FC2ブログ

コロナ、孤島。

4月2日(木)

新型コロナウィルスの影響が
色んなものをあぶりだしているような。

感染症による「病」とは別の、潜在的な
社会問題が吹き出しているのはもちろん

たまたまのタイミング、たまたまの環境により
(住んでるエリアやライフスタイルなど)、影響の受け方が
千差万別で・・・、田舎でのんびり暮らしている自分が
申し訳なく感じそうになってしまうのだけど

(自営やフリー、病院勤務の友人との負担感が全然違う。
ぽつんと自分が平和な孤島にいるような。大変な方々を差し置いて
言うのははばかられるが「さみしい」感情も湧いてくる)

それは仕方ないよね。と自分につぶやいておく。



T子さんにバースデーブーケを持って行ったが
後日、「日を違いしていた」のに気づく。

(T子さんのお誕生日は翌々日であり、この日は
Kの誕生日だったのだ!)

疲れすぎて、頭が混乱しまくってるぞ。

そういえば新年度が始まっているのか。

雨の水曜日

4月1日(水)

一日じゅう、雨降り。



母のリハビリ、今日からは
車椅子の送迎でなくなり、歩行器の持参もなく
入院前のように屋外専用シルバーカー持参で。

(家のなかで使っている歩行器を病院に持っていくの
イヤだなと思っており、~たぶん洗っちゃダメなのだけど
病院から帰ってきたあと、脚先だけささっと水洗いしていた~
わたしにとっては助かるわい)



お風呂の手すり増設の打ち合わせ
ケアマネさんの毎月の訪問などなど

今日もあわただしい日であった。

修繕よ(昭和のおうち)

3月31日(火)その二

朝から、色々、コトすすむ。

・トイレ改修のさらなる打ち合わせ
・お風呂に手すりを増設依頼(介護保険の残りを使おう)
・納屋の外壁リフォーム発注。(家の外壁の続きは今回せず
屋根だけ見てもらう&ガレージの屋根塗りなおしも)
・縁側の内窓を発注。(階段の所の窓も要検討に)

屋根は一昨年の台風のあと、別の業者に全面見てもらい
必要な修理はしたはずなのだけれど、昨年の強風で
またアレっという部分があって・・・。

「一般的には、屋根は三十年ほどの寿命」と聞き
むむ~。家の外壁の残りも(一昨年半分程直した)
いつかやらねばとの思いはあるのだが

大工の組長さん曰く、「ちょこちょこやるより、がまんして
家は必要個所を一気にやったほうがいい」とのことで
まあ、大きな修理は今回はこれくらいにしとこか。



大工さんの昼休み中、畠。

絹さやの苗と、ダリアの種を
(やっと!)植える。

あー、草むしりしたい!

(けど大工さんの午後仕事に間に合うよう
ダッシュで帰る)

手洗いとのんのんちゃん

3月31日(火)その一

ポータブル使用で小のみならず大のあとも一切
手を洗わないでいる母、(入院中もそうだったので
手を洗わないことに殊更ギョッ!と思わぬ我々)

きのう、ふと
手でちぎりながら好物の豆パンを食べている姿を見て
ウエットティッシュを差し出したら、母ったらそれを
ぽいっと脇にのけて全く見向きもしなかったのに

今朝の洗面の際
(夕べの転倒の件もあるし、工事中で廊下が歩きにくい。
二人で洗面所に行くよりこっちのほうが我もラクかと)

口うがい、入れ歯装着をベッド上でしてもらい、あとは
顔を拭くためのホットタオルを用意しようとしていたら

「のんのんちゃん参るのに顔洗わんなん。。。」と
しきりに言うので、洗面器にお湯を汲み、ベッドに運んだら

ぱしゃぱしゃっと軽く指先で二度湯を顔にあて、満足した様子。

着替えて、のんのちゃん(仏壇)に手を合わせに行きました。



習慣って、すごい。

トイレのあと手を洗わないことに慣れるなんて。

(体力等のステージが変われば、いずれ
わたしもそうなるのだろう)

そして顔を洗わなければ仏さまに会いに行けないとの思い。

(なんとなくわかる)

60度シャワー

3月30日(月)その三

夜、入れ歯を外しに行く途中の母が
(後ろから付き添っていたおいらの目の前で)
転び、やっとのことで起き上がり

そのしばらくのち、おいらが離れた部屋にいたとき
ベッドの横でドスンと転び(離れた部屋にも音がした)
これもやっとのことで起き上がる。(そしてその直後にも
また転びそうになったが、このときは真横にいたので
ギリギリセーフ助かった)。

日常に、母と離れた時間を少しは作ろうと思っていた矢先
(「何かあったらあっただ。と割り切るよ」と、友人にも
言っていたのだが)、短時間でこういうことが続くと・・・。

もし一人のとき転んだら、どうするんだよ?
(人間椅子になったり、両手で体重を支えたり
掴まれるものを用意して・・・おいらがね。
そしてなんとか起き上がれた母)

これからどうすればいいのだろう。

(この先も一日じゅう、見守り体制は崩せないの?)



夜、シャワー。

いつもの42度設定ではカラダほぐれず
少しずつ温度を上げて50度にしても温(ぬる)くって
60度にしたら、やっと「暖かいな」と思うなり。
(もっともっと熱くしたいほどだけど、それはせず)

自律神経がおかしいのか。

勧誘!!!

3月30日(月)その二

わたくしに婦人会の勧誘が来た。

晴天の霹靂じゃ。

「婦人会とはミセスのもの」と思いこんでいたが
夫人ではなく婦人だから、まあ、対象ではあるのか。

それにしても、勧誘の言葉が
「家にいるなら」という理由であるあたり

田舎の情報網というか、監視体制ぶりに
(いまさらでもないけれど…、あらためてと言いましょうか)
驚くのである。

(過年から顔を合わせるたび「家にいるの?」と尋ねてくるヒトに
ついにこの前「いる」と白状してしまったせいであろうか、いや
母の見守りサービスの関係で「ひとり暮らし世帯」から外しておくれと
話したせいでそこからの連絡が行ったのか、いや、ゴミ出しなどで
顔を合わせるあの人が話したのか、えとせとら・・・疑心暗鬼)

訪ねて来たのは高校の同級生で、三十年近く前に
うちの近所にお嫁に来た女性で、(組織の誰かから)
「誘ってこい」と命じられたようであり

いやいやいや・・・と動揺しつつ断ったら
「私たちだって好きで入ってるのじゃないの」と
小さな声で言っておったけど

意地悪なおいらは「だったら辞めればいいじゃろ」と
心のなかで思うのだけど、そうもいかないのが
田舎社会なのだというのも分かっておる。

それに、相互扶助という観点からは
わたくしも何か田舎の組織に属してボランティア活動
するのがよかろうというのは理屈では分かるのだけど

いかんせん、「婦人会」って言葉だけで
身震いするわ。

(組織に入らないと陰で色々言われる可能性も
あるけれど、それは仕方ない)

田舎では、婦人会、自治会、青年団、老人会
農協(農業と関係ない人も)、檀家・・・が
本人の意志と関係なくほぼ強制加入だし

それから網目のように張り巡らされた
同級生とか職場とか親戚のネットワーク・・・
が付きまとう。

はぁ。

「人とのつながりが濃い」というのは
前時代的にいうと(そして現在もこの田舎では機能している)
そういうことなのである。




背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2020年 04月 【15件】
2020年 03月 【56件】
2020年 02月 【28件】
2020年 01月 【90件】
2019年 12月 【66件】
2019年 11月 【68件】
2019年 10月 【74件】
2019年 09月 【50件】
2019年 08月 【95件】
2019年 07月 【59件】
2019年 06月 【100件】
2019年 05月 【76件】
2019年 04月 【67件】
2019年 03月 【74件】
2019年 02月 【55件】
2019年 01月 【70件】
2018年 12月 【57件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク