2018/02/18 (Sun) ガス抜きのため?

夕方のテレビを見ていたら、国税庁の
佐川長官に関するデモを、各局で取り上げており
やや違和感をおぼえた。

確定申告スタートというタイミングもあった
のだろうが

相変わらず、今国会が始まってからも
NHKの国会中継はほとんどしないし
ニュースのなかで触れられること殆どなく
オリンピックが始まってからは、なおさらで
「今も会期中」ということを忘れさせるような
各社のテレビニュースのなか

デモを取り上げるのはいいけれど
ならば、国会のことも少しはやっておくれよ!
なのだ。

(裁量労働制の件で、首相がデタラメなデータを
挙げて答弁したことを追求されて、最終的に
撤回するに至ったのは一昨日のこと。
「森友学園の国有地売却の値引き」に関する
新しい音声データを共産党が予算委員会で出したのは
昨日のこと)

うがった見方かもしれないが

このデモに関する報じ方を見ていると

「国民のガス抜きのため?」と想像してしまうのよ。

(そもそも、デモを報じるなら
その前提にあることもやるべきで、佐川氏だけを
悪者にしても仕方がない。

佐川氏はなぜ国会で偽証をしたのか?
・・・もう、ここまで証拠が出てきたら「偽証」でいいでしょ?
~音声データだけでなく、財務省が「ない」はずのデーターを
最近は「あった」と言い出しているようだし。
佐川氏の証言はあきらかに崩れた~

彼が今のポジションにいるのは、なぜか?
だれがなんのためにそうさせているのか?

そういうこともやらないと)

デモでは、佐川氏に罷免を求める声だけじゃなく
昭恵夫人の説明を求める声もあったようだが
それは電波の上で封印なのよね。

また、佐川氏とは対照的な立場におかれた、(昨夏に
逮捕されたまま拘留のつづく)籠池夫妻の自宅が
強制競売にかけられることも明らかになったのに
わたしの見た限り、テレビでそういうのはやらない。



わたしだって、佐川氏と彼の現在のポジションには
納得いかないが、「みんな、納得いかないよね~」を
メディアとお茶の間が合唱しあうだけでは

都合よくデモが利用されるだけじゃない?

(再度云う。「国民のガス抜きのため」に
このデモが報じられた印象なのだ)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/18 (Sun) 安穏day

2月16日(金)

今日は、いい天気だったのに
昼食後、皿洗いもせず、そのまま昼寝。

(畠に収穫に行くつもりだったが
コタツの中で、あきらめた)

夜は、残り物を動員して
(調理済みのもの、半調理のもの、未調理のもの)
餅入り、トマト鍋。

色々と中途半端な食材が片付いて
なによりも超々おいしかった。

安穏、安穏。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/18 (Sun) コミュニケーション欲が旺盛じゃないポジション

社交できるときは社交したほうがいいのだろうけれど
そうすると、その反動で、どーんと疲労がやってくるのが怖いし

特に、一時的ではない付き合いにおいて
「小康のときの自分」を、あるいは
「ムリして元気なふりしている自分」を、相手に記憶され
調子の悪いときも、それを演じなければいけなくなるのは
ほんとうにほんとうに辛いから(山ほど経験してきた)

とても残念な話ではあるのだけれど
やっぱ、人付き合いでは、相手からの期待値を上げないように
控えめに行動したほうが、長期的な自分がラクなんだよなぁ
という考えになってしまう。



ちょっとしたことで心身の調子を崩すのを
知っているから

またいつ
「人の気配を感じるのも苦痛」
「ケイタイも触れない、当然返信もできない」
「電話でしゃべれないのは当たり前」
「人さまとの約束を破ってしまう」
の状態になるか分からないから

周囲とはできるだけ距離をとっておこう・・・

いつでもウエルカムな人だと思われると
いつか相手を傷つけることになるから、最初から
コミュニケーション欲が旺盛じゃないポジションに
いたほうが安心。

そんな考えなんだ。



しかし、ほんとうは、「ウツなときもある」自分を
知ってもらって、その上で、元気のあるときは
そこそこのお付き合いをして、不調なときは
そっとしておいてもらう、人間関係に憧れる。

分かっちょるのだ。

「元気なテンション」を相手に記憶され
その後も、それを演じなければいけなくなる
――なんてのは、自分への言い訳で

ただしくは
ありのままの自分を知られるのが怖いから
自動的に「演じる」モードになっちゃうのよね。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/18 (Sun) 盛り沢山でした。

2月15日(木)

ふー、今日は予定していたこと
プラスαまで進み、なかなか
盛り沢山な日であった。

・昼風呂・・・外に出るための元気付け
・残り湯に酸素系漂白剤入れて
(風呂桶とか色々一緒に)追い炊き洗浄
・お米の精米に行く・・・五分搗き
・甘酒を仕上げ、お裾分け
・・・母も引っぱって行き、三人でお喋り
・先日よりアイディアを練っていた
MHさんのバイオリン演奏・お茶会の計画
進める・・・会場OK。根回し依頼。しかし
今日のうちに、「恥ずかしいから~」と演者の
返答が伝わる。うーん、88歳のバイオリニスト
の音、聴きたかったな。

ふだんは沈静しているアドレナリンがどばどば出る
日であり、加えて、最近ちょっと慣れぬ人と連絡を
とったり、他、キャパを超えるか超えぬかギリギリの
社交ラインに立っている気がしており

これ以上、加速するなヨ!(危ないからね)
キモチも行動も減速したほうがよかろう・・・
と、明日以降の自分を想う。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/17 (Sat) あらゆることがオッケーの巻

「いかなる労や評価に関係なく
嬉しさや楽しさを感じられるときは感じられるし
感じられないとは感じられないもん。

すべてはタイミング」と書いた晩

そっか、すべてはタイミングかっ! と
みょ~~~~うに腑に落ちた。



あれもこれも、自分を責めてみたり
周りを批判したくなることがあるけれど

すべてはタイミングなんだよな~

たまたま今はこうなんだ、とか
たまたま、あのときは、ああだったのだ
と思えば、赦せるし、受け入れられそう

これは現世の枠だけじゃなく

過去世とか未来世にも広げれば

あらゆることがオッケーと思えてくる。



こんな心の姿勢は一時的だとしても

わたしにとっては、なかなかナイスな
拾い物(思考)だ。

忘れても、またそのうち、思い出せばいい。



これは覚え書きであり
未来の自分への手紙でもある。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/17 (Sat) 「食べた日が賞味期限ですっ!」

2月14日(水) その四

従妹から思いがけない連絡が届き、びっくり。

大人になったのぉ、お互いに。
(しみじみ)

           *

真夜中、白カビチーズをかじりながら
ちびちび晩酌していたら

・・・最近は飲酒の量が低下しているのだけど
今日は精神を緩めようと、それなりに嗜む・・・

炊飯器でつくっている甘酒を、すっかり忘れていた。
(なんとかセーフ!)

           *

今夜のドラマ『anone』では
豆腐が3日、ソーセージが5日
チーズが2週間、賞味期限を過ぎた食材を
鍋に入れちゃうところで、モチモト(阿部サダヲ)さんが

「賞味期限をみなさん、おろそかにし過ぎじゃないですか!」
と慌てるのだけど、女性陣はいっこうに動じず

「少しくらい古いほうがおいしいのよ」と、アノネ(田中裕子)さん
「気にしなければ平気」と、アオバ(小林聡美)さん
そして、ハリカ(広瀬すず)ちゃんは
「食べた日が賞味期限ですっ!」と言い切っちゃう。

へへへっ。

うちの中華麺も、今日が賞味期限だったのね。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/17 (Sat) 食物繊維祭り

2月14日(水) その三

夕飯の支度は、なんとか出来た。

たまには焼きそばでも~と思い、中華麺を買って
おいたのに、十日くらい冷蔵庫に入れっぱなしで
そろそろ、使わなければ、(賞味期限はすでに
切れているかもね。見てもおらん)と

今夜は焼そばのつもりで、それに合わせた
豚肉を冷凍庫から出しておいたのだけど

ふと、解凍中の豚肉を見て、嫌気がさした。

           *

毎日、「肉を食べねば」とか「魚を食べねば」と
動物性たんぱく質をとることを、うっすら意識して
食事の支度をしているわけだけど

そ~いうのが、瞬間、イヤになったのね。

(かつては「肉を食べたい」と思うことも
しばしばだったが、近年はあまり思わなくなったし)

           *

人生で何度か精進料理生活をしたことがあるけど
ぜんぜん苦痛じゃなくて、むしろ「植物性」という
枠のなかで献立考えるの好きだったわ。
・・・普段忘れている自分の一面を思い出す。

んで、急きょ、焼そばから豚肉を省くことに。

ゴボウ、ニンジン、油揚げ、椎茸、キャベツを具に
塩焼きそばなり。

(しかし、調味に煮干粉末を使ったので、全然精進じゃない)

           *

あとは、鮭たっぷりの粕汁。

大根、玉葱、こんにゃく、塩鮭、えのき、蕪の葉。

(玉葱は、たまたま近くにあった、赤玉葱を。
しかーし、やはり赤玉葱は生か、火を通すとしても
軽い加熱向けだな。

今日の汁物のように、じっくり煮込むと
色が落ちて、ちょっと不気味。
白玉葱を使ったほうが美味しそうに見えたろう。

ちなみに、赤玉葱から伸びた芽も使用した。
長葱代わりじゃ)

こちらは天にも昇るような、お汁になりました。

箸休めに、里イモサラダ。

(加熱して皮を剥いた里イモを半潰しにして
おやつ用のジャコ(塩味有)を加えて
中鎖脂肪酸オイルとすり胡麻を和える)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/16 (Fri) 日没とウツ

2月14日(水) その二

秋から冬にかけて、刻々と日暮れの早くなる時期
それはそれでさみしいのだけれど

いったん冬至くらいになればなったで
早い日没に安堵することも多い、わたし。

「もう日が暮れちゃったからね」と
日中怠けまくっている罪悪感に
申し開きをしちゃう感じ?



最近はぐんぐん日没が遅くなって
17時ではまだまだ明るい。

「日が伸びる」のは、頭のなかでは嬉しいのだけど
今はちょっと戸惑いというか、気持ちがついていかないわ。



本日も、あたりが暗くなってから
少しずつ精神的にラクになる。

(色んなタイプがおられると思うが、わたしは
日中がダメで、夜が更けるほど
しんどさが薄れる)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/16 (Fri) 冬のおわりのウツ

「冬の終わりも、キモチをメゲさせる」
と書いたことの補足します。


以前読んだ書籍に
(漫画『うつヌケ』だったかな?)

冬本番は、案外、うつ症状が軽くなる
ことがある~ という話があった。

なんかね、納得するのよ。

年中無休のうつ、プラス
冬場は「冬季うつ」要因も加わって
・・・太陽光が弱い。寒い。など・・・
しんどい面もあるのだけれど

冬は春夏と比較して、わりと世間全体が
どんより気味であるので、相対的に
うつ持ちはラクともいえるのよね。

部屋に篭もったり、あまり活動しなくても
他の季節に比べ、「しょうがないよね」と
自分で思えたりしやすいし。

それが、冬が終わり、もうじき春がやってくる
と思うと、世の中は花見だなんだと賑やかになり
就職進学と人生のステップアップが目立ったり
外の世界が、活動モードに沸き立つのを
遠くから見ているだけで

キモチがずっしり重くなるわけです。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/16 (Fri) 「うつ」のパッチ

2月14日(水) その一

きのうから予兆のようなものを覚えていたのだけれど
本日ははっきり「うつ」のパッチが、胸に貼られた感じ。

うん、うん、状況からして
そういうバイオリズムの到来は
「さもありなん」ね。

(最近は小康が続いていた。
凸あれば凹あり、は、自然の原理。

冬の終わりは、キモチをメゲさせる。

連休がおわって、社会が動いているな~
と思うと、自責の念がふわっと立ち上がりそう)

           *

最近、積雪のせいで音が届きにくいのか
正午のサイレンが聴こえず、本日も目が覚めたら
13時であった。

(目覚ましも、止めたのかな?)

ちーんと、忠実な犬のようにコタツで
わたしが起きるのを待っていた老母が
「パンでもいいよ」と云う。

「パンでもいいって、パンが食べたいのでしょ?」
という当たり前のイヤミは飲み込んで

「パンでもいいって、パンを焼きなさいってこと?」
と、それ以上のイヤミを投げてしまった。

(調子が悪いと、普段以上にイジワルになる我)

           *

車庫から冷凍食パンをもってきて
あとは母ちゃんにおまかせ。

案の定、汁物も簡単プレートもなく
トーストの付け合せが胡麻豆腐という(&冷たい飲み物)
彼女らしい食卓であったが

(母ちゃん、調理能力は健在なのだけど
単発のリクエストされたことしかやらないし
・・・ ↑ 十分ありがたいことだと忘れてしまう・・・
あまり複数のことを頼むと忘れるし
献立立てられなくなって、久しいのぉ)

さすがにそれでは寂しいので
黙って、調理のいらない有りものを付け足す。

           *

今日は、最近で一番の青空のようで
気温も高く、絶好の活動日和だったのだけど
なーんもせず。

コタツでだらだら眠る。

ぽたぽた、ぽたぽた、という(現実の)雪解け音が
なぜか夢のなかでは「天井裏をネズミが走っている」
という筋書きになっていて

あまり楽しい夢ではなかったなぁ。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
ちちんぷいぷい~。
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

最新記事

過去ログ

2018年 02月 【64件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク