ともみ@ピクニック

ジョブズのTシャツ

何事も、自らが「選択」したほうが
よりストレスなく生きられる、とは限らない。

「枠に生きる」自由ってあると思うし

もしかしたら、ただ、漂っていて

目の前にやってくるものを、Yes も No もなく
こないしていくことに専念するほうが

能力を発揮しやすいときもあろう。

「選択する」って、どんな些細なことでも
エネルギーを使うものだもの。

ふー。

但し、カラダが拒否反応するものには
0.00000000001秒で遠ざかったり

「これはしない」と、あらかじめ決めておいた
類のことは無視したり

不条理なモノモノに対しては、「自分を守る」のを
優先する勇気をもって・・・ね。

             *

ジョブズさんが毎日、黒のTシャツを着ていた話とか

「家事の時間割」をつくるといい、って話には

なるほどなぁ、と思う。

興味のないことに、「世間」の常識をもちこんで
自覚の乏しいエネルギーを漏らす必要はない。

( ↑ 例えば、お洒落好きな人はお洒落を愉しめばいいのであって
お洒落が苦痛な人は「毎日違う服を着る」強迫観念から離脱すればいいのだ)

「掃除しなくちゃ」それから「書類の整理もしなくちゃ」>など
しなくちゃしなくちゃの天秤ストレスを抱え、結局、両方やらない・・・顛末よりも

「何曜日は、○○分、~の用事をする」と
( ↑ 月曜は玄関、火曜は窓、水曜は洗面台・・・、土曜は書類、等)
おおざっぱにスケジュールを決めておいて

あとは黙々それに従う
(=頭はつかわず、体を用事に費やす)ほうが
色々な意味で、ラクである。

             *

以上

「選択の労」って、可視化されにくいけど
あなどれないわよね、という話でした。

PageTop

ぐず子

「算段するクセがある」と書いた。

(時間とかお金とかの算段ね)

しかし、自分を省みて

「算段してよかった~」と思うこと
あまりない…?

ほとんどない…?

それよりも
「算段して、結果、残念ー」になったことの
ほうが多く印象に残っているような。

(そういえば、算段すること自体にも
時間や気持ちを浪費しているのよね。
まったく忘れていたわ)

おまけに、わたしの悪いところは

算段を重ねた挙句、それをまた「迷い」の
材料にもしがちってこと。

あー。

すぱっと決める。

決めたことを、ぐずぐず考え延ばさない。

決めたことを実行する。

この3点を守れたら
人生はまったく違ったものになるだろう。

PageTop

反省エレジー

歯医者の当日キャンセル
(先生はじめ、皆様、ごめんなさい)

「社会マナーをまもれない」自虐は
ひとまず棚の上に置いといて

「こうなったら、こうなった、で
実家の(延長)滞在をプラスにとらえよう」
とは思いつつ・・・。

夜になると、「ああ、あそこで頑張っていれば
歯医者という、プチ仕事がおわったのにな~」
など、くよくよ虫がわいてきそうにもなる。

小さな約束を守れないのは
悲しいことでございます。

             *

話を色々端折る。

あれこれ、(どういうスケジュールだと
出費が少なくてすむか etc )算段するクセが
わたしにはあるのだが

なんも考えず、たんたんと

「目の前のこと」だけに集中するほうが

トータルの負担は減るのだろうな。
( ↑ お金も、時間も、心も)

長年、わたしは「決まったこと」をするのは
窮屈だと考えて生きてきたけれど

薄々、それは違う、と気づき出している。

その場その場で決めて生きてゆくほうが
小さなことであれ、大きなことであれ
総じて負担は大きく、大変なのだと。

             *

いまだ「人に決められたこと」をするのは苦手の
意識が強いけれど、せめて「自分で決めたこと」は
こなせる人間になりたい。

(再度言うが、そのほうが、ラクなんだよ~。
自分の負担が減るのだよ~)

(今回だって、歯医者の予約を取り直さねばならんし
当分、実家と一人宅の往復問題につき
またクヨクヨする日が続くだろう)

人間は多少縛られていたほうが
自由に生きられる――と知るのは
あふれる自由のなかにいる副産物。

PageTop

物理的演出

11月10日(金)

ハイホー、今日は一人宅に帰るぞ
(遅い夕方、歯医者なのだ)と

午前中からあれこれ動いていたつもり
なのに

お昼ごはんを食べて、シャワーを浴びたら
(12時間以内にもお風呂に入ってたのだけど・・・
砂埃にまみれ玄関の掃き掃除などをしたので)

出かける30分前になっていた。

今から、髪を乾かして、服を着て
荷物をまとめて、などなど、出来なくはないが
ダッシュ行動したくない気分。

           *

あー、歯医者をキャンセルしてしまった。

(昔はちょくちょくあった、こういうこと。
近年は大人の約束・・・基本的に約束しないが。
歯医者などの予約が必要なもののみ・・・履行率が
アップしてたのだけどな)

そして、乗車予定の列車を逃がしても
歯医者の時間までには二本くらい列車があったのだけど
いずれも乗り換えの待ち時間が長くて、それに耐える
気力もなかったのだ。

           *

という、トホホな事情で、またしばらく実家滞在。

(何度も書いているが、こういうのって、こっそり、
深層にいる自分が「一人宅に帰りたくない」と願っていて
現実で「それに沿うような物理的」演出を施しているのだろうな。

ま、本日は、ギリギリの時間ラインで
意志をもって「実家延長」の選択をしたわけだが)

PageTop

コーヒー飛び散る

11月10日(金) おまけ

今日の残念なこと。

きのうの天ぷら油がもったいないなーと
お芋を揚げて(油の再利用して)から慌てて
片付けものをしていたら、熱々フライパンに
手が触れてしまう。 熱っ! というより 痛っ!
・・・食材干したり、こんなことしているから
列車に乗りそびれたともいえる・・・

あー、一人宅に戻らなかったなぁと思いつつ
縁側でコーヒーを飲もうとしたら
カップを倒してしまい、机の上のクロスと
ひざ掛け代わりの電気毛布&薄布団と
絨毯の上に勢いよく、コーヒー、飛び散る。

しかし、まあ、久々の気持ちいい空でした。

moblog_515c70f3.jpg


PageTop

柿、日光浴

moblog_c48fe1d7_201711152352072d9.jpg

過日、「苔玉か!」の容貌になった
カビだらけの干し柿を

「食べる!」「中は大丈夫!」と
言い張る母と喧嘩しつつ

「まだ残っている柿で、あたらしい
干し柿を作りなよ・・・」と処分した。

(名残惜しいと、母が冷蔵庫にしまったのを
忘れたころに、そっと捨てた。とも云える。
・・・日々、こういうバトルなのである)

毎年、干し柿を作っている彼女、近年
上手くつくれたことがないのじゃないか?

今年も、わたしの処分した「苔玉」以前にも
青カビが生えてしまったものが何十とあったらしい。
(手間隙かけたのに・・・と、彼女は自分の手仕事が
ムダになることが嫌で「食べる」と言い張ったのね)

で、今年、何度目かの干し柿。

納屋の二階の軒下がいつもの位置だが
先日、雨の前に取り入れておいたものを
青空広がった本日は、カシの木に移動。

(今日は「干し物」日和でした。せっせと
カマスを塩干ししたり、カット大根を干したりも)


*その後&おまけ*

干し柿は、吊るす前に熱湯消毒するといいと聞き
あらたにその手法を取り入れた母様。

アルコール度の高い酒で表面を殺菌し
干すのもいいのかな? 

ちなみに、わたしは干し柿は好きじゃなく
焼酎漬けの柿もいまいち手が出ない。

・・・大量の保存食・乾燥野菜等を作り
→ 満足 → 放置 → 忘れる というのは
彼女のお決まりコースなのであるよ。

(食べるというより、作るのが趣味なのね)

PageTop