ともみ@ピクニック

秋のはじめの涼しさを「新涼(しんりょう)」と呼ぶ、とテレビの人に教えられる。





  



 8月26日朝5時半過ぎ


8月24日(土)の夕方に実家に戻ってからというものの、ぼけぼけ生活に拍車がかかる。「昼に起き、軽く食事をして、また夕方まで眠る。晩御飯を食べて、ぐだぐだ、ずるずるテレビを眺め、深夜の就寝」のパターン。(自覚薄いウツ期間かも)。な~んもしておらん。人生、逃げまくっている。「今のこの状況で、自己嫌悪に陥らない」が目標だ。そして、不毛をかみ締めろ!

PageTop

8月23日(金)

◆一日じゅう雨。きのうまでの暑さはどこへ? すっかり秋のような涼しさだ。
◆やっと『移民の宴』を読み終える。おもしろかった。著者の高野さんの人間力があるからこそ成り立った取材なんだろうなぁ。ばんざい!!
◆鶴岡(山形県)の加茂水族館に行ったという友からベニクラゲの写真の葉書が届いた。クラゲって、海の迷惑ものか、中華クラゲをキュウリと和えて食べる、そんなイメージしか今までなかったのだけど、写真で見るクラゲは、すっごく不思議な感じというか、美しく、幻想的なの……。見直したぞ、クラゲ。


PageTop

8月22日(木)

お昼に起きて、四日ぶりに明るい外の空気を吸う。まずは念願の献血ルームへ。成分献血しながら、『anan』のバックナンバーをめくったり、「めまい防止のなんとか体操」のお試しに協力。その後、いったん家に戻って荷物を置いたあと(2リットルのペット飲料を2本もらったので重かった)、ふた月ぶりの美容院へ。ばっさり切ってもらい、頭が軽くなった。いつもの香草トリートメントで白髪も隠れたじょ。ぐ~ぅふ。今日は大きな仕事を成し遂げた気分だな。


PageTop

8月21日(水)

◎またまた、どろどろ汗かきながら日の暮れるまで布団人間になる。(あんたも、自分で自分を苦しめるの好きだね~。と、どこかの自分がいう。「だって本当に起きられないんだもん」とこちらの自分が反論。くぅぅ~)。ちなみに夜は24時頃また眠りに入ったのだから、えっへん、長時間睡眠大会があれば、上位入賞できるかも~。
◎DVD『めがね』を観る。うんうん、やっぱり好きな空気感だわ~。飯島さんの料理も「目にする」だけで幸せが湧いてくる。Yさんに数年前、「『めがね』、わたしも観たらお知らせするね」と伝えたけれど、今更それをお知らせするのも気が引けるので……(けっこうわたしはこういう何気ない約束をマジで覚えているのだ)、ここで小さく書いておきます。「カキ氷、食べたくなるねっ!」。


PageTop

8月20日(火)

◎やっぱり汗かき地獄、でも夕方にはなんとか体を起こし、スーパーで半額寿司などを買ってくる。
◎賞味期限8月1日の牛乳「メグミルク」を飲んでるの。(7月に購入し、未開封のまま冷蔵庫に入れてあった)。おっけい、おっけい、のぉぷろぶれむ。おいしいよ。
◎きのう、P派遣会社から電話の着信があった。「折り返し電話を下さい」のメッセージも。しかーし。ここで気分がふさいだ。用件は「お仕事状況の確認」だそうだが、これは、イコール、仕事の紹介であろう、と今までの経験で推測。はたして今の自分は労働などできるのだろうか。ああ、気が重い。と、負のスパイラルに陥って、体を起せなくなっていたのだ。


PageTop

8月19日(月)

◎汗かき地獄で、眠り続ける。(アパートはトタン屋根の最上階だし、部屋にはさんさんと陽が入るし、たぶん50度くらいの部屋になっていた・・・)。あー、この感覚、今年お初だわ。汗が噴きだすというよりも、どろどろ流れるといったほうがふさわしいのだけれど、それでもお布団から出ることができない。夜になってやっと起き上がる。
坂口恭平さんの日記が面白い。特に彼の家族との関係がものすごく魅力的。フーさん(妻)、アオちゃん(娘)、弦ちゃん(まだ赤ちゃん)と繰り広げる世界は、現代のファンタジーのようでもある。
◎ゆうべは満月に近い月を寝床からぼんやり眺めていたが、今夜はくもりだ。

PageTop

8月18日(日)

お昼の起床。暑いけれど、ホットコーヒーを淹れて飲む。午後、避暑になるかしらと思い久々に図書館に行ってみるも、たいして避暑にはならず。ま、それでもせっかく来たのだからと、週刊誌のバックナンバーをひろい読み。のち、あずけてあった自転車を取りに金沢駅へ行ったついでに、駅ビルの中の雑貨屋でガラス製のまな板(300円)を買う。夜はお惣菜セットを肴に、一人晩酌。わたしにとっては充実した日であった。

   

 
 





 雲が秋っぽい・・・

PageTop

8月17日(土)

昨晩はアパートに戻ったのが25時。(富山駅で途中下車してお夕飯をごちそうになり、最終の北陸本線に乗る)。本日はひたすら睡眠の人となる。20時の起床。母から電話があり、昨日の黒部渓谷は「1万1千人の人出で、今シーズン最多だった」と知る。やっぱりねぇ。秘境のイメージの渓谷であるが、トロッコは満席、駅にもあふれるほどの人がいたもんねぇ。ほうほうほうと惚けて、夜を過ごし、ロケ兄のラジオを聴きながらまた眠りの世界へ。

PageTop

8月16日(金)


日帰りで、黒部渓谷へ行ってきた。


◎宇奈月にて

トロッコ電車の出発まで時間があったので、近くを散策。



 

 

 


◎いざ、出発

初めてのトロッコ電車。

 

 


途中「猿専用の吊り橋」など面白いものあり
(復路では猿を何匹も目撃…。なのに
 乗車風景の写真一枚もなし。残念!)。

線路に沿って「電力の仕事の人が、冬場に歩くトンネル」があり
興味深かった。(休みなく歩いて6時間かかるって~)。

◎欅平駅に到着。

お蕎麦を食べてから、黒部川に沿って歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PageTop

8月15日(木)

朝7時の起床。緑茶で一服したのち、お墓参り。帰宅して、スイカを食べる。(今まではよそからの頂きものを食べていた。うちの畑のスイカは今年初収穫。黄色~い。甘~い。でかしたぞ!)。そして、ゆっくり朝ごはん。昔はお盆といえば親戚の集いで忙しかったけれど、近年は少しずつ親戚関係も変化。今年は特にのんびりでいいなー。お昼は先日から食べたかった、冷やし氷見うどん。薬味には晩夏の味覚みょうがをたっぷりと。とろとろ休んで、夕方、三週間半ぶりに金沢のアパートへ戻る。







久しぶりの街の空気



PageTop

8月14日(水)

ああ、昨夜は、寒かったなー。毎晩窓を開けたまま寝ているのだけれど、あまりにヒンヤリ寒くって、夜中目が覚めたぞ。(風邪をひいたら困るから、母の寝ている一階の廊下の窓も閉めに降りた)。昼間はあいかわらずの猛暑だが、ちゃんと秋は近づいているみたいだねー。お盆だからと母が朝から餅屋さんで「おけそく」(お供え餅)などを買ってきており、本日のお目ざはあんこ入りのヨモギ餅。たまに食べるとおいしい。ところで、姉と下の甥っ子が、旦那さんの単身赴任先に遊びに行っているらしい。上の甥っ子は一人お留守番。ああ、ヒトの成長って早いのね~。(つい数年前までちょくちょく子守を頼まれていたのがウソのようである)。

PageTop

8月13日(火)

最近めっきり台所に立つ気力がなかったのだけど、ふと、「夏おでん」を今年はまだ食べていないなぁと思い立ち、とりかかる。母の作った素麺用のおつゆが残っていたので、大根、人参、蒟蒻、ゆで卵を煮る。鶏手羽の代わりに冷凍してあった魚のつみれと、茄子をフライパンで焼き、おでんに追加、仕上げに青みのオクラを。(なにか足りないと思っていたら、小玉葱(まるごと)とトマト(まるごと)という、夏おでんの主役級を忘れていた……)。ま、緊急創作で、十分に冷やせなかったけれども、それなりに美味しくいただけました。

PageTop

8月12日(月)

諸事情があり、夕方までずぅぅっと眠りのヒトになる。夜はレトルトカレー。夜中に豆菓子をぽりぽり食べていたら、歯ぐきが痛くなる。(ほんとは豆なんて食べてはいけないのに! 食の誘惑ってこわい!)。現実のニンゲン関係がほとんど没状態のわたし、「毎日のようにテレビで目にしているマツコ(デラックス)さんがある意味で、日常、親しんでいるニンゲンの上位にくるのでは?」と、思ってしまった。(余談だが、有吉さんがマツコさんに「(今、一番欲しいものは)公園で子供とキャッチボールするようなコト(家族)」と語っておった。ふふ~ん、そうなるか!)。ぼやぼや~んと過ぎていく夏である。

PageTop

愉快に生涯を生きぬくことが全生である。
ジメジメして息していては全生はできない。
健康に生きる為に、愉快ほど大切なものはない。
僅かな利害や面子の為、その大切な愉快を失って生きている人は不幸せである。

パーシーさんhttps://twitter.com/courchevel1850
リツイートしていた野口晴哉先生botより


PageTop

8月11日(日)

♪日中はじいっと家のなかで休み、18時近くになってやっと活動開始。庭の水やりをしたあと、田んぼ向こうのスーパーへ。帰りはね、もう19時をまわっているの。ほ、ほのかに暗い。日が落ちるの早くなったね~。
♪いっとき甘いコーヒー牛乳にはまっていたが、やっと脱砂糖のコーヒー牛乳を飲むようになった。しかし、暑いとどうして「甘っま~い」飲み物がおいしく感じるんだろう。(と書いていたら、練乳入りのコーヒーを飲みたくなってきた…)。

PageTop