・・・・・

なかなか仕事が続かない一因は、プライドの高さもあるのだろう。どうも、労働に関する思考をするとき、頭が「貴族になっちゃう」んだよね。仕事の質に心のなかでいちゃもんつけたり、「こんなふうに時間を切り売りするなんて」「こんな人に使われるなんてアホらしい」…と、すごくすごく自分のプライドが優先されちゃうんだ。

前に「こんな仕事をするくらいなら、餓死したほうがいい」なんて心境になりかけちゃう…というような話を書いた。よく考えたら、餓死は大げさだ……。ま、「なんのために生きているんだろう」と深く思いつめちゃうのは大げさじゃなく、ほんとの話。

要するに、わたしは自分に甘えているんだね。

障害者手帳の取得にためらいがあるのは、「自らの社会的アイデンティを障害者にする」ことに抵抗があるからだ、とは以前書いた。それは障害者への偏見があるからこそだし、自分のような者は単に怠け者なだけで(社会的意味の)障害者になる資格はないのではないか(これは詐欺なのではないか)の思いも隠れている。


春になる、っていう響きが好き。

だから啓蟄は
わたしにとって気に留めておきたい
季節の変わり目だ。

日が長くなるの、うれしいねー。

暖かくなるの、幸せだねー。

虫さんも、元気に始動してねー。

で、だ。

でも、だ。

毎年同じようなことを書いている
記憶があるのだけれど、

春って、なーんか、しんどい季節だよね。

冬は「篭っていて」も許される感が
どこかにある。

しかし春になると、
世間では
新しい活動を始めたり
がんばるぞーって雰囲気があって
停滞している身にはつらいのだ。

華やいだ世の空気に
自分の身がひきさかれそうというか。

ただ
そんな気持ちになるのは
わたしだけではないらしい。

毎年春先の自殺件数は高いのだとか。

ま、

実感の春はまだもうちょっと先。

ぼちぼち行きましょー。



3月6日(木) 啓蟄

昼の1時半の起床。食糧の買出しに行こうと思ったが、雪がけっこう降ってきたため、中止。コタツで横になっていたら、いつの間にか眠っていた。夕の6時半をまわり、サーモンのちらし寿司と、豚汁をささっと作って食べる。夜もまたいつの間にかうたた寝を。眠ってばかりだ。

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【59件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク