2018/05/26 (Sat) 丸オクラと団十郎

5月15日(火)その二

お祝いの手配に出かけたついでに
ホームセンターに寄ったら

先日はなかったオクラ苗がいくつもあって

(うちでは毎年、丸オクラを好んでいるが
なぜか先日はおいてなく、角オクラを植えたのだけど
今日は、丸オクラ、しかも、白いのや、赤いのや・・・
あって、まあ、ちょっと多目でもいいよな、と)

またオクラ苗を買ってしまった。

あと、グリーンカーテンの苗。

(毎年、種をとっているくせに、発芽作業がめんどう
なのと、あたらしい品種を植えたいわ、との誘惑で
苗を買ってしまう)

今年は、団十郎という名のオレンジ色の
大輪朝顔の他、朝顔、夕顔、すだれ花
6種をチョイス。

はふはふー。

帰宅して、おやつ小休憩のち

庭の水遣り後、畠へごお。

今日からまた頑張るモードです。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/26 (Sat) 大叔母となる

5月15日(火)その一

そろそろ「生まれたよ!」の連絡が
あっていいはずなのになー

(日曜の朝の話では、日曜か月曜
生まれる、と聞いていたので)

と思い、母に、「連絡ないの?」と何気に聞いたら

「生まれたって、男の子だって。
さっき言ったじゃない~」とな。

えええー。

(わたしが短期記憶喪失になってない限り
そんな話は聞いてないぞ)

母ちゃんの、初の曾孫、お誕生です。

(わたしの父と結婚するずっと前、母は
別の方に嫁いでおって、わたくしには
十以上歳の離れた姉もおるのです。
今回は、そちらの子孫)

さっそく、お祝いの手配をする。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/26 (Sat) 冷しゃぶの晩餐

5月14日(月) 午後~夜編

ああー、どうにでもなれ!

(ここで休まなければ、この先の日々がない。

一見「後ろ向きポーズ」なのだけど
その実、おいらなりの「前向き」行動なのだ)

と、太陽のさんさん 射すなか眠り続け

16時41分だっけ、起床。

         *

久しぶりに眠りを堪能し、かなり
元気になりました。

         *

玄関を夏バージョンにするため
網戸をハメようとしたら

む、ムリ。

ハマるのはハマるのだが
過月、新しくした鍵の仕様のため
いつものように網戸を左右に動かして
使用することができない。

う~ん。どうしよう。

(いつもと違う場所を定位置にしたら
網戸の使用はできるのだけど・・・)

ひとまず、網戸をまた納屋に戻す。

         *

日が暮れて、畠へごお。

デイリーな作業(収穫と水やり)。

         *

しゃぶ肉を用意してあったので
生野菜サラダを豪華に盛り付け
野菜とキノコとお肉を茹で

・・・お肉はしゃぶしゃぶとせず。
日本酒入れた低温の湯に、しばし放っておき
やわらかく・・・

冷しゃぶの晩餐といたしました。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/26 (Sat) 気遣いより「ありがとう」が欲しい

5月14日(月) 朝編

早朝、昨年収穫のニンニクとタマネギの
始末をしていたら

母、よろよろのパジャマ姿で外に出てきて
「ワタシが畠にもっていく(=畠に捨てる)から
(やらなくて)いいよ」と言う。

がおっ。

          *

いつものことじゃ。

1.口だけ「自分がする」の意思表示

(できない、の自覚がない。できる、のつもり。
・・・「現実を見ようとしない」がお得意なの。

生活の諸々、小さなことから大きなことまで
彼女が口で言って、やったためしがない。

ちなみに。今年に限らず、腐ったタマネギ等の
始末をやっているのはおいらじゃ)

2.すぐにこちらの行動を止めようとする

(自分が休んでいるのに、相手が作業をしている
のを、申し訳なく思うのだろう。

ex スーパーへのおつかいのあと
冷凍・冷蔵品などを、あちこち所定の場所に
仕舞わなければと家のなかを忙しく動いているのに
毎回、母ちゃんは熱い茶を淹れて、急かすように
「休め」という。

↑ 彼女の母親と同じ。おいらも将来そうなる?)

          *

ここで彼女の言葉を真に受けたら、タマネギ
今以上にプンプン腐敗臭が漂っても、ずうっっっと
放置されるのが目に見えているのだから

おいらは聞えぬふりをして、もくもく手を動かし
(45リットルのゴミ袋に一袋半)
今朝の燃えるゴミに出しましたとさ。

          *

自尊心は大事だが、余計な気遣いは
いらんのよ。

(これはわたしへの気遣いのテイをした
その実、母ちゃんが自身の気持ちを軽くする
ための気遣い・・・なんて書くのは、酷いね)

ここは、すなおに
「ありがとう。助かるわ」のひと言に
代わっていれば

おいらも気持ちよく
作業を進められるのにな。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/26 (Sat) ぞろめてき

ときどき、ゾロ目的な時期があり
数ケ月前からも、そーゆー日々。

今日も覚えているところでは
2時22分とか、4時4分、4時44分とか
なにげにデジタル系の時刻を見たら
そーゆーの。

時に、2/3くらいゾロ目的
(ゾロもくてき、じゃなく、ぞろ・め・てき、です)
の感覚なので、実際は(多くて)半数弱の頻度
なのだろうか。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/25 (Fri) S子ちゃんはワシらのアイドル

朝の作業のとき、近所なんだけど
これまで喋ったことのなかったおじさんに
声をかけられた。

「あんたのお母さんの妹さんたちは、元気なんか?」
と。

はい、去年まで商売をしていた人もいるし
うんたらかんたら・・・ と返していたら

そのおじさん、業を煮やしたように

「S子ちゃんは、元気なんか?」

「ダンナさんは亡くなったと聞いとるが
S子ちゃんは、まだ、シャバにおるんかっ」

「S子ちゃんとは同級生で、S子ちゃんは
ワシらのアイドルやったんやっ!」

と、一気にお話になる。

ほっ、ほ~。

そうでごじゃったか。



田舎では、誰がどこ出身で(例えば
市内出身でも、どのエリアから嫁に来たか
婿に来たか)

どんな資格をもっていて、どんな仕事をして

誰と誰が親戚で(何代前が同じ家の出で)とか

えとせとら

親世代は周知の共通認識として生きているんだよな。



そういえば、先のおじさんの奥さんは
母の弟の同級生だし

ついこの前も、S子ちゃんではないほうの母の妹と
同級生という人が、立ち話をしていったっけ。

血縁・地縁の強い地方で暮らすということは
こういうことなのです。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/25 (Fri) 生気、薄れる

5月13日(日)

朝は地域の共同労働があり
午前8時開始だけど、去年も早かったよなー
「7時半頃に出て行けばいいかな」と
眠りについたが

7時には、外の騒々しい音で
目覚める。

(あー、村のあうんの呼吸にまだまだ
ついていけないわ)



雨の労働のあと、シャワーして
朝ごはんを食べ、10時に再就寝し
安住さんの声を聞きながら
じきに眠りに入ったのだけど

たびたびの宅急便などの訪問で
早くも11時には起きることに。



今日はずっと雨ふりで
畠も庭しごともお休みで
体力的にはラクだったのだけど

いかんせん、睡眠をとれないのが
きつい。

(いや、眠ってはいるのだけど…。
細切れ睡眠で「生きて」いけるとしても
「生気」がねー、薄れる)

前夜に少し眠ったほか
午前の30分程度の眠り
夕方~夜にかけ、2、3時間眠り
あとは翌朝7時まわっての入眠。

(朝~午前中の用事という、一般的な
人間界のスケージュールに合わせると
ほんま、カラダがぼろぼろ。

しかし、文句をいっても仕方ないので
なんとか少しでも、自分が人間界に沿うように
せにゃならんのー)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/24 (Thu) 賢い消費者(あこがれ)

(下記の流れで書いちゃう)

わたしは、野菜に関してもそうなんだけど
消費者が自分の財布だけを見て
やたらと「高い」というのは好きじゃないんだ。

(天候不順で野菜が高くなると、すぐに
メディアがあおり、消費者も高い高いと連呼する。
・・・そりゃ、収穫の数が減れば、高くなるさ。
当たり前だろ。あまりに消費者ご都合主義だよな。
・・・一方、普段は生産者泣かせの叩き売り価格の
恩恵を嬉々として受け入れて。

と、キビシイことを書いたけれど、ま、わたしだって
消費者ご都合主義にどっぷりハマっているし
スーパーに行けば「高い」「安い」とやっているのだが)

         *

今の日本で、消費者が第一次産業にもっと
リスペクトをもてというのは(仕組みとして)なかなか
むずかしいというのは分かるのだけど

モノの対価がおかしくなっている。のは気になるコトだ。

汗水たらしたものが叩き売りされる市場に
(=業者による一次産業者への無理強いが
容易に行われ)、あまりに慣れすぎて。

企業努力という名で喧伝されてはいるが
安さの裏には、不当な搾取がないのか
原材料等ごまかしがないのか、あまりに
無頓着。

         *

淡い夢のような付加ある流行りモノには
盲目的というか従順に高いお金を払うのに

自分の血肉をつくる農産物とか
水産物の価値には想像力が低く
ドケチ化する消費者は
かっこ悪いよなー とは思う。

(頭でっかち!なんだよ)

         *

(以上、普段の自分の態度を
ほぼ忘れて書いております。わたし自身が
「賢い消費者」では全くないという自戒を
さいごにちょっと滲ませておく)

「賢い消費者」=モノを安く買う
わけじゃないよね。

「賢い消費者」=自分だけじゃなく
生産者、流通のヒトのことなども忘れずに
それなりの対価を払うことを惜しまず

健全な市場を育てる
循環のなかにいるヒトのことよね。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/24 (Thu) 魚の並ぶ食卓

5月12日(土)その三

夜は、ブリカマを焼いて
お野菜色々、あとはできあいの
海苔巻きや箸休めの品を並べる。

ブリは日本海を泳いでいる中
隣県で水揚げされたもの。

ほんとは刺身か握りを買う予定だった
のだけど、おいしそうな鮮魚がぜんぜん
なかったのだよなー。(よってカマ塩焼き)

         *

中卸のモンダイもあるだろうが
ここ数年、地魚の販売がぐんと減った。

遠地の養殖とか、輸入とか、そういうのが目立つ。

今日なんて、めっちゃ小さいスルメイカが
「地浜、朝どれ」シール貼ってあったけど
あんなの獲っちゃいかんだろう・・・と
素人のわたしでも思うほど。

数年前に「魚が食べられなくなる日」的な
内容の本を読んで、まだまだ先のことのように
感じていたけれど、生活のなかで、その到来を
じわじわ実感するわー。

魚の種類が少ない、天然の割合が減少
冷凍輸入の品がぐんと増えている
養殖が我が物顔で…養殖は、エサの量が半端ない。
例えばマグロを育てるのにマグロ本体の重量を
はるかにこえる量のアジとかサバとかが要るのでは
なかったっけ??? だから養殖が海を救うなんて
わたしはみじんも思えんのだ…

地魚が減り、天然の国産魚はことごとく小さく
…成魚になる前に乱獲しているからね。
国産のサバがおいしくないのは、脂ののる前に
漁獲しているからだ…

そして、なんといっても、魚類全体
お値段が高くなっている。

         *

遠くない将来、天然鮮魚の並ぶ食卓が
たいそう贅沢なものになるのかもね。

しかし、まあ、これは日本人自身の
せいでもあるのだけどね。

(北欧では、水産の管理が徹底し
海の幸が復活していると聞く)

「高い」「高い」と連呼するのは
好ましいことではないし・・・。

(つづく)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/05/24 (Thu) アジアの若者、日本の田舎

5月12日(土)その二

帰宅後、シャワーを浴びて
食品まとめ買いのためスーパーへ。

東南アジアの若者の増加が
めざましい。(最近ますます)

彼らの自転車で、駐輪所はぎっしり。

(日曜だけがお休みなのかな。
土曜夕のスーパーが彼ら彼女らの
たのしみのような雰囲気も。

小さなイートインのコーナーは
外国語の飛び交ういくつかのグループで
占領されていた)

そういえば、GW中、ローカル列車も
彼ら彼女らの率が高かった。

どこに住んでいるのだろう?
と不思議なのだけど。

(先日は、インドネシア系と思われる
若い女の子たちが隣村の畠仕事をしていた)

彼らがいないと成り立たないように
この田舎でもなっているのだろう。

たぶん「技能実習」という名のもとで。

もうさ、こんなインチキ制度やめて
正式に外国人労働力をお願いします
って、国の態度を示せばいいのに。

       *

(↑日本人として、うしろめたい気分が
つきまとってしまう・・・)

田舎のジジやババは、いまだ数十年前の頭で
「他のアジアは貧しくて、出稼ぎに来るのは
日本が富める国だから」考えで止まっていそう。

他のアジア諸国が、ぐいぐい日本より豊かになり
今はまだかろうじて「出稼ぎ」に来てくれるヒトが
いるとしても、今後ますます、日本は魅力のない
市場になっていくのだよ。

技能実習なんて詭弁で、いつまでごまかす
つもりだよ。

(雇う側も、雇われる側も「技能」習得なんて
さらさら思ってないわけでしょ。
単なる「国の面子」があるだけで・・・)

もっと、外国人労働者を大事にしないと
いけないよ。

「安い労働力」なんて構えでは
そのうち誰も日本に来てくれなくなるよ。

       *

スーパー等で見かける若い彼らはいつも
国別・性別の数人ごとの行動をしているが

今日は一人で来ている女性がいて
(珍しいこと。初めてそういう人と会った)

わたしはたまたま、そのヒトと
駐輪場のちょっとしたハプニングで
アイコンタクトを交わしたのだった。

細かな言葉を交わさなかった分
ふわっと彼女が微笑んだところに
アジアの風が吹いたようで、わたしは
とろん(喜)となった。

(書いて、分かった! わたしは彼ら彼女らに
興味があって、お近づきになりたいというか
会話をしてみたいのだな)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

最新記事

過去ログ

2018年 05月 【78件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク