FC2ブログ

買い物や聴講や停留所など

12月6日(木)

今日は「現代会議」ですよ。

れっつ、ごお。

早めに街に到着し、所用をいくつか済ませ
ランチ兼休憩。

その後、便箋やノートなど
あ、あと、『バッグジョイ』なる、骨盤を立てる
座シートをお買い物。

夜の「会議」(講演&対談)、とくに
福岡先生の話がおもしろかったです。



来週の半ば、東京行きを検討していた
(その準備も一部すすめていた)のだけど
中止した。

「時間的な余裕がない」のはもちろん

「遊ばなくちゃ。自分を楽しませなくちゃ」と
言い聞かせ、無理スケジュールを強行する
のは、「ねばねば」病の症状だ。

(成ちゃんと名越先生のトークライブ、想像するだけで
悶絶。彼らのライブは第一回目から気になっておりながら
今までスルーしてきた。ここは、今後の自分への励まし
の意味でも体験したいなぁと思っていたのは事実だが)

悔しいけどね、悔しさを抱えながら
日本のすみっこで生きていくんだ。

(この悔しさを少しでも別のものに昇華する道を
探ろうという思いが、今日の聴講中にやってきた)



前から話のあった親戚との忘年会
急に日にちが決まり、ばたばた連絡とったり
あわただしい日でもあった。

(料理どうしよう~?とか)

そして、帰りのバス、3つも停留所を
降り過ごしてしまった。

お大事に(冬のはじまり)

12月5日(水)

屋根や壁の修理、その他もろもろ
見積もりをもってきてもらい
説明受けたり質問したり。

がお~、がお~。

外周り&台所を狭め居間を広くするリフォーム
&その他、話をすすめましょ。



きのうの半分以下の気温らしい。

「急に寒くなったね」と、テレビの中のヒトも
現実世界のヒトも言うけれど、わたくしは
ずっと家のなかにいたので、・・・おまけに
ダブルのコタツで部屋はけっこう暖かい・・・
そう寒さは感じず。

ただ、まあ、空はどんより
the 北陸の冬 ですな。

自律神経お大事に。

最近の睡眠など(18年初冬)

だいぶ前から、わたくしの睡眠具合が
かなりよろしくて、(ベストとはいえないだろうが
十分な合格点)、最近は昼も午後も夜も
横にならない(うっかり仮眠しない)
ようにもしていて、なお、調子はよい。

(とはいえ、クスリを二種服用)

数年前から、特別な凹み状態でないときは
だいたい昼すぎに起きられるようになっていて

なんと、このごろは午前中のうちに
カラダを起こせるようになっていて

なんだ、このすばらしい現象は!
と、自分で自分に驚いてる。


ただ、今のところはまだ、持久力がないので

「あまり早起きしては、昼にはバテる」ことが
予想されるので

たびたび目を覚ましても、・・・以前のような中途覚醒とは
違い、「そろそろ起きられそうな感じ」カラダの意思がある・・・

「もうちょとカラダのために休んでいましょう」と
あえて選択しての「睡眠時間」もとり

心身に負担をかけすぎないようにしている。


一日24時間、マイナス7~8時間の睡眠
とすれば、残りの時間、食事や入浴などを引いても
十数時間は活動できる、のが
「大多数」の健康人のあり方なのだろうけど

わたしは(今のところ)大多数に
属せない。

こういう自分を、周囲に理解してもらえると
いいのだけれど、まだハードルあるな。

「怠け者」ととらえるヒトはいても
「一種の障がい(カラダの特徴)」とは
そうそう思われまい。


ムリしすぎるな、と、半無意識で
自分にブレーキかけつつ

多少のムリをしなければいけないのだ
今の時期は、と、励ましてもいる。

(体力つけなくちゃね~)

(春~夏あたり、むちゃくちゃ
カラダがしんどくて、貧血気味だったのは
能力以上の体力をつかっていたからだろう。
=疲労が溜り、ヘモグロビンの値が低くなることあるそうだ)


仮眠をとらないと、起きている時間の
半分あまり、カラダのプチ悲鳴が聞えるし
アタマも整然とはほど遠い。

これまでは、「用のあるときは
めちゃくちゃムリをしまくって、そして
そのあとは休みをむさぼる」ような
生き方だったけれど

これからは、そこそこラインの心身の
柔軟性を維持し、外部との連絡・コミュニケーションを
異常なまでの恐怖とは思わない程度の
「自分」をつくらなければ。

うーん、時間割りの模索。

あと、慣れ、だね。

(社会性への慣れ。
人間界の時間に合わせる訓練)


ムリしないで、ムリをする。
禅問答のような宿題。

師走の20度超え

12月4日(火)

今週末は雪の予報なのに
本日は軽く20度超え。
(近隣では25度近くなったエリアも)

人間の営みも、自然も
何が起こっても不思議でないぞ~
日々悔いのないよう生きるのみ!
ちゅう心境になりますの。



今日は一日なんやかんやと小忙しかった
気もするが、振り返ってみたら、母のおつかいと
自分の用事で少し外に出たくらい。

過月満期になっていた某契約のお金を
通帳に入れてもらう手続きをしたのだが
ビビるくらいの金額が引かれていた。
(計算してみたら、2.37%ちょい)

そういうものなのだねぇ。

いい社会勉強になった、ということで。

「(あたらしい余白)」の力

「この先」の光は、自分で見つけるしか
ないんだよな。冷たいようだけど。

(・・・この言葉(※)は弱ったときの自分にも
返って来る、それを意識しての発言です)

ちいさな余裕は「(あたらしい余白)」ともいえそう。

今、大きな余裕はなくとも、ちいさな余裕を
ちょこちょこ集めていけば、かなり有力な
おまもりになるのでは?

(あたらしい余白)×いっぱい=未知の力
です。


※自分をどう定義するか、で、解釈色々。
「自分」とは、ドン詰っているとき考える「自分」より
はるかに広い意味をもつ。

頼る~アフタートーク

ひとつ下と関連しそうな話をのせておく。




閉じた関係・・・特に育児や介護など・・・に
あっぷあっぷしているヒトに届くといいな。

(もしかしたら、「自分の時間など一秒もない」
「新しい人なんて現れない」と、かえって苛立ちを
誘うケースもあるかもしれないけれど・・・確かなのは
その苛立ちは永遠ではない、絶対に、ということ)

わたしも今、大きな余裕はないけれど
ちいさな余裕を求めていこう。

(求めないと、ドン詰る!)

どんなときも「不満だらけ」にならないよう
自分のケアを忘れずに!
(常に半分の優先事項だよ) という話でもありました。

福祉に頼る

公的な介護に繋がるのは

カラダの機能の維持&アップのため
「運動を!」というのが、表向きの理由だし
母にもそう伝えてあるし、なんたって
自分自身でそう信じ込んでいたのだが

この頃、別の側面もあるのだなぁ
と気づいたのだよね。

「閉じた介護」をする毎日に疲れているし
・・・実は春ごろから「助けて~」と心のなかで
叫んでいたし、小さく声にも出していた。
でも、はっきりと、しかるべき形で伝えないまま
ずるずるやってきた・・・

ベッド生活をするようになってから
母ちゃんの腰痛は驚くくらい良くなった
とはいえ、老いが止まったわけじゃない。

具体的な負担ははたいしたことない
(寝たきりや認知症の家族を抱える人ほどの
苦労はない)のだからと、「これくらい」と
ずっと自分に言い聞かせてきたが

それは母の老い&わたし自身を軽んじた
発想ではなかったか。

「コノことにはどう対処したらいいのだろう」
「アノことにはどう対処したらいいのだろう」
・・・、ああ、これまで自覚なかったけれど
わたしは日々、悩み、困っていたのか!

と、ようやっと、明るみに出てきた。

(外部に助けを求めることで、自分の内部に
自分でひかりを当てられた感じ?)



たとえば
アンモニア臭気の強い、うんこのついた
パンツを手で下洗いするのは
(シートをしてもこうなの。
紙パンツ穿いてくれたら解決するのかな?)

もはやデイリーな作業で、これを
たんたんとこなすのを当たり前と思っていたけれど
もしかしてプロに相談・助言もらえることなのかもしれない

と考えると、とても心強い。

そうそう、お風呂もね、自宅では
なかなか入浴してくれないけれど
週一回でも外で入ってくれたら、助かる。

食事の心配も、常にしておらねばならなかったが
外で(デイサービスで)食べてきてくれたら
我が留守するときも、ずいぶん安心だ。

今まで、「どうしようもない」と思っていたこと
もしかしたら、誰かに相談することで
改善のアイディアがやってくるかもしれないし

母ちゃんも第三者の目が入ることで
よい刺激をもらえるかもしれない。

(あ~、こういう発想、今までなかったな)



「介護のしくみ」図を見ていると

もっと早く公的な所に声をあげれば
よかったなぁ、と思う。

(もっと早い段階で、「予防」介護を受けられたはず)

でも、母ちゃんも、去年までは畠に行っていたし
介護申請することにYESとは言わなかっただろう。

わたし自身も、まだ、そこまでじゃないと
思っていた。

(すでに支援を受ける段階ではあったが
「予防」のためのリハビリ介護のような
サービスがあるのは知らなかった)



とはいえ、これからは
母ちゃんと、選ぶサービスの相性次第か。

(今でも、介護は、よぼよぼになって
身動きできなくなって、身の回りの世話を
してくれるヒトのいない者が受ける
みじめな福祉、と、彼女は思っているらしい)

(そういう考え方は古い! と伝えても
どこまで理解しているのやら。

・・・わたしの労働力を、ただで湧いてくる
水のように思っているのか!?)



これからより進むだろう、親の老い。

どこか外部と繋がっている、相談できるヒトがいる
というだけで、すーーーっと、気持ちが広がって
助けられた気分になる。


背伸びせず、ゆるゆると日常生活などをつづります

はえともみ

Author:はえともみ
 
万の風になって、生きる。

ちちんぷいぷい~。
(HSPの自覚あり)
「うつと仲良く! ひきこもりだっていいじゃない」と
開き直って生きてたら
元気になってきました。

→ 近年は、老母の観察メモの
(&それに伴う自身の変化など)
色合いが濃くなっております。
・・・ま、長い人生の一コマですな。

徒然な日々も、留まることはない。
すべてがいとおしい。だから書く?

最新記事
過去ログ

2018年 12月 【25件】
2018年 11月 【73件】
2018年 10月 【63件】
2018年 09月 【76件】
2018年 08月 【54件】
2018年 07月 【65件】
2018年 06月 【72件】
2018年 05月 【86件】
2018年 04月 【104件】
2018年 03月 【112件】
2018年 02月 【88件】
2018年 01月 【89件】
2017年 12月 【91件】
2017年 11月 【89件】
2017年 10月 【94件】
2017年 09月 【88件】
2017年 08月 【80件】
2017年 07月 【77件】
2017年 06月 【97件】
2017年 05月 【120件】
2017年 04月 【83件】
2017年 03月 【102件】
2017年 02月 【87件】
2017年 01月 【77件】
2016年 12月 【100件】
2016年 11月 【91件】
2016年 10月 【70件】
2016年 09月 【73件】
2016年 08月 【86件】
2016年 07月 【70件】
2016年 06月 【63件】
2016年 05月 【70件】
2016年 04月 【74件】
2016年 03月 【64件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【57件】
2015年 12月 【64件】
2015年 11月 【68件】
2015年 10月 【74件】
2015年 09月 【71件】
2015年 08月 【66件】
2015年 07月 【71件】
2015年 06月 【65件】
2015年 05月 【74件】
2015年 04月 【68件】
2015年 03月 【56件】
2015年 02月 【63件】
2015年 01月 【56件】
2014年 12月 【52件】
2014年 11月 【50件】
2014年 10月 【41件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【38件】
2014年 07月 【36件】
2014年 06月 【32件】
2014年 05月 【32件】
2014年 04月 【31件】
2014年 03月 【40件】
2014年 02月 【35件】
2014年 01月 【27件】
2013年 12月 【48件】
2013年 11月 【79件】
2013年 10月 【57件】
2013年 09月 【28件】
2013年 08月 【28件】
2013年 07月 【33件】
2013年 06月 【46件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【26件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【85件】
2013年 01月 【73件】
2012年 12月 【34件】
2012年 11月 【59件】
2012年 10月 【50件】
2012年 09月 【43件】
2012年 08月 【22件】
2012年 07月 【23件】
2012年 06月 【21件】
2012年 05月 【17件】
2012年 04月 【27件】
2012年 03月 【4件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【14件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【34件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【2件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【1件】
2010年 11月 【50件】
2010年 10月 【16件】
2010年 09月 【38件】
2010年 08月 【40件】
2010年 07月 【30件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【15件】
2009年 10月 【14件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【28件】
2009年 07月 【37件】
2009年 06月 【27件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【38件】
2009年 03月 【33件】
2009年 02月 【42件】
2009年 01月 【39件】
2008年 12月 【37件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【41件】
2008年 09月 【35件】
2008年 08月 【32件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【29件】
2008年 05月 【25件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【28件】
2008年 01月 【32件】
2007年 12月 【33件】
2007年 11月 【38件】
2007年 10月 【33件】
2007年 09月 【46件】
2007年 08月 【36件】
2007年 07月 【47件】
2007年 06月 【33件】
2007年 05月 【57件】
2007年 04月 【52件】
2007年 03月 【49件】
2007年 02月 【69件】
2007年 01月 【8件】

リンク