ともみ@ピクニック

五輪真弓を口ずさみ

5月22日(月)

きのうの疲れだろう、背中、いたい。

今日は養生日といたしましょう。

真夏日だったきのうに比べ
今日も30度近くはあるものの
涼しささえ感じる。

半日窓を開けて縁側にいたら寒くなり
夕方、日向ぼっこかねて、少し草むしり。

さぼっていたトイレ掃除して

明るいうちにお風呂。

冷蔵庫には隙間ないほど色々つまっているので
今夜は残りもの祭り。



風呂あがりの母、直行先の寝室から
なかなか出てこず、心配していたら

突如、「わかればなしが~
じょぅだんだよ~と~わらってほしい~」

ふしのあるようないような
なぞの言葉が聴こえてくる。

ん? 五輪真弓?

(ほんと、あの人の頭のなかでは
なにが再生されるか予測つかないので
いつもびっくりする)

直後、寝室から出てきた彼女に
歌のことを指摘すると
「最近流行っているじゃない?」だと。

(あれは、歌番組の録画を
再生しているだけで、今流行っているんじゃ
ありませんよっ!

しかも、最初にあの歌番組を見たとき
「こんな歌知らない」と言っていたクセに)

老母との暮らしはミラクルだ。


PageTop

カシの木(17年)

20170522 035 剪定前 
20170527 007 剪定後

20170522 046 剪定前
20170527 004 剪定後


カシの木は、いつも夏を終ってから切っていたのが
昨年は八月中に切ったら、この五月には早くも
もじゃもじゃさんになり、すっきりしたく散髪。

すっきり! はいいけれど、また夏の終わりには
もじゃもじゃさんになりそうだな。

今年の特記・・・

枝葉の伸び方を見て、根っこの力と、葉っぱの量
バランスが悪いのではないか? と推測されて
例年よりも「切らない」ようにした。あと将来的に
「洗濯物を干す時の即戦力」にもなる枝を育てたく
不規則なところから生えた新芽を一本だけ
残しておいたけれど、どうなるか?

ノコギリの出番が一箇所だけだったのは
ラクだった。ちょっとずつちょっとずつ
背丈を低くする作戦なのだ。

地下足袋をはいて作業したら、すごく
動きやすかった。(長靴だと重いし
サンダルだと空中で落とすことしばしば)

日々精進、それらの結果は年々の
剪定にも出るかもしれないなー。

PageTop

30度超え日曜

5月21日(日)の二

朝の勤労は二時間ほど。

シャワー浴びて、発泡酒飲みながら
「ご飯に、イクラ・鮭の麹漬けをのせ
海苔を巻いて食べる」至福の朝食。

昼寝、のち、素麺食べて
カシの木の剪定で、地下足袋デビュー。

夕方、ちょこっと畠。

その後、遅い時間になってしまったが
「泡の出る飲み物」在庫切れだったので
買出しに。

帰りは20時前になったものの
うっすらと日没の余韻のこる空。

夕飯は、スーパーの握り寿司など。

はふはふ、おつかれ様でした。



PageTop

役割「未分担」人生

あと、ひとつだけ。


普段から、なんでもかんでも自分でやってきて
それを当たり前にしていたけれど

大勢の家族がいるヒトは、力仕事する役
家事する役、買い物行く役、などなど

自然に分担をしているのかぁ~、と

今更ながら気づいたのであった。


わたし、18歳で一人暮らしして以来
そんな分担生活を体験していない・・・。

はふっ。

もしかして、「未分担」人生って、疲れる?

実は、前から、「なんでもかんでも
自分でやろうとするのは限界だ」とは
身にしみて感じていたのだ。


「できることは自分でする。人に頼らない」
そういう人生を否定するつもりはないが

(っていうか、否定しちゃったら
自分で自分の人生に落第点をつけることになる)

できるなら、人は役割を分担しあったほうが
生き易いのだろうなー、と

半世紀近く生きて来て
やっと気づくようになった、わたし。

(気づいても、すぐに実行できるわけではない。
長年の習慣というものがありまして・・・)


そして

人は人に頼ったほうが
まるい人間になりやすいのかも。


PageTop

勤労で思ったこと

「田舎時間」とか「田舎の掟」とか悪態つきながら
田舎のじゅうぶんな戦力になりえていない我よ。

オモテだっては人々のなかに紛れ込もうとしても
ココロのなかではおタカくとまっているのって

(おタカくとまっている、は言い過ぎか。
色々と違和を感じながら存在する、と言いなおそう)

じんわりと周りに伝わるものだろうなぁぁぁ。

その気になればこの故郷でも生きていけると
思っていたけれど、今のままの自分では
周囲から嫌われるタイプかもしれんなぁぁぁ。

( ↑ 普段は生じない視点。
「新型ネガティブ」の芽ばえか・・・)

と、あとで思った。

               *

母ちゃんは、「オトコの人たちが重労働はやってくれるから
(年寄りの自分は参加するだけで)いいの」というようなことを
事前に言っていたけれど

実際に、母の様子を見ていたら、ちょろちょろと顔を出し
おしゃべりし、・・・・・・の按配。

それでいいのだろうなっ。

わたしのように、「腕力の足りない、女手だけの参加で
地域の人々に申し訳ない」なんて、本当は思う必要ない
のだろうなっ。

「少しでも、お役に立たねば」と、ムリをして
側溝の重いフタを持ち上げる、わたしの意地なんて

気持ちの狭い人間のやることだ。

(わたしのような「人に迷惑をかけて申し訳ない」という
考えに走りやすい人間は、他方、ヒトに厳しく
ついつい、他者に対して不寛容なココロの動きを
してしまうのだろう)

器がちっちゃいから、まわりが気になる。

そんなことも感じた、村の勤労であった。

               *

あと、女の役割、男の役割、なーんていう

暗黙の了解も、やっぱり村にはまだまだあるようで

(ついでをいえば、青年団とか婦人会とかも、健在)

そういうのを自然に受け入れている周囲の状況に

わたしはまだ馴染めないのだな、とも思った。

PageTop

村の勤労デビュー

5月21日(日)の一

実家にて。

今日は、地域の排水溝掃除。

この数年、ああそろそろ
わたしも参加しないとなぁ・・・・・
と思いつつ、母ちゃんの
「ワタシが出るからいいよ」との弁に
甘え、村行事に不参加だった
のだけど

母ちゃんも八十代、おまけに
「村だより」的なちらしには
「一家に一人は参加のこと。
できるだけ若い人が出るように」
とあったし、な。


加えて、この一年、わたしはこの日を
ずっと待っていたのだ。

排水溝のある道とは別の、うちと隣接する道に
ずらーっと何十年分か知らない砂が体積しており
困っていたのだが ・・・草が生えるので
草むしりせねばならんし、数年前から
ぶにょぶにょのフシギな(木耳のような)
苔だかカビだかが繁殖する部分あるし
最近は犬の糞まで放置されて・・・

去年の排水溝掃除の日の夕方
この道を掃除していたら、ある人が
「今朝の排水溝の泥と一緒にもって
いってもらえばよかったのに」と
何気なくおっしゃって

「そっか! その手があったのか」と

道沿いの砂を処分することに
初めて気づいたのである。

(それまでは、これはどうしようもないもの
と思い込んでいたのだ)

ああ、待ちましたよぉ、一年。


事前の電話で、母ちゃんに開始時間を
「村だより」的なちらしで確認してもらったら
「朝八時から」というので

例年はもっと早くなかったっけ?
常識的な時間に近づいたのか!

と思いつつ、そのつもりでいたら

朝の六時半には始まったよ。

へぇ~んっ、やっぱりのぉ。

(早速作業を始めている人に聞いたら
「八時は回収車の来る時間」なんだって。

あとで確認したら、やはり「村だより」的なちらしには
「側溝掃除八時開始」となっていたのだけど・・・。

どうやら、この矛盾は毎年引き継がれているらしい。
「矛盾」すら、例年通りと引き継がれるのである。

田舎では、文字化されぬ、掟を覚えておかねば
なりません)

これ、いつもの村時間。

(村の集団勤労は、この排水溝掃除以外にも
あって、いずれも早朝から。

ま、村の老人たちには、朝六時半なんて
ぜんぜん早い時間でないだろう)


先に「道沿いの砂の処分」をするという
私的活動は叶わなくなったけれど
郷に入れば郷に従わねばならん。

まわりじゅう男性陣(平均年齢は爺さん)のなか
あまりお役には立てなかったかもしれないが
村の勤労デビューを果たしました。


そしてそのあと、というか、まだ皆さん
勤労中のなか、だらけた感じになったので
(一通り作業が終って回収車待ち?)
その隙をついて、私的活動を。

(その後、泥の回収車が来た時
大量の乾いた砂が泥の上にかぶっていて
「?????」と、訝しむ方がいたので
ごめんなさい、と、白状しておいたけど・・・)

おまけに、わたしの腕力では
泥や砂を、回収車に載せることができず
(一回チャレンジして、逆に周りに迷惑かける
と分かったので、あとはおとなしく見ていた)

まあ、色々と、みなさんに
ご迷惑をおかけしてしまいました。

PageTop