ともみ@ピクニック

一.嘘をつく

夜のラジオで、哲学者の萱野稔人さんと
脳科学者の澤口俊之さんが
「人はなぜ嘘をつくのか」などを話していた。

ふむふむと思ったこと、メモ。


人間はなぜ嘘をつくのか?
脳が嘘をつくようになっている。
進化的に、本質的に。

嘘は高度な言語で考えている。
対人コミュニケーションの戦略の一つ。

4~5歳になると、嘘をつく。
(頭の良い子ほど嘘をつくのが上手い)

相手の立場を予測できないと嘘はつけない
嘘をつくのは、知的活動。

ただし前提として
病的な嘘と、一般的な嘘は区別するべし。

病的に、嘘をつくのが
快感になっている人の脳は特殊。
(嘘をつく→喜びホルモン→嘘中毒になる)

    *     *     *

脳科学者は嘘を定義する際
「当人の経験と、語っていることの
整合性がつくか否か」で判断。

髪を切ってきた人に「似合っているね」とか
相手の持ちものを褒めるなどの、嘘と本音の
境界線あやふやな、無自覚な発言は
「協調性を高める」ための嘘の可能性も。

嘘には二種類あり
・自己利益(正当化)のためのものと
・相手を喜ばせ、協調性を高めるためのもの
これは脳レベルでも判断できる。

協調性の高い人ほど嘘をつくし
また自己中心的な人ほど嘘をつく
両方が成り立つ。

適度に嘘をつくのがよい。
基本的に人間は嘘をつくもの。

人間は「本当のことを言っている」つもりで
嘘をついていることもある。
(すりこみの話を聞かされて、など)

嘘の自覚は必要か? →本来は自覚しているもの。
しかし何度も嘘を重ねているうちに、嘘の自覚がなくなる
こともある。(政治家に多い。と英国の研究)

共同体による、すりこみの嘘もある。
(順応するために、いつしか黒が白に見えるなど)

「自分は若い」と思っていれば、若く
「歳をとった」と思っていれば、老けるよう
脳がおのずとなっていく。

自分の思うとおりに脳はなっていく。
(思い込みにより、相当、脳は変化する)


・・・・下に続く。


2017年4月20日放送、『JAM THE WORLD』 より

PageTop

二.男と女の嘘

民族(遺伝子)や性別により
人の能力には違いがある。

(ただし、嘘の研究は、自己申告による
ところが大きいので、ムズカシイ面も)

    *     *     *

稲作文化の民は集団主義的で
協調的な嘘をつきやすい。

小麦は一人でも作れるので
小麦文化の民は自己中心的な
嘘をつく可能性が高い。

    *     *     *

一般的に
女性は男性より嘘が上手い
といわれている。

女性=もともと
協調性がありコミニュケーション能力高い。

さらに女性=同類の仲間を
作りたがるが、そのためには
嘘をつかざるを得ない状況にも
なりやすい。

病的な嘘をつくのも、女性に多い。
(協調性を高めるためにどんどん嘘をついていると
相手も喜ぶし、自分の地位も安定する。
→ 嘘で相手をコントロールするように)

不倫をしている人の割合、実は男女差はない。
しかし、男性のほうが圧倒的にバレやすいのは?
→女性のほうが嘘が上手い。男の浮気には寛容だが
女性が婚姻外の男性の子をはらむのは重大問題
という時代が続いていたから。

人間は、乱交性と、一夫多妻制の混じった
ややこしい動物。

社会環境適応のために嘘をつく。
(集団内で生きるために、嘘は必要だった)


・・・・下に続く。


2017年4月20日放送、『JAM THE WORLD』 より
(萱野稔人氏と澤口俊之氏の会話をメモ)

PageTop

三.嘘と寿命

相手が信用できるかどうかは
直感で判断している。

偏差値の高い大学の学生ほど
相手を信用しやすく、かつ
その判断が正しい傾向有
という初期の研究がある。

相手のことを、脳は瞬時
0.5秒ほどで判断している。
(視覚や、嗅覚で)

    *     *     *

かつて使用されていた
「嘘発見器」は精度は低いが
有効な面もあった。
(温度変化や汗で判断)。

しかし、胃は、もっと有効。

人は嘘をつくと、胃の動きが変わる。
→胃の動きを調べて、嘘をはかる。

しかし嘘をつくのが得意な人は
胃をだますのも上手いので、結局は
脳レベルで判断をしたほうがベター。

    *     *     *

人間の嘘、タテマエと本音に
ふりまわされないための秘訣は?

→自分が嘘をつかないこと。
相手も嘘をつかなくなる。伝播していく。

嘘をつかない人ほど、寿命が長い。

脳も健康な状態が長く続く。

(通常の人は、嘘をつくと、ストレスになる。
軽度な嘘はまだしも高度な嘘は特に)

正直者は、脳が健康で
結局は一番得をする。


2017年4月20日放送、『JAM THE WORLD』 より
(萱野稔人氏と澤口俊之氏の会話をメモ)

PageTop

不倫(報道)について

ひとつ下の、おまけ。

国会議員の不倫騒ぎについて
私見を補足しておきます。

(不愉快な意見だと感じる方も
大勢いらっしゃいましょう)

。  。  。  。  。  。  。  。  。  。  。  。

繰り返しになるが、男女の問題は個人のことであり
第三者にはなんの関係もないのだ。あるとしたら
「好ましく感じるとか感じないとか」の、それは
第三者自身の心の問題なのである。

浮気をしている社会人が、現在の地位を追われるとしたら
日本全国、大騒動の事態となるでしょうな。

「重婚もどき、けしからん!」とご立腹の方たちは
その辺をどう考えているのだろう?
政治家と芸能人は別枠なのかしら。

「議員の資質を問う!」という意見もあるらしいが
わたしとしては政治家としての腕があるのなら
・・・N川議員の政治家としての技量は知らん…
既婚&いくつもの恋愛していただいて
まったくオーッケー。
(正しくいえば、「どうでもいい」に尽きる)

先にも書いたけれど、わたしは
“大事なことには(忖度フレーバーの)フタをして
一方、個人の私的問題に集団で突つきまくる” 
空気に違和感を感じる。

あと、今回のことに限れば、
N川議員の配偶者が「がん治療中」というのを
ことさら取り上げるのって、ホント、醜い。

しかも、配偶者さんのプライバシーを
ぜんぜん配慮していないじゃないか。

(しかし、こういうことに文句を言いたくなるのは
別の角度から見れば、「わたしの感情」の問題なのか?
マスコミの作る世論やらと、わたしの視点とは、どちらも
角度の違う“正義感”におぼれているだけなのかもな)

ふーっ。

少し話はずれるが

男女のことに緩いというか、浮気性は
遺伝子レベルの話でもあるそうで
一種の「病気」という可能性もある。

性欲の絡んでいるケースもあるだろうが
人によっては常に「依存」できる相手を欲している
サガに起因するケースもあるだろう。

(だから倫理的には褒められたものではないが
この病をもった人は、ある意味では可愛そうなんだよね)

PageTop

実態のない時代

「実態のない時代」というのが
今、わたしにははしっくりくる。

最近、一つ二つ、気になる株価の
動きを見ているのだが、ぜんぜん
崩れないのね。

本当に朝鮮半島の緊張が
日本の社会不安になっているのなら
なぜ日本株価が一定水準内にあるのか?

また、世界情勢から日本円が高くなっており
そしたら株価も下がるのでないの?
と、素人は単純に思ってしまうのだけど・・・。

しかし、金子勝さんの、4月18日のツイートを見かけ(一部引用する)
森友や東芝から目を背け、「株価が高くて気持ちいい」で内閣支持率をあげるため、昨日も5営業日連続で725億円のジャブジャブ株買い。大本営株式相場で敗戦を隠す。

そっか、そっか。そうだった。
と思い直すのだった。

今、社会は「実態のない」まま
動いているのだった。

大臣たちのありえんレベルの失言続くも
本人のお咎めなければ、総理の任命責任もスルー。

都合のわるい話は、なんでもかんでも
「閣議決定」ですませようとする。

余談だが、N川議員の浮気の発覚について
「なんで騒いでいるのか」、わたしには理解できん。
当事者&家族には大問題だろうけど、それは
あくまでプライベートなこと。

仮にそのことで仕事も手に付かないほど
精神が衰弱してしまったなら話は別だけど
今回の場合、そういうわけじゃないのでしょ。

(それにしても、大事な問題
~今は共謀罪の法案~があるときに限って
不倫や薬物で、マスコミが大騒ぎするのは
毎度のタイミングだよな)

日本は、個人の問題に集団で突つきまくるのに
社会全体で考えねばならん問題には
なぜ、ゆるゆるゆる~、なのか?

仮に、議員に倫理的なものを問うならば
大臣たちの数々の失態・・・偽証、失言
お金の問題、権力の私有化・・・等を
まずはなんとかして欲しい。

(「大臣として」以前に、国会議員として
資質を問うべき方を、指折り数えてみましょう。
一人、二人、三人・・・、あっ、片手で足りん)

おかしな話は次々やってくるのに
当事者やマスコミの反応を見ていると
まるで夢のなかのことのようだ。

PageTop

ラジオ寝

4月19日(水)

未明、バリバリと
はげしい雷が鳴っていた。

朝方、ラジオを聴きながら布団で
休んでいたら、そのまま入眠でき

(しかし、入眠時ラジオをつけていると
その後消しても、眠りが浅い傾向ある?)

16時まわって起床。

ほんとーに書くのも恥ずかしい
些細なことで、気持ち小凹みの今週。

心身やや向上してきたかと思っていた矢先
停滞というか、「三歩進んで二歩下がる」状態だ。

PageTop

まぶしく、うらめしく

4月18日(火)

朝二時前に布団を抜け出して
ラジコ文字起こしの整理をしたり
しているうちに、夜が明ける。

がっちり朝食をとり、しかし
カラダはへろへろで

新緑、とくに生垣のマサキが
もくもくと緑を育んでいるさまを
まぶしく、かつ、うらめしく
居間の定位置から眺める。

(庭に出る気力もないこの身は
生命力豊かな美しいものを見ると
逆にうらめしさもわいてくるのだ)

20170444 018 後日の撮影

(そして、ああ、今のうちに剪定すれば
毎年お約束の害虫が孵化するのを防げる
のだよなー、と、思いながら・・・)

12時台コタツで軽寝
13時前、お布団へ移動
17時半まわって起床

夜は、野菜たっぷりラーメン。

(ここ数日、ラーメン気分が高まっており
昼食用に中華麺を解凍してあったので。
たまには夜ラーメンもいいですな)

おいしゅうございました。


PageTop

26時間ぶりの睡眠界へ

4月17日(月)

わずかに生活リズム好転の
感触があったので、ここは
お医者さまのいうとおり
お薬飲んで早い時間に床に入るか

という思いもあったが

せっかくパソコンを触る元気がわいてきたのだから
たまった日記を少し書くか、という気持ちもあって

後者を選び、夜更かし。

(ここに自業自得の種がある)

          *

そうこうしているうちに、今から薬を飲んで
寝たとしても、またビミョウな日になるなぁ

と、朝方、お布団で少し横になったものの
すぐに起き出して

七時くらいから、しっかり朝ご飯を作る。

午前中は、むー、と、耐えて
13時前、就寝、すぐ入眠。

(26時間ぶりの睡眠界だ!)

17時半の起床。

PageTop

末法のごとく

4月17日(月) その二

午睡だけでは足りぬので

21時前には、またお布団へ。

ぐうっと寝るのとプチ覚醒を繰り返した末
25時台には、ぱっちり目が覚めてしまい
26時前お布団を出る。

夜中は落ち着くなぁ。

外は台風のような風。

       *

毎日まいにち、正気とは思えない
(特に政治がらみの)ニュースが
入ってきて

それは外の世界のことなのだけど
あきれ、もどかしく、怒り、それから
うっすら以上のレベルで
自分が傷つくのを感じる。

なんで傷つくのかなぁ。

内向きな暮らしをしているから
過剰に受け取ってしまうのかなぁ。

(そもそも、日々を多忙に暮らし
ニュースに触れる時間がなければ
そんな心の反応も起きようがないわけで)

しかしなぁ、お上の睨みひとつで
キノコを採りに行くための電車の切符を買っただけで
あらぬ罪状で処罰される可能性のある
時代が迫っているのは、末法のごとくで・・・。

アタマの中まで罰せられるほど
こわいことはないよななぁ。

PageTop

バカ三昧

末法のごとくの空気を、一人
吸っているのは・・・つらい。

ううっ、内田樹先生のお言葉に
なぐさめてもらおうっと。
                  
                        

政権は末期的だと思います。もう「条理」が通らないんですから。そのつどの「言い訳」はあるけれど、それらの「言い訳」を貫通するのは「あらゆる手立てを使って責任を回避する」という政権の主観的願望でしかない。「政権と運命を共にする人たちの利害」しか代表しない政権にはもう公共性がない。(2017年4月6日)

                        

「バカが威張る」時代になると「バカが偉くなる」だけでなく、バカでないと出世できないので、わりと賢い人たちまでが「このままで上がバカばかりになってしまう。国を救うためにも私がまず出世せねば」という理屈をつけて「バカのふりをする」ので、指導層が全部バカで覆い尽くされるのでした。 ▲ 今の日本を一言で言えば「バカが威張っている社会」です。申し訳ないけど、それ以外に形容のしようがない。でも、けっこう賢い人だって政治家や官僚の中にいたはずなのに、こんなにあっさり「バカに埋没」したことに驚きます。戦前もきっと「こんなふう」だったんでしょうね。 ▲ 『秋刀魚の味』で加東大介が「負けてよかったじゃないか」という笠智衆の言葉に「そうかもしんねえな。バカな奴らが威張らなくなっただけでもね。あ、艦長、あんたのことじゃないですよ」というシーンをテレビCMで一日100回くらい流してくれないかな。もちろんトリスのCMで。 ▲ 『彼岸花』で田中絹代が空襲の下で家族四人が防空壕で抱き合った日々を肯定的に回想したのに佐分利信が顔をしかめて「俺はあの時代が一番厭だった。バカなやつらが威張っていて」というのも肺腑にしみます。敵軍の空襲より味方の「バカ」の方が彼の生きる力を殺いだようです。 (2017年4月14日)

                        

引用元 内田樹氏のツイート
https://twitter.com/levinassien


PageTop