FC2ブログ

6月4日

20090612204313 ほとんど当山荘のことを知らずにやって来たが、まず驚いたのは、近代的なハードとソフト。地上波テレビが入り、朝一番のバスに乗って数紙の新聞が届き、トイレは水洗、お風呂は毎日入れ、ドライヤーまで有り、洗濯は全自動洗濯機(お客さんのリネンはクリーニング)、無線LANでネットが通じ(到着早々「ともみさんはパソコン持って来なかったのぉ」と山荘の人に云われ、はあっ?)、そして食事はほとんど一からの手作りで(客の多い日はスタッフの分を含め80名近くの食事を朝昼晩用意)、しかもそれは民宿やペンションに負けない内容で、おまけに全体的な衛生管理もばっちり。ほほ~。手は洗剤で荒れまくり(←常に指先は糊が乾いたみたいな肌触り)、包丁やスライサラーの切り傷、オーブンの火傷も絶えない。空気が乾燥しているせいか、爪の先は自然にバキバキと割れ、これまでの人生で体験したことのない深爪。一日じゅう山荘内にいる(掃除や炊事や待機などで一日があっという間に終わる)ので、雲の上の暮らしなれど、ほとんどその自覚がない。

6月3日

20090612152128 
 毎日、3食のおまんまを高速で胃袋にかきこみ、おしっこをちょっとの隙をみてすませ、あと、おやつと入浴の時間もあるけれど、それもあわあわ状態。忙しい日は午後に1時間半ほどの休憩をもらえるので(お客の少ない日は逆に休憩時間がなく、ひとつ所で待機せねばならん!)わたしは大概昼寝にあてているのだけれど、それでも、朝5時台から夜10時まで、ほとんど立ちっぱなしの労働。う~。 
 

6月2日

2009060921101720090609211019200906092110212009060921102420090609211026 
「ここは雪のあるうちしか歩けないよ」と聞き、スタッフ仲間に連れられて、山荘の近くを散策。雪が溶けると高山植物が顔を出し、立ち入り禁止区域となってしまう場所。長靴履いて、ガッシガッシ、雪山を登ぼる。辺り一面まっ白。滑り落ちないよう、ガッシガッシ、歩を進める。ときどき足を止め、四方を見渡すと、目指す地点はまだまだ遠いけれど、残り三方の風景は確実にひらけてゆく。そして、そして。・・・。頂上ではさらなるパノラマ風景を楽しんだあと、お尻滑り!(スキーもソリも持ってないから)をして帰還。生まれて初めての「雪山の滑り台」であった。




6月1日

20090607161628
  20090607161630

20090607161633

20090607161635
 
 朝起きて廊下に出ると硫黄臭い。どうやら近くの硫黄の谷から漂っているらしい。
「こんな日はいい天気になるよ」と聞いたとおり、すっきり晴れた日であった。

5月31日

20090701153742

20090701153744

20090606214601 うぐいすが日々頻繁に鳴いてるのに驚いている。
 今日はかっこうの鳴き声まで聞いて、驚くと同時に
 チベット仏教の鳥の本を思いだした。
 (この日記は遅れおくれの溜め書きである↓)
 数日後には、らいちょうを見たけれど
 まるで岩のごとく「まわりの風景に溶け込んでいる」と感心したくらいで
 特別の感慨はなかった。

 20090701153746

5月30日

530.jpg

あっという間に山の天気は変わる。本日も午後、気がつくと、雲のなか。■アスリートの選手たちがマラソン(21キロ、標高差1300メールの行程)で、当山荘にやってきた。途中、雨に濡れながら。強者揃いである。■先日の日記に「室内はTシャツで大丈夫」と書いた気がするけれど、うそ、うそ、うそ。この数日は長袖Tシャツか薄いセーターでちょうどいい。■その話を山暮らしの長い人にしたら、「身体が慣れたということだよ」と云われた。どうも慣れないうちは、身体が「暑い」「寒い」の判断ができないらしいのだ。(逆に、ここに慣れたら、暑い下界に降りても、汗がなかなか出ないらしい)。ほぉ。

5月29日

今朝は台所の窓から、白山の稜線がくっきりと見えた。「いつも金沢市内から見ていたあの山がこんなふうに見えるのか」の感慨も手伝って、声を上げたくなる美しさ。昨日は待機・中止となった食糧調達のヘリコプターが、本日は何往復も飛び、ちょっと照れたけれど、わたしも手を振ってみた。

529-1.jpg 
529-2.jpg  写真上、本日18時57分。写真下、同日19時00分

5月28日

20090602195405
連日、乾燥がすごい! ベットルームに入ったとたんに喉が痛い! 朝起きたら声変わりしてるほど! ここではスタッフは男女別の部屋の銘々のベッドが「自分の空間」で、わたしはこれまで(便宜上の呼び名→)3階ベッドにいたのだけれど、3階は何かと不便だし、よ~く体をぶつけるし、「夏になったら暑いぞ」と皆に驚かされ、本日から1階に移った。・・・。うわっ。多少は天候の違いもあるのだろうけど、なぜなぜだ、3階と1階では、まるでモンゴルと台湾ほどの湿度の差であ~る。翌朝も喉の痛み感じることなく、さわやかに起床。

5月27日

山荘のなかは朝から晩までストーブを焚いており、驚くほどの暖かさ。日中はTシャツ一枚でOKなのである。ここにやって来た日は快晴、それからも晴れや曇りが続いておったが、今夕より天候が本格的に崩れ出した。雷が光り、雹も降る。もうちょっと登った所では雪積もあったらしい。ところで雷の光るごとに、山荘の人々ははしゃいでおる。そりゃ、興奮する気持ち、分からぬでもない…。山荘では雷のために電話が不通になったぞ。室内は平地に負けぬ快適な有り様であるが、こういうときは「山にいるのだ」と思い出す。 20090602195122

5月26日

526.jpg

今、このあたりの山小屋はヒマな時期であるらしいが、当山荘はそこそこ繁盛している。なぜか? 小学生から(未来のオリンピック選手は学校なんて二の次なのだ)社会人まで、冬季スポーツのアスリートたちの合宿中だからである。本日は仕事の合間に、日本を代表する選手たちの練習を見学させてもらったが、スポーツ音痴のわたしには、正直「すごいようだ」くらいしか、わからなかった。それより何よりわたしが驚いているのは、社会人選手たちの体全体から滲み出ている、礼儀正しいオーラ。さわやかで、礼儀正しく、彼らの身を包む空気は、同世代のそれと明らかに違うのである。ふーむ。スポーツはスポーツ能力を高めるだけでなく、内面的なものまでも鍛えるのだなあ。

5月25日

20090601214643

  ときどき、近くのホテルにお風呂をもらいに行く。

  きょうは雪の壁の内側にフキノトウが育っているのを眺めながらお風呂。

5月24日

ずうっと出てない大便。毎食すごい量を食べているというのに…。と、心配していたら、午後、大便様が幾日かぶりにお出ましになる。ほっ。▼その後、小用のためにトイレに行った際、なぜか、これまで見向きもしなかった和式トイレに心惹かれ、初めて利用。そしてカギをかけずに用を足していたら、たまたま扉を開けたKさんにまるごとのお尻を見られてしまった。(恥ずかしさよりも「大便中じゃなくって良かった」とのちに安堵)。あの和式はKさんのお決まり個室だそうな。▼韓国前大統領の遺書に、幾分のショックを受けた本日である。

524-3.jpg

524-2.jpg  524-1_20090701140635.jpg

〔この辺りには3台の除雪車があり、すべて熊の名前がついているらしい。
ちなみに全部オスの名前なのだとか〕
背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2019年 09月 【32件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク