FC2ブログ

2月15日(土)

◆階下の物音で目覚めた、正午。(姉が玄関の鍵を開けられずに、とある場所から室内に入ってきた音であった)。お茶を飲みながら、姉と少し会話をする。・・・母以外の人と口をきいたのは、今年の正月以来、3度目だな。(一度目はクリニックの医師、二度目は不動産屋のご夫婦)。ぎこちないけれど、「笑う」という行為をちょっとだけできた自分に驚いた。
◆リンタロウくんという男の子がテレビに映っていたので、「これが別府倫太郎くんなの?」と見始めたら、別の凛太郎くん(俳句の達人)であった。学校は行かない。感受性の高さと創作。世界は与えられるものじゃなく、自分で作る。二人のリンタロウくん、若き新しい価値観に圧倒される。
◆サバの味噌煮(ストーブでじっくり煮た)がおいしい。(難点をいえば、軟らかくなりすぎて、お皿に移すとき、身が崩れてしまう)。尾っぽ、を除いて、身や内臓はもちろん、骨も頭もぜんぶ、いただいた。ちなみに、このサバ、6尾で198円と、お得な!値段だった。

別府新聞の社長(別府倫太郎くん) https://twitter.com/beppurintaro
俳句の凛くん(西村凛太郎くん) http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/social/6948

2月14日(金) 「にぼし(214)の日」なんだって

◎この三日間、起床は12時半。
◎ぴゅうう、ぴゅううう~。文字通りの音をたてた強風が一日中吹き続ける。
◎きのうの深夜、たまたまフィギアスケートの羽生選手の演技を生で見てしまった。な、なんだ、あの少年は!(もう少年ではないのかもしれないが、顔はどう見ても少年)。見とれてしまうがな。おまけに史上初の高得点が出て、ど肝を抜かれる。オリンピックはおろか、スポーツ全般に興味のないわたしでも、にわか応援団になっちゃうよ。

2月13日(木)

毎日家に篭っているのがツライので、田んぼの向こうまで食糧の買出し。身を切る寒さであったが、そんなのへっちゃら。外の空気を吸う開放感のほうが勝るのさ~。夜は豆乳鍋にしたが、沸騰しすぎて、豆乳が分離。毎度のことだけど、豆乳を使うときは火加減が肝心だな。ところで、豆乳と相性のいい具材の上位は、豚肉と油揚げだと思う。(『きょうの料理ビギナーズ』でハツ江おばあちゃんは「豆乳鍋には鶏の挽肉」を勧めていたな)。明日の昼は鍋の残りにうどんを入れよう。

2月12日(水)

今年3月までのアマゾンギフト券があり、ときどき、何を買おうかなーと、思い出す。(思い出す、じゃ、いかんよ。そろそろ使い切らないと!)。数日前に「ヒノキ一枚板のまな板」を買ったので、残りは8千円弱。何がいいかなー。今、ぼんやり欲しいなと思っているのは、ボディブラシと電気スタンド。さて、どうなるやら。

先週から、テレビ『100分で名著』で、エーリッヒ・フロムの『愛するということ』(*)がとりあげている。ゲスト講師は、鈴木晶さん。これがおもしろい。わたしはこの本のことはもちろん、フロムのこともぜんぜん知らなかったのだけど、内容が「そうだ、そうだ」と、理解というよりは、わたしにとっての現実がそのまま書かれている感じなのだ。

愛というものは、その人の成熟の度合いに関わりなく
誰もが簡単に浸れるような感情ではない、
ということである。(中略)
自分の人格全体を発達させ、それが生産的な方向に向くよう、
全力をあげて努力しないかぎり、
人を愛そうとしてもかならず失敗する。

                    エーリッヒ・フロムの『愛するということ』より

(*)原題は『The Art of Loving』、直訳して「愛の技術」となるそうだ。

2月11日(火) 建国記念日

あー、祝日ですか。そうですか。
12時まわって起床。
やきそば作って、食べて、昼寝。
ポトフ作ってもらって、食べて、夜寝。
あっという間に一日が終わった。
なむ~。

2月10日(月)

◎坊さんがお経をあげに来る日なので、片付けをしなきゃと思い、朝8時にいったん起きたものの、母が済ませてくれていることがわかり、また二階のお布団のなかへ。結局、寝たり起きたり、正午頃の起床。
◎ただでさえ面白いとはいえないテレビが、オリンピックが始まってますます・・・。
◎鶏を炒めた油を吸ったエリンギが一番美味しい日であった。(平和)。

昨年くらいから、サレンダーという言葉をよく目にする。

サレンダー・解放・手放す、今の時代、それはとても大切なのだと。

「手放すとは、それをふと考えることがあっても、思考を続けないことです」とは
ウイリアムレーネンさんの言葉。


2月9日(日)

12時の起床。雪がほとんど溶けたので、夕方、食糧の買出しに行く。帰宅したら17時をまわっていたが、ずいぶん明るい。冬は半分以上終わったな。晩ごはんは、真タラのあら煮、蓮根の肉詰め(出来合い惣菜)、根菜とトマトのスープ、キムチ。スープはストーブでじっくりことこと煮込み、塩と少量の牛乳で味をつけただけだが、滋味深い一品であった。そうそう、家入一真さん、健闘したな(都知事選)。すごいと思う。

2月8日(土)

◎12時の起床。雪と雨の一日。(つらら、ついに全部溶けてしまった。山茶花はなにもなかったように赤い花をつけている)。今日も静かに過ごす。晩御飯のポテトサラダを作ったのが一番のがんばりか。(ちなみに他のおかずは、小イワシの生姜煮、魚屋さんのハンバーグ、キムチ、蕪の浅漬け)。
◎関東周辺が記録的な積雪だそうである。ホームレスの人たちはどうしているんだろう。テレビは同じような映像ばかり映さないで、河川敷の住民への体当たり取材くらいして欲しい。

2月7日(金)

12時の起床。南を向いている縁側が冬の日差しでぽかぽかだ。いつもは姉の車で接骨院から帰ってくる母であるが、本日は姉が忙しいとのことで、一人で汽車で帰ってきた。お昼は、お土産の鱒寿司。明日からまた雪マークが並んでいるので、午後は食糧の買出しに。ぴゅうう~、ぴゅうう~、自転車を切る風は冷たいけれど、普段の運動不足のカラダには、きもちいい。(6日ぶりに外の空気を吸った)。夜は、粗挽肉と冬野菜などを使った、カレー鍋うどん。里芋がカレーになじんで美味だった。

2月6日(木)

◎朝10時半過ぎの起床。二日連続の真冬日か。昨日発見したつららからポタッポタッと水滴落ちていた昼間だが、それも溶けきることはなく、夕に見ると、依然、つららの下がる山茶花であった。いったい何日間このつららは持ち越すのだろう。
◎村上春樹の小説の「煙草ポイ捨て」記述の騒動だけど、わたしは、なんでネガティブに捉えるの?派だ。「町の名前が村上小説のなかに登場した!」「わーい」と喜んじゃえばいいのになぁ。ましてやフィクションの内容に対して何を言ってるのじゃとも思う。

2月5日(水)

◎正后の起床。居間から見える山茶花につららがいっぱい垂れ下がっている。
◎最近、寝つきがよい。電気毛布をつけて、ラジオをつけて、お布団にもぐりこみ(平均して朝の3時前かな)、ほどなく睡眠界へ。ときどき夢とラジオがシンクロしている…。
◎お昼から解凍していた鶏の手羽、夕飯の支度時間になっても、まだカタい。メニューを変更し、お歳暮のミートローフをお湯で温めることに。あとはサラダと、糟汁(大根・人参・キャベツ・ふきのとう)。そうそう、冬はオリーブオイルも凍るのよねー。

2月4日(火)

◎正后ころの起床。雪が降り、やっと冬らしさが戻ってきた。よしよし。
◎先日(1月31日付)、精神の健やかなヒトが読んだら「なんだこりゃ」な話(客人と顔を合わせないために冬の日本海を眺めて時間をつぶした)を書いたけれど、ひきこもり名人の勝ちゃんですら、似たようなことで困っているんだなぁと、垣間見ることのあった最近。(ツイッターでは「親族の葬式には行けない」と吐露し、ブログでは「自宅にやってくるリフォームの職人にひきこもりを知られたくないから外出をしている」と近況を報告している)。ふうむ、(自分のことを含め)大事なことがあべこべになっているような、ひきこもり特有の心理状態だ。
◎あっ、かいつまんで、勝ちゃんのことを書いておくと、「ひきこもりを堂々と生きていこう」という内容の本を出したり、全国で講演会をしているお方なのである。

2月3日(月)

朝10時の起床。よしよし、いいぞ。午後は雛人形を出して、桜餅を食べる。今日は節分だそうだけど、豆はお目ざにカシューナッツなどを食べたくらいだったな。そうそう、「アスパラ菜」の花先をいただき、生まれて初めて食べた。癖のないおいしい野菜だった。

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 05月 【54件】
2020年 04月 【66件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク